アハヴァ・アジール

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
アハヴァ・アジール
外国語表記 Ahava Azieru
登場作品 機動戦士ガンダム Twilight AXIS
テンプレートを表示
スペック
分類 ニュータイプ専用宇宙用試作型モビルアーマー
型式番号 AMA-X4
主動力 熱核融合炉
開発組織 ネオ・ジオン
所属 ネオ・ジオン軍 ⇒ なし
主なパイロット アルレット・アルマージュ
テンプレートを表示

概要[編集]

ネオ・ジオンの試作型モビルアーマー。従来のサイコミュシステムを発展させたニュータイプ専用精神感応技術のテストベッドとして開発されていた機体である。

開発は第一次ネオ・ジオン抗争以前から秘密裏に始まっていたが、アルレットを初めとするネオ・ジオンのMSエンジニアがアクシズから離れなければならなくなったため未完成で放置されてしまった。本来なら拠点制圧を目的とした機体となるはずだと見られているが、未完成のため武装もあまり装備されておらず、装備されている武装も調整不足となっている。機体自体も未完成で、腕部は本来の腕ではない物が取り付けられた状態となっている。

本機に搭載されていたサイコミュは後のサイコフレームとして結実する物である。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム Twilight AXIS
パイロットはアルレット・アルマージュアクシズに放置されていた本機をバーナムの部隊を迎撃するためにサザビーから引き出したシャアのIDを用いて起動したが、彼女がパイロットの経験がないことに加え、機体が未完成だったためすぐ無力化されてしまった。小説版ではファンネルを使用し、トリスタンを中破に追い込んでいる。アニメ版ではサイコフレームの共振により戦意を喪失させ、撤退させている。
漫画版では本機に代わりサダラーン級機動戦艦「ファドラーン」が登場する。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

Iフィールド・ジェネレーター
ビームを無効化することができる装置。
サイコフレーム
サザビーの中に残っていたサイコフレームの欠片。機体に装備されているものではなく、パイロットであるアルレットが持ち込んだ物。本機にはサイコミュシステムが搭載されているため、このサイコフレームの欠片もサイコミュに反応したりする。

武装・必殺攻撃[編集]

メガ粒子砲
腹部に1門内蔵されている大出力ビーム砲。未完成、もしくは調整不足であるためあまり使用できず、出力を上げてしまうと故障したりする。
腕部メガ・ビーム・ライフル
機体左右に装備されている大型のビーム・ライフル。細い腕で携行されているがこの腕は本来のパーツではない。
肩部メガ・ビーム・カノン砲
両肩部に2門装備されているビーム砲。
大型ビーム・サーベル
肩部内に収納されている高出力ビーム・サーベル。サブアームによって保持される。接近された際の緊急時用だと思われる。
テール・ファンネル
後部に尾のように装備されているサイコミュ兵装。10基のファンネルに分離する。

対決・名場面[編集]

クレヴェナール
対抗するために出撃したがまるで相手にされなかった。

関連機体[編集]

α・アジール
本機のデータもこの機体に生かされていると思われる。
ノイエ・ジール
系列機と思われる機体で、形状が似ている。
ナイチンゲール
赤い機体色や背部の大型バインダー、サイコミュ兵器の存在などの共通点がある。

リンク[編集]