2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ゲルググJ

提供: ガンダムWiki
移動先: 案内検索

MS-14JG ゲルググJ (GELGOOG JAGER)[編集]

概要[編集]

ジオン軍の汎用量産型モビルスーツ。
ゲルググ統合整備計画に取り込み、空間戦闘における優位性を重視して、基本から再設計された機体。同計画で開発されたザクII改リック・ドムIIなどとの共通規格のパーツが多く、整備性を向上させようという意図もある。
ゲルググに比べて、スカート形状が異なり、肩部や脚部アーマーが細くなっているなど、視覚的に差異が大きい。頭部はゲルググMと共通項が多く、従来のザクのように口元にチューブが見られる。装甲材質の変更で、シールドを携帯しなくとも防御力は従来のゲルググに劣らない。
本機最大の特徴は、3機の背部メインスラスターと2機のプロペラントタンク、5機の腰部サブスラスターを用いた高速移動にあり、総推力は原型機の約3倍を誇る。また、従来のモビルスーツは機体に対して斜め下向きにスラスターが設置されているため、前に移動する際前傾姿勢が強要される。モビルスーツの頭部は通常上下方向の駆動域が少なく、前傾姿勢でその少ない上方向の駆動を使ってしまうため、視野の減少をもたらすことになってしまう。しかし、本機は機体に対して垂直に設置されているため、直立のままの移動が可能となっており、他機に視界のアドバンテージを得ることができる。さらに、機体各所に設置された24機もの姿勢制御用スラスターとアポジモーターによって、精密な姿勢制御を行え、旋回性も高い。
機体名のJは「イェーガー」と読み、ドイツ語で「狩人」の意味。大型の長射程ビ ー ム・マシンガンを装備しており、前述の機動特性と姿勢制御もあり、精密射撃を行える程の高い射撃精度を有する。
以上のように、機体性能はとても高水準であり、生産コストも高いため、エースパイロット向けに少数のみ生産された。頭部にはブレードアンテナが標準装備であり、バックパックにはレーザー通信用のユニットとロッドアンテナが装備されているなど、通信性能も高水準である。
機体色はポケットの中の戦争に登場した機体は赤色、シン・マツナガが搭乗したとされる機体は白とネイビーブルーを基調としたカラーリングなど、他のエースパイロット専用機のようにパーソナルカラーを施した機体が多いが、基本色は他のゲルググ同様緑とグレーである。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争
第2話に登場。
機動戦士ガンダム MSV-R 宇宙世紀英雄伝説 虹霓のシン・マツナガ
宇宙攻撃軍のエースであるシン・マツナガを主軸に置いた本作において、反ギレン派と断定されたシンのためにキリング中将が用意した白い機体が登場する。この機体は反ギレン派の拠点を襲ったロバート・ギリアム大佐のビグ・ルフや、ジョニー・ライデンの駆る真紅の高機動型ゲルググと熾烈な戦闘を繰り広げた。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

頭部バルカン砲
左右に1門ずつ内蔵している。
ビーム・マシンガン
射撃精度の高い大型のマシンガンで、単発射撃時には精密射撃を行うことができる。
ビーム・スポットガン
両腕に装備した迎撃用ビーム砲。実はまだ未完成であり、110mm機関砲を搭載していたという説もある。シン・マツナガの機体は改良されていたのかビーム・サーベルを発生させている。
ビーム・サーベル
設定によって装備しているかしていないか区々だが、ゲーム作品では装備している場合が多い。
シュツルム・ファウスト
命中率は悪いが威力の高い手持ち式のロケットランチャー。設定では存在しないがゲーム等では装備している。

対決・名場面[編集]

ビグ・ルフ

関連機体[編集]

ゲルググ
原型機。
ゲルググM
外見が本機と共通項が多い。
ザクII改リック・ドムIIケンプファーハイゴッグズゴックE
本機同様統合整備計画で開発された機体。

商品情報[編集]

リンク[編集]