ガンダムTR-6[ジムII]

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダムTR-6[ジムII]
外国語表記 Gundam TR-6[GMII]
登場作品 A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ-くろうさぎのみた夢-
デザイン 藤岡建機
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型モビルスーツ
型式番号 RX-124
主動力 熱核融合炉
装甲材質 ガンダリウム合金+チタン系合金
開発組織 ティターンズ
所属
テンプレートを表示

概要[編集]

ガンダムTR-6[ウーンドウォート]ジム系機体[1]の四肢を装着した形態。

ガンダムTR-6[ヘイズルII]ガンダムTR-6[バーザムII]の下位互換としてハイザックIIとの運用が想定された。

もしグリプス戦役ティターンズの勝利で終結していたら、ティターンズや地球連邦軍が運用しているジムシリーズの後継若しくは上位互換として運用されていたのかもしれない。

登場作品と搭乗者[編集]

A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ-くろうさぎのみた夢-

武装・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ジム・ライフル
90mmのケースレス弾を発射する射撃武装。
シールド
一般的なジム系機体が装備する実体盾。ジム改等が使用している十字マーク無しの物。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムTR-6[ウーンドウォート]
ベースユニット。
ガンダムTR-6[ハイザックII]
本機と同じく、一般兵用に性能を落とした形態。こちらはジオン系の機体を模している。
ジムシリーズ
使用パーツ。既存機とパーツ形状が完全に一致していない事から、新規製造パーツである可能性も否定できない。
ジムII
本形態の名称である「ジムII」はバーザムIIと同様、代替機の末尾に「II」を付け足したものであるため、この機体との直接の関連性は無いと思われる。

資料リンク[編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. 『A.O.Z Re-boot』に掲載されている画像ではジム・コマンドに近い形状の物を装着している。