Gディフェンサー

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
Gディフェンサー
外国語表記 G DEFENSER
登場作品
デザイナー 藤田一巳
テンプレートを表示
スペック
分類 可変戦闘機
型式番号 FXA-05D
全長 39.5m
本体長:27.6m(または27.5m)
翼幅 27.1m
本体重量 24.7t
全備重量 60.3t
スラスター推力 42,400kg×2
装甲材質 ガンダリウム合金
開発組織 アナハイム・エレクトロニクス社
所属 エゥーゴ
主なパイロット カツ・コバヤシ
テンプレートを表示

概要[編集]

アナハイム・エレクトロニクス社が開発したMS用サポートメカとなる宇宙戦闘機。グリプス戦役の激化に伴い次々と投入されるティターンズ可変モビルスーツに対し、相対的な性能低下が否めなくなったガンダムMk-IIの強化プランとしてフルアーマーガンダムMk-IIと平行して提案された。

各1対の主翼と水平尾翼を持つ本体と脱出ポッド(コア・ファイター)の役割を持つ機首、機体下部左右のバインダーで構成されており、バインダーはミサイルポッドの他に規格化されたパイロンを備え、オプションの換装も可能。

Mk-IIとはバックパックのジョイントを介して接続され、同型のバックパックを装備しているジムIIIやバックパックをMk-II・ジムIII規格の物に換装した状態のネモに合体することも可能。合体状態では輸送形態である「Gフライヤー」への変形も可能。

Gファイターを参考に開発されているが、モビルスーツとの連携運用のスタンスは全く異なり、本機の場合は対象MSのバックパックに接続すると同時にロング・ライフルを携帯火器として提供、パイロットはコア・ファイターを用いて分離・離脱するという戦法を用いる想定であった。コア・ファイター単体での戦闘継続は推奨されていないが、パイロットであるカツ・コバヤシはこれで戦闘を継続する場面が度々見られた。また、コア・ファイター部のジョイントを利用した早期警戒ユニットの装着やコア・ファイターそのものをMSの脱出カプセルとして用いる等、運用上の応用が行われている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士Ζガンダム
第26話で初登場。宇宙にあがったカツがパイロットを務めたが、カツが突出しがちだった事もあってMk-IIとのドッキング頻度は低い。第49話ではヤザン隊の猛攻の中、ガンダムMk-IIとの合体を成功させるものの、コア・ファイターで戦闘を継続した結果、前方不注意により隕石に衝突。ヤザンに致命打を撃たれた末、残骸に接触し爆散した。残された本体側もヤザン隊に破壊されている。
ADVANCE OF Ζ 刻に抗いし者
終盤でネモに本機を合体させた機体が登場。コア・ファイターの代わりに早期警戒ユニットを装備し、単独の運用はない。
機動戦士Ζガンダム外伝 審判のメイス
複数機のジムIII・ディフェンサーが登場。最終決戦を除いてコア・ファイターは装備されておらず、単独運用もほぼ想定されていない。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

合体・変形
Mk-IIなどのMSと合体し、Gフライヤー形態へと変形する。
コアブロックシステム
機首が分離し、コア・ファイターとして単独飛行可能。主にGフライヤーへの変形後に分離する。

武装・必殺攻撃[編集]

14連装ミサイル・ポッド
両バインダーに1基ずつ装備した武装。そのサイズ・装弾数から見るに対MS戦において対面攻撃に使用される物と思われる。
ロング・ライフル
右バインダーの側面に装備。一般的なビーム・ライフルより大型である分射程・火力に優れ、点での攻撃に用いられる。
大型バルカン
両バインダーの前方左右ミサイルポッド脇に1門ずつ装備。大型とはいえそれほど大きなサイズではなく、補助的な武装の類に入る。
ミニ・レーザー砲
コア・ファイターの機首に2門装備。コア・ファイター唯一の武装だがかなり心許なく、あくまで自衛目的の武装である。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムMk-II / ネモ / ジムIII
本機との合体を想定した機体。ネモの場合、合体するにはバックパックを換装する必要がある。
スーパーガンダム / ネモ・ディフェンサー / ジムIII・ディフェンサー
上記の機体と本機が合体した形態。
Gファイター
本機のルーツともいえる機体。コンセプトを参考にしているが、運用用途や機体構造等は大幅に異なる。
フルドド / フルドドII
敵対組織であるティターンズが開発した支援戦闘機。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

リンク[編集]