ガンダムTR-6[アクア・ウーンドウォート]

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダムTR-6[アクア・ウーンドウォート]
外国語表記 GUNDAM TR-6 [AQUA WONDWAR]
登場作品 A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ-くろうさぎのみた夢-
デザイナー 藤岡建機
テンプレートを表示
スペック
分類 水中用試作型モビルスーツ/水中用量産型モビルスーツ
型式番号
主動力 熱核融合炉
装甲材質 ガンダリウム合金
開発組織 ティターンズ
所属組織
主なパイロット レジオン兵士
テンプレートを表示

概要[編集]

ガンダムTR-6[ウーンドウォート]アクア・ハンブラビIIを装着した水陸両用形態。

連邦軍では一年戦争後の水中戦力の拡充に力を入れておらず、ジオン系鹵獲機やアクア・ジムを配備・運用するに留まっていたが、「地球の守護者」を自認するティターンズはいかなる環境下にも対応し敵を排除できる機体の必要性を訴え、その一環として独自の水陸両用機の開発に力を入れていた。その成果の一つとしてTR計画で開発された装備がアクア・ハンブラビIIであり、これとドッキングした機体は水中戦闘能力を大幅に向上させる事ができた。

アクア・ウーンドウォートも、アクア・ハンブラビIIによって水中戦闘能力が付与されており、サブアームを使用して水中装備の装着位置の変更が可能。アクア・ハンブラビIIと合体した状態であっても可変機構は機能しており、MS形態では水中や水際での戦闘能力に優れ、人型を生かした水中での特殊作業なども得意としている。一方、MA形態では巡航性や水中での隠密性に秀でており、潜水艇に近い機体特性から対艦攻撃などに用いられる。

アクア・ハンブラビIIはグリプス戦役中に開発を終了していたが、本体のウーンドウォートの開発が遅れたことや主戦場が宇宙に上がったこと、さらにティターンズが敗北したことが重なり実戦投入する機会はなかった。しかし、戦後ティターンズ残党によって火星に持ち込まれたウーンドウォートとアクア・ハンブラビIIの設計データを基にレジオン軍が本形態の再現に成功している。

登場作品と搭乗者[編集]

A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ-くろうさぎのみた夢-

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

変形
モビルアーマー形態に変形可能。アクアユニットはサブアームを使い装備位置を変更可能。
フリージーヤード
カプセルに封入されたゲル状の物質。機体を包み込むことで機雷や爆雷を無効化する他、水中航行時には水の抵抗を抑える目的でも使用される。

武装・必殺攻撃[編集]

コンポジット・シールド・ブースター
シールド、ブースター、ロング・ビーム・ライフル、ヒート・ソード、クロー・アーム・ユニットといった機能を備えた複合兵装。ガンダムTR-6の主兵装。水中で運用できるようビームの収縮率を調整しており、ヒート・ソードも難なく使用することができる。
ビーム・サーベル
股間に収納された近接戦闘用のビーム兵器。出力を調整することでビーム・ピックとしても使用可能。
水中用シールド・ブースター
ドラムフレーム後方に装着したウインチ式サブアームを介して装着されたシールド・ブースターの水中戦仕様。前方部に水中発射式の大型巡航ミサイルと小型ミサイル、ハープーンガンを内蔵している。
アクア・ユニット
ドラム・フレームを介して両肩に装着された水中戦用ユニット。前方部に4連装マイクロ・ミサイルとハンド・アンカーを装備したポッドを搭載している。
炸裂式ハープーン・ガン
コアユニットのスタビレーター先端に1基内蔵されている。
シートーピード
オプション装備の一つとして用意された魚雷。必要に応じてシールド・ブースター表面に装着する。
サブロックガン
ハープーン・ガン
オプション装備として用意されている手持ち式の水中用兵器。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムTR-6[ウーンドウォート]
本体。
アクア・ハンブラビII
装着ユニット。
ガンダムF90-Mタイプ
この機体の武装であるホーミング・トーピドーは本機に搭載されていたシートーピードと同じ装備である。

資料リンク[編集]

リンク[編集]

商品情報[編集]

脚注[編集]