アルレット・アルマージュ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

アルレット・アルマージュ(Arlette Allumage)[編集]

概要[編集]

ジオン軍所属のエンジニア。宇宙世紀0096年時点では過去の身分を隠匿して、サイド5(旧サイド6)「リボー・コロニー」でクリーニング店の店員として住んでいる。
一年戦争時代ではフラナガン機関の試験体であり、エルメスのビットの起動ができなかったため処分対象となってしまうが、シャアに機械に対する洞察力を見出され、エンジニアとしてモビルスーツ開発に貢献することになった。シャアに同行する形でエゥーゴにも同行し、以降はシャアの命によりネオ・ジオン軍に帰還。ガンダリウムγの初期開発及び生産ライン確保、キュベレイの開発に従事する等の実績を残している。また、サザビーの開発にはメインスタッフとして関わっている。第二次ネオ・ジオン抗争後はダントンと「お互いに守り合え」というシャアの勅命に従い、隠匿しながら過ごしている。
ちなみに、フラナガン機関の実験の影響で老化しにくい体となっており、ダントンより年上にもかかわらず偽装上の戸籍ではダントンの娘ということになっている。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダム Twilight AXIS
サイド5「リボー・コロニー」でダントンと共に隠匿生活を送っていたが、地球連邦軍の特殊部隊「マスティマ」から協力を求められてアクシズの調査を行う。
機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還
シャア専属のメカニックとして登場。シャア専用ディジェの調整を行っている。サングレ・アスル争奪戦の後はシャアの指示でスゥイート・ウォーターには帰還せず、ダントンと共に月のアナハイム・エレクトロニクス社に向かう。

人間関係[編集]

ダントン・ハイレッグ
シャア専属のテストパイロット。第二次ネオ・ジオン抗争以降は共に暮らしている。
シャア・アズナブル
自分を救ってくれた恩人。
ララァ・スン
人間らしい感情を獲得するきっかけをくれた人。

搭乗機体・関連機体[編集]

エルメス
この機体のビットを起動できなかったために処分されそうになる。
シャア専用ゲルググ
最初にエンジニアとして関わった機体。
キュベレイザクIII改(シャア専用機)
アクシズで開発に関わった機体。
サザビー
メインスタッフとして開発に関わった。
アハヴァ・アジール
バーナムに襲われた際、アクシズに放置されていた本機に搭乗した。

リンク[編集]