ゲルググM

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search
ゲルググM
外国語表記 Gelgoog Marine
登場作品 機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
デザイナー 明貴美加
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用量産型モビルスーツ
型式番号 MS-14F
頭頂高 19.2m
本体重量 45.1t
全備重量 81.3t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1,440kW
スラスター総推力 55,000kg
装甲材質 超硬スチール合金(チタン・セラミック複合材)
開発組織 ジオン公国軍
所属
主なパイロット
  • チャック・キース(接収機)
  • シグ・ウェドナー
  • テンプレートを表示

    概要[編集]

    海兵隊に配備されたゲルググで、Mは「マリーネ(海兵)」の頭文字。常に戦場の矢面に立たされる海兵隊に合わせ、二重装甲の間に隙間を設けて耐弾性を向上させた「空間装甲」が多用されている(劇中では他の機体より防御力が優れている描写はない)。背部にはバックパックとプロペラントタンク2基が装備されている。関係性は不明だがゲルググJと機体の一部が共通している。ゲルググJに比べ機体性能は劣っているが、コストパフォーマンスはこの機体の方が優れている。

    『0083』劇中では既に旧式化が進んでおり、尚且つ配備されたシーマ艦隊では補給もままならないことから、武装はマシンガンとシールドのみ。本来はビーム兵器の携帯も可能と思われる。スラスター総推力がゲルググより低い理由は不明[1]

    登場作品と操縦者[編集]

    機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
    シーマ艦隊の所属機が多数登場する。劇中ではすでに旧式の機体であるため苦戦する描写が多い。
    GUNDAM EVOLVE
    『EVOLVE 4』に登場。ザクIIF2型と共に小隊を組みラビアンローズを襲撃するが、ガンダム試作3号機によってほとんどの機体が撃破されてしまった。だが、中破状態で漂っていたブレードアンテナ付きの本機がビーム・ライフルで試作3号機を撃破している。
    SDガンダム GGENERATION モノアイ ガンダムズ
    ブラード戦隊に1機配備されており、シグ・ウェドナーが搭乗する。

    装備・機能[編集]

    特殊機能[編集]

    分離
    プロペラントタンクを分離可能。

    武装・必殺攻撃[編集]

    MMP80マシンガン
    口径90mmマシンガン。地球圏に潜伏したジオン残党ではオードソックスな武器。
    110mm速射砲
    両腕に内蔵されているマシンガン。
    ビーム・サーベル
    腰部左右に合計2基装備されている。
    ビーム・ライフル
    本来の標準装備と思われる射撃兵装。デザインが存在しないため詳細は不明。
    ビーム・ライフル(ゲルググ用)
    ゲルググの主兵装。『GUNDAM EVOLVE 4』で本装備の機体が確認できる。
    シュツルム・ファウスト
    命中率は悪いが威力の高い手持ち式のロケットランチャー。
    スパイク・シールド
    ザクIIのシールドを改良し、打撃武器としても使えるようにした攻防一体の盾。現地改修の武装であり、正式なものではない。後の作品に似たような武装を装備している機体が登場している
    レーザートーチ
    溶接用のトーチ。『0083』第10話でコロニーへの爆弾設置に使用している。デザインはハイザックが使用していた物と同一。

    対決・名場面[編集]

    関連機体[編集]

    ゲルググ
    原型機。
    指揮官用ゲルググM
    指揮官仕様機。一部ゲーム作品にのみ登場。
    シーマ専用ゲルググM
    海兵隊長のシーマ・ガラハウが乗る指揮官仕様機。
    ゲルググ[シュトゥッツァー]
    ジオン残党が本機を改修した機体。
    ゲルググJ
    共通点の多い機体。
    シャア専用ゲルググ
    ア・バオア・クー脱出の際、喪失した右腕を本機の物で補っている。

    商品情報[編集]

    ガンプラ[編集]

    リンク[編集]

    脚注[編集]

    1. スペック表の総推力は背部の2基のスラスター(20,500kg×2)と足の裏側のスラスター(7,000kg×2)を合わせたもので、脚部や腰部のスラスターなどは含まれていない。そのため本来の総推力はもっと高いと思われる。