2月25日(月)~3月3日(日)の間、サーバメンテナンスのため、本wikiのサービスを停止します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ハイザック先行量産型

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search

YRMS-106 ハイザック先行量産型(Hi-Zack Pre Product Type)[編集]

概要[編集]

アナハイム・エレクトロニクス社が開発したハイザックの先行量産機。カラーリングは紺と黒を基調としている。

本機が開発された経緯としてはジオン軍残党の壊滅とエゥーゴの活動を阻止するために組織の拡大を迫られたためである。地球連邦軍では導入が決定しており、ティターンズでも正式採用のために評価試験を行うことになった。だが、パイロットにはかつて敵であったザクの意匠が残っているため不評であった。また、アナハイムのことを完全に信用していないためコクピットは全天周モニターではない旧システムに変更されている。

機体的には先行量産機であるため正式採用機とは一部異なっている。前腕部の動力パイプは露出しておらず、脚部のスラスターユニットは補助推進システムとして位置づけられているため着脱が可能となっている。放熱版はバックパック下部にのみ装備されている。また、一部資料ではこの時点でジェネレーター出力が不足していることが分かっているとされる。この機体に若干の改良を施して採用された機体がハイザックである。

登場作品と操縦者[編集]

ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ビーム・ライフル
試作されたEパック方式のライフル。Eパックはヘイズルと同型。この武装の完成品はハイザックマラサイに採用された。予備のEパックは前腕部ラッチに装備されている。
シールド
右肩部に固定されているシールド。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ハイザック
正式採用機。
バイザックTR-2[ビグウィグ]
本機にビームキャノン・ユニットBL-85Xを組み合わせた機体。

商品情報[編集]

リンク[編集]