2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

TR計画

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

TR計画(TR Project)[編集]

宇宙世紀0084年にティターンズが立案した次期主力機開発計画。「TR」とは「TRANCE・R(万能化換装)」、「トライアル」、そして「トライテスラー」の略称から取られている。表向きは次期主力機の開発計画であるが、その裏では「トライテスラー計画」と呼ばれる真の目的も隠されていた。

コンペイトウを開発拠点として、装備換装によってあらゆる局面に対応する万能型MSを開発しており、その最終目的は決戦兵器である「ガンダムTR-6[インレ]」の開発であった。開発予算は地球連邦軍からの優遇処置とガンダム開発計画の余りが使用されているため、あまり考慮されていない。

TR計画は、「インレ」の開発を最終目標としているが、この機体をいきなり開発するのは技術的にも困難であった。そのためまずはTR-1~TR-5までの試作機を開発。これをT3部隊で試験運用し、これらの試作機のデータを元にガンダムTR-6[ウーンドウォート]を初めとする機体や強化ユニットが開発された。また、計画で開発された技術は他の開発拠点にもフィードバックされており、ティターンズ内でのMS開発における影響は大きい。

TR-6開発時には万能化換装システムを利用した機種統合計画が発案されており、TR-6はこれにも対応している。

登場作品[編集]

ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに
T3部隊でTR計画の試作機が運用されている。TR-6も運用されたが、グリプス戦役の大勢は既に決していたため、あまり運用されることなく破壊された。
A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ-くろうさぎのみた夢-
レジオンによってTR計画の機体を含むティターンズの機体が再生産され、インレも完成している。

開発された機体[編集]

試作機[編集]

ガンダムTR-1[ヘイズル]
ジム・クゥエルをベースに開発された機体。インレのコア・ユニットの試作機として開発された。
ガンダムTR-1[ヘイズル改]
ヘイズルを強化改修した機体。
ガンダムTR-1[ヘイズル2号機]
ヘイズルの予備機。
ガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル]
ヘイズル改と同等の強化を施した機体。
ガンダムTR-1[ヘイズル・ラー]
ヘイズル改及びアドバンスド・ヘイズルに「フルドド」を装着した形態。
ガンダムTR-1[ヘイズル・アウスラ]
ヘイズルに「プリムローズ」を組み込んだ形態。
ガンダムTR-1[ヘイズル・ラーII]
「フルドドII」を装着した形態。
ガンダムTR-1[ファイバーII]
「フルドドII」を介して「ファイバーII」を装着した形態。
ガンダムTR-1[ハイゼンスレイ]
TR-1の最終発展型。TR-6と同等の機能を有する。
高機動型ヘイズル
メッサーラの技術を基に高機動型に改修されたヘイズル。初出は、模型誌『電撃ホビージャパン』開催の「ヘイズル強化計画コンペ」でシニア部門1位&藤岡建機賞を受賞した作品。
バイザックTR-2[ビグウィグ]
ハイザック先行量産型をベースに開発された機体。「インレ」の主武装の試作型として開発された。
プロトタイプアッシマーTR-3[キハール]
アッシマーの試作機をベースに開発された機体。「インレ」の艦載機の試作機として開発された。
TR-4[ダンディライアン]
ロゼットをベースに開発された機体。「インレ」の下半身を構成するパーツの試作機として開発された。
ギャプランTR-5
ギャプランをベースに開発された機体。「インレ」の上半身を構成するパーツの試作機のコア・ユニットとして開発された。
ギャプランTR-5[フライルー]
TR-5に「フルドドII」を装着した形態。上記のTR-5もフライルーを呼ばれるが、区別のためこちらをフライルーと呼称とする。
ギャプランTR-5[ファイバー]
TR-5に超音速侵攻をコンセプトとした武装を装着した形態。
ギャプランTR-5[アドバンスド・フライルー]
TR-5の最終発展型。新開発されたパーツで強化されている。
ガンダムTR-S[ヘイズル・フレア]
ヘイズル・アウスラの再設計機。「機種統合計画」が発案されたため、コア・ユニットの座はTR-6に譲ることになった。
バーザム
ヘイズル・フレアの簡易量産機。

TR-6[編集]

ガンダムTR-6[ウーンドウォート]
コア・ユニットとして開発された機体。この状態でも非常に高い性能を誇る。
ガンダムTR-6[ウーンドウォート・ラー]
ウーンドウォートに「フルドドII」を2機装備した形態。
ガンダムTR-6[アクア・ウーンドウォート]
ウーンドウォートに「アクア・ハンブラビII」を合体させた形態。
ガンダムTR-6[ウーンドウォート]サイコ・ガンダムII ギガンティック・アーム・ユニット形態
ウーンドウォート・ラーにガンティック・アーム・ユニット及びギガンティック・レッグ・ユニットを初めとしたユニットを装備した形態。
ガンダムTR-6[ハイゼンスレイII]
次世代可変機として開発された形態。ガブスレイの後継機にあたる。
ガンダムTR-6[ハイゼンスレイII・ラー]
ハイゼンスレイIIに「フルドドII」を装着した形態。
ガンダムTR-6[リハイゼ]
レジオンがハイゼンスレイIIを改修した機体。
ガンダムTR-6[クインリィ]
ウーンドウォートに拠点防衛を目的としたパーツを装着した形態。
ガンダムTR-6[ファイバーII]
ウーンドウォートに「ファイバーII」を装着した形態。
ガンダムTR-6[ダンディライアンII]
ウーンドウォートに「ダンディライアンII」を装着した形態。
ガンダムTR-6[キハールII]
ウーンドウォートに「キハールIIユニット」を装着した形態。
ガンダムTR-6[キハールII]EWAC形態
ブースト・ポッドをレドーム・ユニットに換装した形態。
ガンダムTR-6[アドバンスド・キハールII]
「アドバンスド・ユニット」を装着した形態。
ガンダムTR-6[フライルーII]
アドバンスド・フライルーと同じ強化パーツを装備した形態。
ガンダムTR-6[フライルーII・ラー]
フライルーIIに「フルドドII」を2機装着した形態。
ガンダムTR-6[ヘイズルII]
火力と加速力を重視した形態。
ガンダムTR-6[ハイザックII]
ジオン系の機体を模した形態。デチューンされているが、扱いやすくなっている。
ガンダムTR-6[ギャプランII]
パーツ試験用の形態。
ガンダムTR-6[バーザムII]
バーザムを模した形態。
ガンダムTR-6[ジムII]
ジム系の機体を模した形態。バーザムIIの下位互換にあたる。
ガンダムTR-6[インレ]
TR計画の最終到達点。「ファイバーII」と「ダンディライアンII」が合体した形態。
ガンダムTR-6[サイコ・インレ]
インレにサイコミュを組み込んだ形態。

強化ユニット[編集]

フルドド
Gパーツと呼ばれる強化ユニット。宇宙戦闘機としても運用可能。
フルドドII
TR-6用の強化ユニット。フルドドの後継機。
ガンダムTR-6[ハンブラビII]
ハンブラビのMA形態に相当する形態。
アクア・ハンブラビII
ハンブラビIIの水中戦仕様。

関連用語 [編集]

マニキュア
TRシリーズで使用されているマニピュレータ。各種テストの為のセンサーが内蔵されており、通常のマニピュレータと判別する為に指先が赤く塗られている。
TRシリーズ共通新型ジェネレーター
次世代を見据えたハイブリットタイプのジェネレーター。TRシリーズの主に追加パーツ部分に搭載されている。内部は機密扱いになっており、解説でも「TOP SECRET」と記載されている[1]
ドラムフレーム
原動力を発生させるコアユニットを中心に、複数の円盤状のレールを重ね合わせドラム状にした構造体。拡張性や整備性に優れ、作業機械を始め様々な機械に用いられて来た事から「宇宙世紀の万能軸受け」とも呼ばれている。TR計画ではガンダムTR-6の機体構造の中心に組み込まれている。

資料リンク[編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. 「ティターンズの旗のもとに」連載終了時のコメントイラストでは藤岡建機によって中身に六角形の金属片が封入されているイラストが描かれているが、これは藤岡の代表作でもある「メダロット」のメダルである。