2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ジョニー・ライデン

提供: ガンダムWiki
移動先: 案内検索

ジョニー・ライデン(Johnny Ridden)[編集]

概要[編集]

ジオン公国突撃機動軍に所属するエースパイロット。真紅をパーソナルカラーとしていた事から『真紅の稲妻』の異名を取る人物(同じく赤を基調とするカラーリングのシャアと誤認される事も少なくなかった模様)。 元来の気さくな性格と卓越した操縦技術からジオン国民の間でも人気が高く、宇宙世紀のジオン軍パイロットの中では有名な人物の1人として列挙される事が多い。

登場作品と役柄[編集]

MSV
宇宙世紀0056年に生まれ、22歳でジオン共和国国防軍(後のジオン軍)に志願。ルウム戦役で戦艦3隻を撃破したことから大尉に昇進。以後、真紅を基調とした搭乗機を愛用する様になる。
少佐に昇進した際に4機しか生産されていないR-2型を受領。第8パトロール艦隊のMS部隊長として多くの戦果を挙げる中、突撃機動軍付けの本国要請によりグラナダへ召喚される。そしてキシリア・ザビ直属の特別編成大隊『キマイラ隊』の一員となった。
ア・バオア・クー防衛戦においては最後の愛機となった真紅の高機動型ゲルググで参戦するも行方不明となり、最終的に終身中佐に昇進の上、軍籍から外されている。
GUNDAM EVOLVE../9ガンダムMSグラフィカ
本人であるかは不明だが「ジョニー」と呼ばれる人物が登場している。

人間関係[編集]

ジオン公国[編集]

キシリア・ザビ
自身の最高指揮官。作品によっては彼女に好意を抱いていることがある。
シャア・アズナブル
自身と同じく赤を基調とした機体を駆るパイロット。直接面識があったかは不明だが、自身がシャアと誤認される事も少なくなかった模様。

キマイラ隊[編集]

ヒュー・マルキン・ケルビン
突撃機動軍の情報統括局局長。キマイラ隊の設立をキシリアに上申した人物。
エイシア・フェロー
キマイラ隊の船医長。
トーマス・クルツ
ジェラルド・サカイ
ジャコビアス・ノード
キマイラ隊MS第一小隊の一員。狙撃を得意としており、ジョニー・ライデンの相棒的存在であった。
ユーマ・ライトニング
キマイラ隊に所属する若手パイロット。強化人間であり、青と白を基調とした高機動型ゲルググを愛機とする。
イングリッド・O
一年戦争末期にキマイラ隊に配属された少女。ユーマと同じく強化人間。
ジーメンス・ウィルヘッドエメ・ディプロム
キマイラ隊に属していたパイロット達で、ともに青、白、黒の高機動型ゲルググに搭乗していた。戦後は結婚してともにパン屋を営んでいる。

地球連邦軍 / カラバ[編集]

ジョニー
『GUNDAM EVOLVE../9』でレッド・ゼータに搭乗予定だったパイロット。ジョニー・ライデン本人であるかは不明。同機に関する何らかの要因により、後遺症が残り搭乗をリタイア。薬物投与を余儀なくされている。なおレッド・ゼータの機体色は彼に合わせたオーダーメイドによるもの。
また、同一人物かは不明だが『ガンダムMSグラフィカ』では宇宙世紀0097年にゼータ系の機体に乗って戦う姿が描かれている。反地球連邦組織「EARM」のグスタフ・カールと交戦し、これを撃破した。この作品で彼は「赤は好みの色ではない」と述べている。

名台詞[編集]

搭乗機体[編集]

ザクIIC型
一週間戦争ルウム戦役での搭乗機。
ザクIIF型
大尉に昇進した際に乗り換えた機体。この機体からパーソナルカラーを使用している。
ザクIIS型
R-2型に搭乗する直前まで搭乗していた機体。
ジョニー・ライデン専用高機動型ザクII
少佐に昇進した際に乗り換えた機体。
フルバレットザク
ジョニーのR-2型を改修した機体。
ジョニー・ライデン専用高機動型ゲルググ
「キマイラ隊」で搭乗する機体。一年戦争最後の搭乗機。
レッド・ゼータ
「ジョニー」と呼ばれる人物が搭乗予定だったがリタイアしている。

リンク[編集]