2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

シーマ専用ゲルググM

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
シーマ専用ゲルググM
外国語表記 Cima's Gelgoog Marine
登場作品 機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
デザイナー 明貴美加
テンプレートを表示
スペック
愛称 マリーネライター
分類 汎用指揮官用モビルスーツ
型式番号 MS-14Fs
頭頂高 19.2m
本体重量 40.5t
全備重量 80.0t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1,490kW
スラスター総推力 89,500kg
装甲材質 超硬スチール合金(チタン・セラミック複合材)
開発組織 ジオン公国軍
所属組織 ジオン公国軍デラーズ・フリート
所属部隊 シーマ艦隊(突撃機動軍海兵隊)
母艦 リリー・マルレーン
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

ゲルググMの指揮官機仕様のシーマ専用機。愛称として「マリーネ・ライター」と呼ばれている。

機体カラーは胴体が紫で四肢はカーキに塗装されている。ブレードアンテナが追加され基本性能が向上している他、スラスターが追加されており、プロペラントタンクを4基装備している。本機以外の指揮官機仕様は確認されていないため、この機体の仕様が通常の指揮官機仕様か独自の仕様かは不明。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
パイロットはシーマ・ガラハウ。度々アルビオンと交戦するが、バニングジム・カスタムとの交戦でビーム・ライフルを破壊されて以降はシーマがガーベラ・テトラに乗り換えたため登場しない。その後は母艦であるリリー・マルレーンが轟沈したため、本機も損失したものと思われる。
機動戦士ガンダム0083 REBELLION
シーマが乗り換えた後はクララ・ロッジが搭乗することになる。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

分離
プロペラントタンクを分離可能。

武装・必殺攻撃[編集]

MRB-110 ビーム・ライフル
大型のビーム・ライフル。ゲルググJのビーム・マシンガンと同時期に開発された武装で、マガジン式のエネルギーパックを備えている。また、強制冷却機構が採用されており、ビーム・マシンガンのように連射することも可能。シーマ艦隊にとっては貴重なビーム兵器である。
110mm速射砲
両腕に内蔵されているマシンガン。
40mmバルカン砲
頭部に2門内蔵されている機関砲。
ビーム・サーベル
両腰部に合計2基収納されている。
大型シールド
覗き窓が付いている大型のシールド。撹乱用のチャフフレアディスペンサーが内蔵されている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ゲルググM
一般機仕様。
ゲルググJ
より共通点が多くなっている。

商品情報[編集]

リンク[編集]