ガンナーガンダム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンナーガンダム
外国語表記 Gunner Gundam
登場作品 MSV-R
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型モビルスーツ
型式番号 RX-78SP
頭頂高 18.0m
本体重量 59.5t(推測)
主動力 熱核融合炉
装甲材質 ルナ・チタニウム合金
開発組織 地球連邦軍
所属 地球連邦軍
テンプレートを表示

概要[編集]

地球連邦軍一年戦争終結後に開発を検討したモビルスーツ

ガンダムの持つ機動力をそのままに中距離支援能力を向上させており、各種の戦闘オペレーションに対応可能な汎用性の高い機体として設計されている。開発にはヘビーガンダムの設計を一部流用したと言われており、機体性能と火器管制システムに類似点が多くなっている。また、他の共通点としてフルアーマーガンダムのように装備を追加する方式ではなく、ヘビーガンダムと同じく一体型として設計されている。

頭部の右側面には複合センサーが追加されロングレンジの攻撃が可能となった他、ツインアイはバイザー型の遮断シールドで覆われている。背部の大型ランドセルは新設計された物で、大推力のスラスター4基と索敵やジャミングなどを行う電子装備を納めたセンサー・ポッドが上部に装備されている他、ランドセル内に小型のプロペラントタンクが搭載されている。ビーム・サーベルはランドセルに装備できなかったため、脚部側面に収納されている。

汎用性の高い機体のため採用機種の有力候補でありモックアップ製作までされたが、ガンダム6号機でカバーできると判断され、正式採用されることなく実機開発も中断された。

登場作品と操縦者[編集]

MSV-R
出典元。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

センサー・ポッド
ランドセル上部に装備されている電子装備。索敵やジャミングなどに使用される他、ミノフスキー粒子の影響下での電波受信を可能としている。

武装・必殺攻撃[編集]

60mmバルカン砲
頭部に2門内蔵されている機関砲。
専用ビーム・ライフル
本機専用に開発された長距離狙撃用の高出力ビーム・ライフル。本体のセンサーと連動して高い命中精度を発揮する。開発の際にはジオン軍のビーム・ライフル技術の一部が使用されたとされる。
ビーム・サーベル
両脚部側面に計2基収納されている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダム
ベース機。
ヘビーガンダム
設計の一部が流用されたと言われる。
フルアーマー・ガンナーガンダム
本機の装備を外装化した機体。

商品情報[編集]

リンク[編集]