ホビー・ハイザック

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ホビー・ハイザック
外国語表記 Hobby Hi-Zack
登場作品
デザイナー 出渕裕
テンプレートを表示
スペック
分類 民間用モビルスーツ
型式番号 RMS-116H
頭頂高 18.5m
本体重量 35.4t
主動力 熱核融合炉
装甲材質 チタン合金セラミック複合材
所属 民間
ネオ・ジオン
主なパイロット ギュネイ・ガス
クェス・エア
その他
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

民間用に払い下げられたホビー・モビルスーツの一種。本機はハイザックを払い下げた機体であり、武装は装備されておらず、機体カラーも民間機であることを強調するために派手なカラーリングが施されている。

ハイザックを改装した機体であるが外装の特徴はハイザック・カスタムに近く、コクピットの内装はガンダムMk-IIなどに採用されていた物を使用している。両肩部のスパイクは取り外されているが、スラスターの増設や動力ケーブルの配置変更など、原型機とは異なる特徴を有している。特に動力ケーブルのレイアウトはほぼハイザック先行量産型と同じになっている。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
初出作品。パイロットはギュネイ・ガスネオ・ジオン総帥であるシャアを護衛するために民間機を装って運用された。劇中ではロンデニオン内部にいたシャアを救出後、同行したクェスの操縦訓練にも用いられた。なお、劇場公開当時の書籍では「ハイ・ザック改」と表記される場合もあった。
機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還
ゴップ自然公園のアトラクションの1つとして登場している。
ガンダムビルドファイターズトライ
第2話にてプラモ部副部長シノダ・エリの使用ガンプラ[1]として登場。武装はハイザック・カスタムのビーム・ランチャーを装備している。ユウマの狙撃を警戒して身を潜めるバトル部を炙り出そうとわざとらしく飛行し、パワードジムカーディガンの大型ライフルを受けて呆気なく撃墜された。ただ直後にユウマが大型ライフルの狙撃に成功したため、一応、囮役としての務めは果たした。

装備・機能[編集 | ソースを編集]

武装・必殺攻撃[編集 | ソースを編集]

なし

対決・名場面[編集 | ソースを編集]

関連機体[編集 | ソースを編集]

ハイザック
原型機。
ハイザック・カスタム
全体的な機体形状はどちらかと言うとこちらの方が近い。
ハイザック先行量産型
ハイザック系列機の中でも、大腿部と脚部スラスターユニットを繋ぐパイプが配置されている点で共通している。

商品情報[編集 | ソースを編集]

リンク[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. ただしパワードジムカーディガン側のモニター表示では「HI-ZACK HG 1/144」となっている