プロトタイプ・キュベレイ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
プロトタイプ・キュベレイ
外国語表記 Prototype Qubeley
登場作品
デザイナー 近藤和久
テンプレートを表示
スペック
分類 ニュータイプ専用試作型モビルスーツ
型式番号 AMX-001
MSN-08
全高 25m(またはそれ以上)
本体重量 不明
装甲材質 不明
開発組織 アクシズネオ・ジオン
所属 アクシズネオ・ジオン
主なパイロット ハマーン・カーン
テンプレートを表示

概要[編集]

エルメスモビルスーツ化を目指した機体。機体カラーは水色。

サイコミュシステムの小型化ができなかったため、大型の機体になってしまっている。武装面は問題なかったため、この機体を元に様々な機体が開発されていった。

登場作品と操縦者[編集]

SDガンダム GGENERATIONシリーズ
『F』で初登場。
機動戦士ガンダム バニシングマシン
第1巻Vol.9に登場。同漫画ではジオン公国軍により開発計画が立てられたと設定されている。
機動戦士Ζガンダム Define
ハマーン・カーンがテスト運用している。しかし、サイコミュ搭載モビルアーマーとして考えれば性能は悪くは無かったものの、対モビルスーツ用機としては機動性に劣ると機体性能に難色を示した。結局、機体サイズが大きいため採用されなかった。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

バルカン砲
胸部に2門内蔵している。
メガビーム砲
両腕部に内蔵されている。
ビーム・サーベル
2基装備している。
ファンネル
サイコミュによって制御されるオールレンジ攻撃端末。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

エルメス
ベース機。
キュベレイ
小型化に成功した機体。

商品情報[編集]

漫画 [編集]

リンク[編集]