ゾルタン・アッカネン

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゾルタン・アッカネン
登場作品 機動戦士ガンダムNT
声優 梅原 裕一郎
デザイナー
  • 高橋久美子(原案)
  • 金 世俊(アニメーションキャラクターデザイン)
テンプレートを表示
プロフィール
種族 人間 (強化人間)
性別
年齢 27歳
髪色 ダークグリーン
瞳の色 オッドアイ (左目:銀 / 右目 (義眼):赤)
所属 ジオン共和国軍
階級 大尉
主な搭乗機
テンプレートを表示

概要[編集]

フル・フロンタルと同じく「シャアの再来」として作り出された強化人間の1人。しかし、容姿や人格などはシャア・アズナブルの再来と言うには程遠く、計画を知る人間からは「失敗作」と揶揄されている。

性格も狂暴かつ好戦的であり、シャアやフロンタルのように人望やカリスマ性に優れる訳でもない。周囲から「失敗作」として扱われることに強いコンプレックスを抱いており、その評価を覆すことを行動原理にしている。一方で気性の激しさの中にも気難しさや繊細さも持ち合わせており、それが彼の残虐性をより一層際立てている。

幼少から強化人間の実験体として扱われてきた過去を持ち、右目もその際に失明し、サイコセンサーを内蔵した義眼 (サイコミュ・レンズ)を埋め込まれている。

義眼が埋め込まれた右目に傷があり、左目や全身にも同じ形の入れ墨を入れている[1]

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダムNT
初登場作品。物語の影の主人公的立ち位置であり、野心のためにフェネクスを付け狙う人物の1人。モナハン・ハバロの命令から連邦軍の「不死鳥狩り」に乗じてフェネクス捕縛を目論み、同じくフェネクスを追い求めるヨナ達の前に強大な敵として立ち塞がった。
また、Youtubeの公式PV「ゾルタン様の3分でわかる宇宙世紀!」ではナレーションを担当しており、一年戦争から本作までの年表をやりたい放題に解説している。ちなみに『UC』では「100秒で分かるガンダムUC」と題した解説PVが制作されており、最後は「結局100秒では語り尽くせない」とオチをぶん投げてしまっているが、こちらはピッタリ3分でしっかりと締めている。

人間関係[編集]

ジオン共和国 (モナハン一党)[編集]

エリク・ユーゴ
ゾルタンの部下兼監視役。ゾルタンはモナハンからの指示を受けた彼女に監視されていたが、途中、モナハンから証拠隠滅の指示を受けている場面を盗聴した後、射殺した。
モナハン・バハロ
ジオン共和国の外務大臣。シャアの再来計画を指揮した張本人。ゾルタンの能力は認めているが、その人格から持て余している感もある。
白の三ツ星 (マリク・ユーゴ / シーク・ユーゴ / ビアギッテ・クヌッセン)
漫画版『NT』にてゾルタンの部隊に配属されたエースパイロット3人組。ゾルタンと浅からぬ因縁を持つ。

ネオ・ジオン残党「袖付き[編集]

フル・フロンタル
彼と同じくシャアの再来として作り出された強化人間。こちらは成功例であり、ラプラス事変においてそのカリスマ性や手腕を発揮した。

その他 [編集]

シャア・アズナブル
一年戦争以来「赤い彗星」として名を馳せたエースパイロット。彼の再現を試みようと、ゾルタンを含めた強化人間達が生み出された。
ネオ・ジオン兵 (不死鳥狩り)
『NT』の原案小説『不死鳥狩り』に登場した強化人間。本名・容姿共に不明ではあるが、ネオ・ジオングに搭乗しフェネクスと対峙するなど、立ち位置的にゾルタンの原案となった人物の可能性がある。

名台詞[編集]

「撃っちゃうんだなぁこれが!」
スペースコロニー「メーティス」でナラティブガンダム B装備と交戦した際に。
本来ならコロニー内での戦闘は御法度だが、ゾルタンは躊躇なくビーム・ライフルを発砲している。ある意味でゾルタンを象徴する台詞である。
「くぅ…ぐっ…がはっ…辞められるかよ!そうやって片しちまうから、人はいつまで経っても…!」
ヨナの乗り込んだフェネクスに圧倒され、なおも精神波を放出する。しかしもともと不安定だったゾルタンの肉体は耐えきれず、おびただしい量の血が吹き出した。だが、それでも戦いを辞めようとはしない。
「うぅおおおおおあああああーー!!」
IIネオ・ジオングからシナンジュ・スタインを分離。一直線にフェネクスへと肉薄するが、まるで機体を守るかのように現れたリタとミシェルのビジョンを見て、驚愕。嘲笑とも、歓喜とも、憎悪とも、絶望ともとれる形相を浮かべ、次の瞬間―…。
「死ねば溶け合えるんだろ?人間のエゴと業が俺達とこのマシーンを産んだ、自らを裁くために…。楽になろうぜ?」
肉体を失って精神体となってなお尽きない人への悪意と絶望が見て取れる。ゾルタンもまたニュータイプという幻想の犠牲者だった。

迷台詞[編集]

「基本的には金持ち父さんと貧乏父さんの取っ組み合い」
公式PV「ゾルタン様の3分でわかる宇宙世紀!」より、特権階級揃いの連邦軍 (地球連邦政府)と国力に乏しいジオン軍の対立図に対するゾルタンなりの大雑把な要約。
「でもコイツら暑っ苦しくてダメ。このお姉さんは怖すぎてダメ。コイツは『赤い彗星』なのに黄色かった[2]からダメ。じゃあ!ってんでセルフパロディスレスレのコイツが出てきたけど、対するガンダムも何かスゲー事に!」
同上。デラーズ紛争からラプラス事変までに登場したジオン系勢力の代表人物に対するコメント。組織を束ねる大物とはいえ確かに曲者揃いである。それぞれの人物についても名前の上に「四字熟語に詳しい」「俗物アレルギー」「やっぱりこの人のせい」「名前は和訳しない方が良い」と一言添えられている。
「おいおいこれ別のアニメじゃないの!?」
「こりゃやっぱ別のアニメじゃないの!?各方面大丈夫!?」
同上。コロニーレーザーを防ぎ、人間を不死にするともされるサイコフレームの能力に対するメタ台詞。ガンダムシリーズ初期からニュータイプがオカルト染みた能力を見せてきたとはいえ、サイコフレームの引き起こす超常現象にはゾルタンも慌てふためくばかりだった。

搭乗機体・関連機体[編集]

シナンジュ・スタイン
主な搭乗機。袖付きによって強奪されたシナンジュの2号機で、1号機と装備に若干の差異がある。
IIネオ・ジオング
ネオ・ジオングの予備パーツを基に建造された大型モビルアーマー
グルトップ
彼が率いた部隊の母艦。

余談[編集]

アニメ版での彼の最後は小説版『機動戦士ガンダムUC』のフル・フロンタルと同じ。わかり合おうとするニュータイプに対し、わかり合えないと諦観しているフロンタルは覚醒したバナージ・リンクスに討ち取られる役だが、アニメ版『UC』では分かり合う可能性を遺すものに変更された。『NT』は明らかに『UC』と対象的になっている設定や展開、描写が多く、ゾルタンの最後もそれを意識したものとなっている。『失敗作』のゾルタンが小説版の『成功作』の役を務めるというのはなんという皮肉だろうか。 また、失敗作として生み出された自身と、それを生み出した世界への無尽蔵の憎悪と悪意は機動戦士ガンダムSEEDラウ・ル・クルーゼを、最後の最期までおのれを曲げず、女性達の思念体に守られたモビルスーツにコクピットを潰されるという描写や、死してなお悪意の思念で「連れて行こう」とするなどは『機動戦士Ζガンダム』のパプテマス・シロッコを彷彿とさせる。

商品情報[編集]

資料リンク [編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. 漫画版「NT」の単行本2巻の巻末インタビューより。
  2. パイロットスーツの色を指す