フルドド

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
フルドド
外国語表記 G-Parts[HRUDUDU]
登場作品 ADVANCE OF Z ティターンズの旗のもとに
デザイナー 藤岡建機
テンプレートを表示
スペック
分類 強化ユニット兼航宙戦闘機
型式番号 FF-X29A
装甲材質 ガンダリウム合金
開発組織 コンペイトウ
所属 ティターンズ
所属組織 ティターンズ
所属部隊 T3部隊
母艦 アスワン
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

TR計画で開発された「Gパーツ」と呼ばれるサポートメカ。一年戦争で運用されたGファイターのコンセプトを受け継いでおり、ガンダムTR-1[ヘイズル改]とのドッキング運用を想定している。ヘイズルとドッキングした状態は[ヘイズル・ラー]と呼称され、機体性能を一世代相当底上げする事ができる。

機体は高度にユニット化されており、中核となるコアユニットを中心にノーズ・センサー・ユニットと二種のバインダーによって構成されており、それぞれを分離することでヘイズルの強化パーツとして装着する事が可能。また、強化オプションとしてのみならず、コクピットブロックを装着する事で有人の小型モビルアーマーとしても運用できる。

機体のバインダーはクロー・ウイング・ユニットとスラスター・ウイング・ユニットの2種類があり、前者は武装としては元より携行武装の保持・使用を想定した大型クローを有し、後者はジェネレーターを搭載した純粋な推進器として設計されている。

フルドド二機を結合する事でよりMAとしての性格を強めた形態に組み替える事もでき、その際にはクロー・ウイング・ユニットとスラスター・ウイング・ユニットを二基一対で装備する。この形態は「TR試作ハンブラビ」とも呼ばれ、開発データがハンブラビにも活用されている。また、二機合体状態にギャプランのブースターを装着する事で「フルドドGアーマー」と呼ばれる形態となり、必要に応じて機動力重視のGトップと火力重視のGベースに分離が可能。

本機で得られたデータを元に、Gパーツの完成形としてフルドドIIが開発された。

登場作品と搭乗者[編集]

ADVANCE OF Z ティターンズの旗のもとに

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

分離/合体
ガンダムTR-1[ヘイズル改]、フルドドと合体。ただし高い危険度を伴う為、戦闘中の合体機能は設計段階で除外されており、分離状態と合体状態を戦闘前に選択して運用する事になる[1]

武装・必殺攻撃[編集]

クロー・ウイング・ユニット
機体左側に装着されるバインダー。大型クローを有し、格闘戦のみならず武装の保持や使用も可能。クローは蛇腹状のアームで接続されており、自由に可動する。
クロー・ビーム・キャノン
クロー・ウイング・ユニットに内蔵されているビーム兵器。砲口からビーム刃を形成することが可能。
ロング・ヒート・ブレード
ノーズ・センサー・ユニット下部に装着されている大型ヒート兵器。クロー・ビーム・キャノンに接続する事でビーム砲としても使用可能。
ノーズ・ビームキャノン
機首ノーズ・センサー・ユニットに装備されているビーム砲。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムTR-1[ヘイズル・ラー]/ガンダムTR-1[ヘイズル・ラー]第二形態/ガンダムTR-1[ヘイズル・ラー]クルーザー巡行形態
本機をヘイズル系列機に装着した形態。装着形態したフルドドの数や、更に装着するオプションによって名称が異なる。
フルドドGアーマー
フルドド二機を合体させ、更にギャプランのブースターを装着した形態。
フルドドII/ガンダムTR-6[ハンブラビII]/アクア・ハンブラビII
後継機。ガンダムTR-6の構成部品を使う事で支援機として運用が可能。
Gディフェンサー
敵対組織のエゥーゴが開発した支援航宙機。こちらは量産されている。
ハンブラビ
開発に際してフルドドのデータが活用されている。
Gファイター
コンセプト元。

リンク[編集]

資料リンク [編集]

脚注[編集]

  1. ただし、双方にパイロットが搭乗している場合は戦闘中に分離しても戦闘を継続可能。