ゲルググM

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゲルググM
読み ゲルググマリーネ
外国語表記 Gelgoog Marine
登場作品 機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
デザイナー 明貴美加
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用量産型モビルスーツ
型式番号 MS-14F
頭頂高 19.2m
本体重量 45.1t
全備重量 81.3t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1,440kW
スラスター総推力 55,000kg
180度姿勢変換 1.6秒
装甲材質 超硬スチール合金 (チタン・セラミック複合材)
開発組織 ジオン公国軍
所属
主なパイロット
  • チャック・キース (接収機)
  • シグ・ウェドナー
  • テンプレートを表示

    概要[編集 | ソースを編集]

    ジオン公国軍一年戦争後期に開発したゲルググを、海兵上陸部隊仕様に改修した機体。機体名称の「M」も「マリーネ(海兵)」から取られている。海兵隊専用MSとして、MAUシーマやMAUゲールといった突撃機動軍麾下のグラナダ海兵上陸戦闘部隊に配備された。ただし、MAUが特殊任務に従事する限定的な部隊であった為、生産数はそれ程多くなかったと見られ、終戦後に海賊行為を行っていたシーマ艦隊は、宇宙世紀0083年時点で本機を約30機保有していたとされる。

    高出力ジェネレーターによってビーム兵器の運用を可能としていた点はゲルググと同様だが、危険な特殊任務に赴くケースが多かった海兵隊では機体の損耗率が高く、生産性の向上が図られている。

    宇宙空間での運用が想定されており[1]、背部に装備したランドセルによって機動性の向上が図られている。また、ランドセルには2基のプロペラント・タンクを装着する事で作戦行動時間の延長を実現。この仕様は、海兵隊の関わる任務の特殊性から、航続距離や稼働時間を延長する必要があった事から導き出されたと考えられている。

    一年戦争で運用された機体の一部は、モニター上での形状把握を困難にするドット塗装が採用されており、迷彩塗装に用いられた塗料には、各種探査機器を欺瞞する機能を有していたと言われている。

    登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

    機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
    初出作品。第5話からシーマ艦隊の所属機が多数登場する。高性能であるゲルググの派生機とはいえ、劇中では既に旧式の機体であるため苦戦する描写が多い。
    GUNDAM EVOLVE
    『EVOLVE 4』に残党軍の機体が登場。ザクIIF2型と共に小隊を組みラビアンローズを襲撃するが、ガンダム試作3号機によってほとんどの機体が撃破されてしまった。だが、中破状態で漂っていたブレードアンテナ付きの本機がビーム・ライフルで試作3号機を撃破している。
    SDガンダム GGENERATION モノアイガンダムズ
    ブラード戦隊に1機配備されており、シグ・ウェドナーが搭乗する。

    装備・機能[編集 | ソースを編集]

    武装・必殺攻撃[編集 | ソースを編集]

    MMP80マシンガン
    ジオン軍が本格的な対MS戦闘を想定して開発した口径90mmマシンガン。コンパクトな構造で取り回しに優れ、一年戦争後期には相当数が普及していた事から調達が容易。特に最後期に開発されたタイプがジオン残党を含む多くの組織で使用されており、ゲルググMではビーム・ライフルの代替装備として装備されている。
    腕部110mm速射砲
    両腕に内蔵されているマシンガン。腕部に装備されている為、広い射界を確保出来るが、ナックル・シールドを装備している場合は砲口が塞がれる為、使用出来なくなる。
    ビーム・サーベル
    近接戦用の斬撃武器。当時のビーム・サーベルとしては出力に優れ、他機種の物よりも太いビーム刃を形成出来た。非使用時には腰部左右のビーム・サーベルポケットに収納されている。
    ビーム・ライフル
    ゲルググM専用のビーム・ライフル。海兵隊の過酷な任務に生産体制の不備が重なり、喪失したライフルの補充が追いつかなかった為、シーマ艦隊では調達の容易なMMP-80が使用された。
    ビーム・ライフル(ゲルググ用)
    ゲルググの主兵装。『GUNDAM EVOLVE 4』で本装備の機体が確認できる。
    シュツルム・ファウスト
    ジオン軍で使用されていた手持ち式ロケット・ランチャー。命中率は悪いが威力とコストパフォーマンスが高く、残党軍では使用されるケースも多い。
    ナックル・シールド
    ザクIIのシールドを海兵隊が独自に製造し、手持ち装備としたシールド。先端に三本のスパイクを備えていた事から、スパイク・シールドとも呼ばれ、格闘戦で打突兵器としても用いられた。
    頭部バルカン砲
    頭部に二基備わっている40mm口径のバルカン砲。同種の火器としては小口径であり、近接防御以上の用途は想定していなかったと考えられる。

    オプション装備 [編集 | ソースを編集]

    プロペラント・タンク
    バックパックに2基装備可能。状況に応じてパージする。
    レーザートーチ
    溶接用のトーチ。『0083』第10話でコロニーへの爆弾設置に使用している。デザインは『Ζ』作中でハイザックが使用していた物と同一。

    対決・名場面[編集 | ソースを編集]

    関連機体[編集 | ソースを編集]

    ゲルググ
    原型機。
    指揮官用ゲルググM
    指揮官仕様機。一部ゲーム作品にのみ登場。
    シーマ専用ゲルググM
    海兵隊長のシーマ・ガラハウが乗る指揮官仕様機。
    ゲルググ[シュトゥッツァー]
    ジオン残党が本機を改修した機体。
    ゲルググJ
    ジオン軍によるゲルググの改修機。共通点が多く、開発時に参考になったと思われる。
    シャア専用ゲルググ
    『C.D.A.』にてア・バオア・クー脱出の際、喪失した右腕を本機の物で補っている。

    商品情報[編集 | ソースを編集]

    ガンプラ[編集 | ソースを編集]

    資料リンク [編集 | ソースを編集]

    リンク[編集 | ソースを編集]

    脚注[編集 | ソースを編集]

    1. 重力下での運用も可能。