2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ガンダム試作3号機ステイメン

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

RX-78GP03S ガンダム試作3号機ステイメン(Gundam GP03S Stamen)[編集]

概要[編集]

デンドロビウムの核となる為のモビルスーツだが、ステイメンだけでも高い戦闘力を持つ。テールバインダーを装備し、高い運動性を誇る。これはデンドロビウムに接続する為のロック機構を兼ねている。前腕部にはフォールディング・アームが装備されており、オーキス内のコンテナから武装を取り出すのに用いられる。コックピットは全天周モニター型とコアブロック型の2種類が検討されており、『0083』では全天周モニターが採用されており、『EVOLVE』では「Pスペック」と呼ばれるコアブロック型が登場している。
本機のコードネームは名称にもある通り「ステイメン」で花言葉で「花のおしべ」を意味する。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
メインパイロットはコウ・ウラキ少尉。劇中ではオーキス補給中の迎撃、大破したオーキスからの離脱ぐらいしか出番がなく、後期オープニングが主な登場シーンとなる。
GUNDAM EVOLVE
『EVOLVE 4』で登場。デフラ・カーがテストパイロットを勤めている。ラビアンローズを襲撃してきたジオン残党軍をオーキスと合体して殲滅するものの、漂流していたところを残存兵のゲルググMの攻撃を受け、撃墜されてしまう。
機動戦士ガンダム0083 REBELLION
ベルナルド・モンシアが一時的に搭乗している。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

合体
オーキスと合体してガンダム試作3号機になる。
Pスペック(コアブロックシステム
トライアル時に搭載。コア・ファイターをコックピットブロックとして使用することが可能。

武装・必殺攻撃[編集]

ビーム・サーベル
バックパックに2基装備されている。
ビーム・ライフル
Eパック方式のライフル。ガンダム試作1号機の物より威力が向上している。
ビーム・ジュッテ
銃身部に備えられた緊急防御用の小型ビーム・サーベル。古代日本の道具「十手」に由来する防御兵装であり、敵の近接攻撃を受け止める際に使用される。
フォールディング・バズーカ
その名の通り折り畳み可能なバズーカ。
ハイパー・バズーカ
ジム改などが使用しているバズーカ。『0083』の後期オープニングで使用。
フォールディング・シールド
シールドも折り畳み可能。裏面には予備のEパックを4個まで装備できる。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダム試作3号機 (デンドロビウム)
オーキスと合体した姿。
ガンダム試作1号機ガンダム試作2号機ガンダム試作4号機
他のGPシリーズの機体。

商品情報[編集]

リンク[編集]