トゥッシェ・シュヴァルツ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
トゥッシェ・シュヴァルツ
外国語表記 Tusche Schwarz
登場作品 機動戦士ガンダム C.D.A. 若き彗星の肖像
テンプレートを表示
スペック
分類 ニュータイプ専用試作型モビルスーツ
型式番号 MS-09RN-2
主動力 熱核融合炉
開発組織 アクシズ
所属 アクシズ
主なパイロット レベッカ・ファニング
ヤヨイ・イカルガ
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

アクシズシュネー・ヴァイスの後継機として開発したニュータイプ専用試作型モビルスーツ。名称はドイツ語で「墨の黒」を意味し、機体カラーもシュネー・ヴァイスと対となる黒を基調とする。

サイコミュシステムを再設計することで小型化に成功しており、ビットも小型化され本体に内装式となった。サイコミュの精度も向上しており、ビットの操作性能と命中精度も向上している。だが、サイコミュシステム自体はまだ未完成であり、パイロットに高い負荷がかかる欠点を有する。

機体本体自体も改修されており、ショルダーブロックや脚部スラスターなどをシュネー・ヴァイスから引き継ぎながらも、頭部や胸部形状などは独自の物に変更。背部にはビットを搭載するラックを2基備える。

本機の運用データから次世代機の設計が構想され、その設計思想はキュベレイに繋がることとなる。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

機動戦士ガンダム C.D.A. 若き彗星の肖像

装備・機能[編集 | ソースを編集]

武装・必殺攻撃[編集 | ソースを編集]

Sビット(ショートビット)
背部のラックに計12基装備されているサイコミュ兵装。シュネー・ヴァイスのビットと比べサイズが半分ほどに小型化され、ビット運搬の為にキャリアーを別途用意する必要が無くなった。ビットはラックに戻すことでエネルギーの再チャージが可能。

対決・名場面[編集 | ソースを編集]

関連機体[編集 | ソースを編集]

リック・ドム
ベース機。
シュネー・ヴァイス
前任機。

リンク[編集 | ソースを編集]