2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

プロトタイプ・リック・ディアス

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
プロトタイプ・リック・ディアス
外国語表記 Prototype Rick Dias
登場作品
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
開発コード γガンダム
分類 試作型モビルスーツ
型式番号 RX-098
頭頂高 19.0m
本体重量 40.5t
全備重量 59.7t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1,790kW
スラスター総推力 78,500kg
装甲材質 ガンダリウムγ
センサー有効半径 11,500m
開発組織 アナハイム・エレクトロニクス社
所属 エゥーゴ
主なパイロット スミレ・ホンゴウ
テンプレートを表示

概要[編集]

アナハイム・エレクトロニクス社が開発した試作型モビルスーツリック・ディアスのプロトタイプである。 本機を元にリック・ディアスが開発され、コードネームも引き継がれている。

開発当初は開発期間とコストの節約のために地球連邦軍の量産機と同様の機体構造であるセミ・モノコックで開発されていたが、搭載できるジェネレーターが限られてしまい、その結果出力不足に陥ってしまっていた。しかし、裏取引で得たガンダリウムγガザ系由来の機体構造である「ブロックビルドアップ構造」を採用することでその問題を解決し、ブレックス准将は本機にコードネームとして「γガンダム」を与える事となったが、後に量産版であるリック・ディアスに乗ったクワトロの提案を受け量産機が「リック・ディアス」と命名された為、プロトタイプ機であるこちらもスライドして「プロトタイプ・リック・ディアス」に変更刷新された。そのため本機は本来的には「プロトタイプ・γガンダム」だったとも推測できる。

エゥーゴからの要求である「高性能量産機」を目指した機体となっており、頭部にはモノアイの他にサブ・モノアイがあり、背部にはバインダーが付いた大型のバックパックが採用されている。このバインダーは取り外しが可能となっており、緊急時にはシールドとしても機能する。コックピットの位置は胸部にハッチらしき物が確認できるため、リック・ディアスと異なり胴体に存在すると思われる。

登場作品と操縦者[編集]

M-MSV
出典元。
機動戦士ガンダム C.D.A. 若き彗星の肖像
本機の運用テスト風景が描かれた。スミレ・ホンゴウがテストパイロットを務めている。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ハイパー・ビーム・サーベル
バックパックに2基装備されている高出力ビーム・サーベル。量産機版であるリック・ディアスには採用されなかった。
クレイ・バズーカ
多種のロケット弾を射出するバズーカ砲。リック・ディアスや百式を初めとする他のエゥーゴ系機体が装備している同名装備とは形状が異なっており、試作品の可能性がある。また、後端部側面に複数のマガジンを装着している。
ビーム・ピストル
小型のビーム射撃兵装。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ドワス改
原型機。
リック・ディアス改
本機の頭部を変更した機体。リック・ディアスを改修した機体ではない。
リック・ディアス
本機を元に開発された量産機。

商品情報[編集]

リンク[編集]