2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ジョニー・ライデン専用高機動型ゲルググ

提供: ガンダムWiki
移動先: 案内検索

YMS-14B ジョニー・ライデン専用高機動型ゲルググ(Johnny's Gelgoog High Maneuver Model)[編集]

概要[編集]

先行量産型ゲルググに高機動バックパックを装備させた専用機。パーソナルカラーである紅と黒に塗装されている。
本機は高機動バックパックを装備した第1号機である。『MSV』ではブレードアンテナは装備されていなかったが、他の媒体では装備している。パーソナルエンブレムは媒体によって左右が異なるが、肩部に描かれている。ジョニーは状況に応じてバックパックを換装していた。他の専用機のように特別な改修は行われていない。

『ジョニー・ライデンの帰還』ではU.C.0090年の技術でアナハイム・エレクトロニクス社が新規製造した機体が登場する。外見は旧式機と変わらないが、コックピットは全天周モニターでアームレイカー式となっている別物の機体となっている。。

登場作品と操縦者[編集]

MSV
出典元。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

換装
バックパックを換装可能。

武装・必殺攻撃[編集]

ロケット・ランチャー
ビーム・ライフルの代わりに装備しているロケット弾を発射する武装。機動性を重視する場合装備する。
ビーム・ライフル
量産機としてはジオン初の携行ビーム兵器。高性能センサーにより高い照準値を誇る。
ビーム・ナギナタ
量産機としてはジオン初の携行ビーム兵器。柄の両端からS字にビーム刃が発生。ただし取り回しに難があり、振り回すと自身を斬ってしまいかねないので、ビーム刃を片側のみ発生させて使用するパイロットもいる。
シールド
ラグビーボールのような端の尖った楕円形のシールド。耐ビームコーティングが施されている。
ビーム・キャノン
バックパックをC型の物に換装して装備する。頭部は換装されていないが問題なかったらしい。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

先行量産型ゲルググ
原型機。
高機動型ゲルググゲルググキャノン
一般用の機体。

商品情報[編集]

リンク[編集]