ガンダムTR-1[ハイゼンスレイ]

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダムTR-1[ハイゼンスレイ]
外国語表記 GUNDAM TR-6 [HAZE'N THLEY]
登場作品
デザイン 藤岡建機
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型モビルスーツ
型式番号 RX-121-3C
主動力 熱核融合炉
開発組織 ティターンズ
所属 ティターンズ
所属組織
テンプレートを表示

概要[編集]

ガンダムTR-1[ヘイズル・アウスラ]に、ガンダムTR-6[ハイゼンスレイII]と共用の高速戦闘用の強化パーツを装着した機体[1]。これらの換装によって上半身はベース機のジム・クゥエルから一新されており、またTR-1のバリエーションとしては唯一「ヘイズル」の名を冠さない形態となった。

胸部ボディーアーマーと肩部、頭部の一部をハイゼンスレイIIと同型のパーツに変更し、バックパックのブースター・ポッドにはTR-6用のメガ粒子砲搭載型ブースター・ポッドが追加され、腰部ラッチにはTR-6の上半身部がサブ・アーム・ユニットIIとして装備されている。

TR-6の各種強化パーツや兵装と接続し運用が可能な形態であり、インレのコアユニットとして運用する計画も存在していたが、グリプス戦役でティターンズが敗北し、TR-6が破壊された事もあって実際に生産・運用される事は無かった。

登場作品と操縦者[編集]

電撃ホビーマガジン
本機の原案と言える模型作品の初出。「HGUC ヘイズル改」と「HGUC アドバンスド・ヘイズル」の発売を記念して開催された企画「ヘイズル強化計画コンペ」において、おずねこ氏が製作した「RX-118 ハイゼンスレイ」がフリー部門1位を受賞し、結果発表が行われた2007年1月号にて掲載された。「HGUC ヘイズル改」と「HGUC ガブスレイ」のミキシング作品であり、ガブスレイの実験機をコンセプトに製作されている。
ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに
初登場作品。ガンダムTR-6のバリエーションと共に設定が掲載されるが、作中には登場する事はなかった。
A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ-くろうさぎのみた夢-
詳細な設定が追加され、ハイゼンスレイIIと並行開発されていた事、胸部アーマーにハイメガ砲を内蔵していた事等が明かされた。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

換装
機体各部に強化パーツを装着可能。肩部コンテナに各種武装を内蔵可能。
万能化換装システムとそれを支える強化人間人格OSによって敵の装備を奪い野戦換装を行うといった芸当も可能。
分離・合体
フルドドIIと、それを介した大型パーツとの分離・合体が可能。

武装・必殺攻撃[編集]

コンポジット・シールド・ブースター
シールド、ブースター、ロング・ビーム・ライフル、ヒート・ソード、クロー・アーム・ユニットといった機能を備えた複合兵装。ガンダムTR-6の主兵装。
多彩な装備を内包し、格闘戦・射撃戦双方に対応可能な他、クロー・アームはワイヤーによる遠隔操作によってウインチ・ユニットとしても使用出来る。
また、Iフィールド発生器も備えており、シールド周辺に展開して敵のビームを防御する。
ハイメガ粒子砲
ボディ・アーマーに内蔵されている高出力のメガ粒子砲。使用時には胴体中央部のハッチが回転する事で砲身が露出する。
ハイメガ粒子砲を運用する為にボディー・アーマーの左右にはサブジェネレーター等の補機が搭載されているが、TR-6とは違い先端部は切り詰められている。
メガ粒子砲
背部ブースター・ポッド(モビルアーマー形態の機首部分)に内蔵されているメガ粒子砲。普段はハッチが閉じているが、使用時に砲身が展開される。
ハイゼンスレイ・ラー形態ではフロントアーマーにも増設され、ハイメガ粒子砲とともに縦二門で配置されたレイアウトは、サイコガンダムドーベン・ウルフの胸部メガ粒子砲に連なる物となっている。
肩部ビーム・キャノン
両肩に装着されているビーム・キャノン。ガブスレイのそれを模した装備。
肩部コンテナ
内装を変更可能なコンテナユニット。ミサイルやガトリングなど多彩なオプションが用意されている。
ビーム・ライフル
ヘイズルから引き続き使用しているEパック方式のビーム・ライフル。
ビーム・サーベル
バックパックに搭載されているビーム・サーベル。ヘイズルから引き続き装備されている。

関連機体[編集]

ガンダムTR-1[ヘイズル・アウスラ]
ベース機。
ガンダムTR-1[ハイゼンスレイ・ラーII]
ハイゼンスレイにフルドドIIが合体した形態。火力をはじめとした性能が強化されている。
ガンダムTR-6[ハイゼンスレイII]
ガンダムTR-6にハイゼンスレイと共通の強化パーツを装着した形態。機種統合計画ではガブスレイの後継機として位置づけられている。


資料リンク [編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ハイゼンスレイとハイゼンスレイIIは平行して開発されているので、ハイゼンスレイIIの「II」は開発順を示すものではなく、ガンダムTR-6の命名法則に則った名称である。