ガンダム試作3号機

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search
ガンダム試作3号機
外国語表記 GUNDAM GP03
DENDROBIUM
登場作品
デザイナー カトキハジメ
テンプレートを表示
スペック
コードネーム デンドロビウム
分類 拠点防衛用試作型モビルスーツ
型式番号 RX-78GP03
全長 140.0m
73.0m(メガ・ビーム砲を除く本体側)
全高 38.5m
全幅 62.0m
本体重量 226.4t
全備重量 453.1t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 38,900kW
スラスター総推力 2,265,000kg (377,500Kg×6)
装甲材質 ルナ・チタニウム合金
内蔵機体 ガンダム試作3号機ステイメン
開発組織 アナハイム・エレクトロニクス社
開発拠点 ラビアンローズ
所属組織 アナハイム・エレクトロニクス社地球連邦軍
所属部隊 アルビオン隊(奪取に近い形で受領)
主なパイロット コウ・ウラキ
デフラ・カー (EVOLVE)
ケリィ・レズナー (REBELLION)
テンプレートを表示

概要[編集]

ガンダム開発計画によって製造された3機のガンダムの内の1機。GP03S、コードネーム「ステイメン」と呼ばれるMS型のコアと、「オーキス」と呼ばれるアームドベースから構成され、全体で「デンドロビウム」の名を持つ。

MAの圧倒的攻撃力とMSの高い汎用性を併せ持つ機動兵器の開発という、他の2機のガンダムとは異なるコンセプトで設計された、砲身含む全長140mという巨大なガンダム。元々は宇宙空間における拠点防衛任務用に開発された。

明示的にMAであるとの表記が無く、モジュールの追加という視点から見ればステイメンを核とするMSと見なせるが、これがMSであると言われて納得するかどうかは別問題である。

記録こそ抹消されたものの、連邦製MSとしては全天周囲モニターを搭載している。ガンダムNT-1にも同様の機構が搭載されていたが、全体を見渡すことができない不完全なモニターだった。本機体の過剰な性能と劣悪な操縦性から連邦製MSで同様のコンセプトを持ったMSは開発されなかった。一方搭載されたOSは改良され、後の第3世代MSに採用されている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
第11話で初登場。メインパイロットはコウ・ウラキ少尉。原作終盤でガトーの駆る巨大MAノイエ・ジール」との死闘を演じた。
GUNDAM EVOLVE
『EVOLVE 4』でテストパイロットのデフラ・カーが搭乗。ラビアンローズを襲撃するジオン残党軍を圧倒的火力で殲滅するものの…
機動戦士ガンダム0083 REBELLION
ケリィ・レズナーがオーキスに搭乗している。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

Iフィールド・ジェネレーター
オーキス部の左側に装備されたビームバリアー発生装置。対決したノイエ・ジールはビーム兵器主体だったため、序盤は3号機が戦いを優位に進めた。
分離
ステイメンとオーキスに分離可能。

武装・必殺攻撃[編集]

メガ・ビーム砲
オーキス部の右側に装備された全長90mのビーム砲で、サポートアームで射角を調整する。
クローアーム
オーキスの下部に2基装備された大型のクローアーム。並のMSを握り潰すほどのサイズがある。
大型ビーム・サーベル
クローアームに内蔵されている、対艦用の高出力ビームソード。ムサイ級ペールギュントのブリッジを寸断した。
マイクロミサイルコンテナ
三角柱状のコンテナに1面当たり36発、合計108発の小型ミサイルが内蔵されており、コンテナ射出後に小型ミサイルを乱射して敵MS集団を殲滅する。
大型集束ミサイルセット
束ねられた3発のミサイルで、発射後に分離してそれぞれの目標を追尾する。本来は対艦戦用の兵器と思われる。
爆導索
コンテナ内から爆薬を結んだワイヤーを発射して敵に絡める。シーマ艦隊のムサイ級を一撃で撃沈した武器。
ビーム・ライフル
基本武装で、コンテナからステイメンのサポートアームで引き出して使用する。しかし、大柄な機体で相手に当てるのは困難。
ビーム・ジュッテ
銃身部に備えられた緊急防御用の小型ビーム・サーベル。古代日本の道具「十手」に由来する防御兵装であり、敵の近接攻撃を受け止める際に使用される。
フォールディング・バズーカ
コンテナからステイメンのサポートアームで引き出して使う折りたたみ式のバズーカ。
ハイパー・バズーカ
ジム改などが使用するバズーカ。後期オープニングでステイメンがコンテナから取り出している。

対決・名場面[編集]

ノイエ・ジール
両者Iフィールドを装備してため、実弾兵器主体の3号機が優勢であったが、3号機のIフィールドが破壊されたのちはノイエ・ジールのビーム兵器が優勢となった。
ガーベラ・テトラ

余談 [編集]

  • 本機の決定稿はカトキハジメ氏によるものだが、河森正治氏による準備稿も存在しており、ガンダムを中心に巨大な四肢を取り付けたような外見を持っている。例えるなら、『スーパーロボット大戦』シリーズに登場する「ヒュッケバインボクサー」がそれに近い。この画稿は2019年5月~6月開催の河森正治EXPOで初公開された。

関連機体[編集]

ガンダム試作3号機ステイメン
試作3号機のコアユニット。
ガンダム試作3号機 トライアルプラン
試作段階における試作3号機。
ガンダム試作3号機ステイメン&ウェポンシステム
ステイメンにコンテナユニットとオーキスの武装を搭載させた、簡易型デンドロビウム。
ガンダム試作0号機試作1号機試作2号機試作4号機
他のGPシリーズの機体。
ガンダムTR-6[クインリィ]ガンダムTR-6[インレ]
本機のコンセプトを引き継いでいる。
Sガンダム ディープ・ストライカー
本機のデザインのモチーフとなった機体。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

フィギュア [編集]

資料リンク [編集]

リンク[編集]