FSWS計画

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

FSWS計画(FSWS Project)[編集]

一年戦争末期に地球連邦軍が立ち上げたガンダムの強化プラン[1]

V作戦で得られたガンダムの運用データをフィードバックする形で成立したプロジェクトであり、同時にアムロ・レイの乗るガンダムの戦果に着目しニュータイプによる少数精製部隊の編成も企図されていた。

ガンダムの全身に増加装甲と武装を追加する事で戦闘力を戦艦レベルにまで引き上げる事を目的としており、この増加装備は「フルアーマー・オペレーション」の名称で呼ばれ、数多くの計画案が立案され、最終的に三種の装備プランに集約された。

一年戦争終結後、ビーム兵器の発展に伴い重装甲よりも回避を重視する傾向が強まった事でフルアーマー・オペレーションの開発は一度停滞するが[2]、「モビルスーツに増加装甲と武装を追加する」というコンセプトの有用性は高く、その後も設計思想を受け継いだ装備が開発され、中には実戦投入された物も存在した。

登場作品[編集]

MSV
出典元。RX-81とともにフルアーマーガンダムの機体解説に明記されている。

開発された機体[編集]

フルアーマーガンダム (サンダーボルト版)
計画の過渡期に開発された機体。
ガンダムNT-1 (チョバムアーマー装着型)
ガンダムNT-1に計画で試験的に開発された増加装甲を装備した機体。この計画内では採用されていない。
高機動型ガンダム
ガンダムに補助推進装置を追加した機体。
ガンダムGダッシュ
ガンダムのBパーツを宙間高機動オプションユニットである「Gダッシュパーツ」に換装した機体。
フルアーマーガンダム
ガンダムにプランAの追加装備を施した機体。
フルアーマーガンダム (タイプB)
G-3ガンダムにプランBの追加装備を施した機体。
フルアーマーガンダム陸戦タイプ
プロトタイプガンダムにプランCの追加装備を施した機体。
ヘビーガンダムヘビーガンダム (2号機)
フルアーマーガンダムの再設計機。
ガンダム7号機
初めから追加装備をする前提で開発された機体。
フルアーマーガンダム7号機
ガンダム7号機に追加装備を施した機体。
重装フルアーマーガンダム
フルアーマーガンダム7号機にさらに追加装備を施した機体。
フルアーマー・アレックス
ガンダムNT-1にFSWS計画仕様の追加装備を施した機体。
ガンナーガンダム
一年戦争後に開発が検討された機体。
フルアーマー・ガンナーガンダム
ガンダムに追加装備を施すことでガンナーガンダムと同等の性能を持った機体。
ジーライン
ガンダムの完全量産機として開発された機体。FSWS計画と同時期に開発が始まった機体であり、戦後FSWSのコンセプトを継承している。
ジーライン スタンダードアーマー
バランスに優れた標準装備。
ジーライン ライトアーマー
軽装された高機動タイプ。
ジーライン アサルトアーマー
近接戦闘に特化したタイプ。
ジーライン フルカスタム
上記のタイプの装備を全て装備した機体。

FSWS計画の影響下にある機体[編集]

フルアーマーガンダムMk-II
ガンダムMk-IIに追加装甲を施した機体。
フルアーマー百式改
百式改に追加装備を施した機体。
フルアーマーΖガンダム
Ζガンダムに追加装甲を施した機体。
フルアーマーガンダムMk-III
ガンダムMk-IIIに追加装備を施した機体。
ガンダム[ケストレル]アーマー・エクステリア / フルアーマー・ケストレル
ガンダム[ケストレル]にアーマー・エクステリアを装備した機体。フルアーマー・ケストレルは更にそこに増加装備を施している。
フルアーマーΖΖガンダム
強化型ΖΖガンダムに追加装備を施した機体。
Ex-Sガンダム
Sガンダムのパーツを交換し強化した機体。
ナラティブガンダム A装備 / ナラティブガンダム B装備 / ナラティブガンダム C装備
ナラティブガンダムに追加装備を施した機体。
νガンダムHWS装備型
νガンダムに追加装備を施した機体。
フルアーマー・ユニコーンガンダム
ユニコーンガンダムに追加装備を施した現地改修仕様。本来の「フルアーマー」とは異なり増加装甲もシールドの追加程度で、全身に携行火器を搭載した外見は「フルアームド」と形容できる。
V2アサルトガンダム / V2アサルトバスターガンダム
V2ガンダムに追加装備を施した機体。V2アサルトバスターはV2アサルトとV2バスターの混成装備となる。

関連商品 [編集]

書籍 [編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. FSWSは「Federal Suit Weapon System」、もしくは「Full-armour System and Weapon System」の略称とされる。
  2. ジーライン等、そのコンセプトを継承した機体の開発は行われている。