2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ジェリド・メサ

提供: ガンダムWiki
移動先: 案内検索

ジェリド・メサ(Jerid Messa)[編集]

地球連邦軍の独立部隊「ティターンズ」に所属する青年将校。エリートであることを鼻にかけている。

何気なくつぶやいた一言がカミーユ・ビダンの逆鱗に触れて殴られ、ティターンズの将校である自分の面子を衆人の前で傷つけられたのが因縁のはじまり。ここから彼の人生はカミーユと大きく関わり、そしてエリート人生から転落していく。 かつてのアムロ・レイシャア・アズナブルのような関係とは程遠く、劇中カミーユと幾度も刃を交えるがその都度辛酸を舐める結果に終わっている。ジェリドのパイロット技量は少なくとも作品開始当初では高くは無く、第1話で飛行訓練中のガンダムMk-IIを誤って軍施設に墜落(死傷者多数)させる失態を犯している。(これは傲慢な意識を持ちながら実態が釣り合っていないティターンズを象徴する設定という説もある。)

宇宙の戦いに慣れないジェリドに戦い方を教えた連邦軍のライラは友情を交わした直後に戦死し、その後もカクリコンマウアーなど仲間を失っていくが、皮肉なことに仲間の死と敗北を重ねる度に彼は成長していき最終的にはエゥーゴ有数のパイロットであったアポリーを(劇場版ではやや不意打ち気味ながらも)撃墜するまでに至っている。 カミーユとの因縁は彼の思い人であるフォウを殺害したことで一層深まったが、最期は肉薄したZガンダムに振り解かれた直後に撃ち抜かれラーディッシュの撃沈に巻き込まれる形で死亡した。 敵役としては第1話から登場した最古参で主人公との因縁もたっぷりだったジェリドたが、その最期は意外にもあっさりとしたものだった。なおカミーユに対しては「俺を戦いに駆り立てたのは貴様だ!」と豪語するほど最期まで執着していたが、多数の死に直面し既にニュータイプの限界に近かったカミーユにジェリドとの因縁に浸る余裕は無かった模様。

ヤザンシロッコにいいところを奪われた印象が強く、ファンの間ではもっぱら「かませ犬」「引き立て役」といったありがたくない呼ばれ方をされることも多い。しかし先述の経緯の通り未熟な腕を辛酸の舐めながらも磨いていった、ニュータイプという天才達が話の中心であるZガンダムにおいて努力と成長を地で行く凡俗という稀有なキャラクターでもある。同時にニュータイプの粛清を目的としたオールドタイプの集団であるティターンズとその思想の限界を象徴しているとも言える。 ちなみに最後に登場したバウンド・ドックはニュータイプ専用機のはずだが、明確なニュータイプ描写の乏しいジェリドが搭乗した理由は不明。凄まじい執念でもってカミーユへ食らいついていく姿は強化人間のそれを感じさせなくもないが、多くの同僚や恩人とも呼べる女性をことごとくカミーユに奪われたジェリドにとっては当然の感情。その恐るべき復讐心が可能にしたのだろうか。

なお多数の機体を乗り換えたことでも有名。確認できるだけでも7機(劇場版では6機)のMSに搭乗しており、これはガンダム00グラハム・エーカーと並びガンダムシリーズで最多とされる(グラハムの場合は既存機の改修に伴う名称変更もカウントされており、ジェリドの様に全く別の機体に6度乗換えたわけではない)。損傷・撃墜されては生還するため「出戻りのジェリド」と皮肉られることもあったが、それだけ悪運が強く、新型機のデータ収集には適任だったのかもしれない。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士Ζガンダム
主人公カミーユのライバル……にしては残念な立ち回り。
機動戦士Ζガンダム A New Translation
活躍シーンを含んだ登場シーンが大幅にカットされたため、ほぼ一般兵も同然の扱いになってしまった。
機動戦士Ζガンダム Define

人間関係[編集]

ティターンズ[編集]

カクリコン・カクーラー
エマ・シーン
ライラ・ミラ・ライラ
シェリー・ペイジ
マウアー・ファラオ
パプテマス・シロッコ
ヤザン・ゲーブル
ジャミトフ・ハイマン
バスク・オム
ジャマイカン・ダニンガン

地球連邦軍[編集]

ヒルダ・ビダン
カミーユの母親。人質作戦の際に彼女の入ったカプセルを破壊した。
フランクリン・ビダン
カミーユの父親。Define版ではヒルダと共にカプセルに入っていたため、結果としてカミーユの両方の親を殺すことになってしまった。

エゥーゴ[編集]

カミーユ・ビダン

アクシズ[編集]

ハマーン・カーン
グワダンを攻撃する際に対空砲火を掻い潜りながら多数のガザCを撃破し、彼女にプレッシャーを与えさせた。

名台詞[編集]

TV版[編集]

「女の名前なのに、なんだ男か」
Zガンダム屈指の名(迷)台詞。すべてがこの一言で変わってしまった。作中でカミーユが嫌がっていたが、ファ・ユイリィが何度もカミーユカミーユと連呼するのでジェリドの注意を引いてしまい、不用意な一言に繋がってしまった。と言っても別に嘲笑するような口ぶりではなく、悪意のない単なる感想が口をついて出たようなものであったが、まさかそれが目の前の美少年の逆鱗とは思いもよらなかったろう。まして、学生空手のコンクールで何度も入賞するほどの腕前とは……。
「爆弾もろとも消えてなくなれよ3号機!」
第3話「カプセルの中」より、カミーユのガンダムMk-IIが人質の入ったカプセルを回収しようとした際に。そのまま発砲し、カプセルの中にいたヒルダ・ビダンを殺害した。ただ、上官のジャマイカンからは人質のことを聞かされておらず、カプセルを戦艦を沈められる程の爆弾だと思っていた。
「っ!? 何だ!? 一体何だと言うのだ、この不愉快さは!?」
上記の直後、Mk-IIが無傷であることに驚愕している最中に。僅かながらニュータイプの素養があることを窺わせる台詞。
「大佐、ガンダムMk-IIを使わせていただけるのなら、自分が汚名挽回をしたく……」
第4話「エマの脱走」で飛び出した、ジェリドを象徴する台詞。汚名は返上するものであり、挽回するのは名誉である。これをもってジェリドの知性を疑問視する声もあるが、この発言にバスク・オムは自然に「汚名挽回は結果を残した者の言うことだ」と答えているため、単なる脚本のミスとされる。放映時の80年代には同様の「汚名挽回」が他の作品でも散見されるが、その後のジェリドは全くいいところなく、文字通り「汚名を挽回した」ため定着してしまったという。なお、その後の話ではこの誤用を払拭するためか事あるごとに「名誉挽回」を多用している。後の劇場版でも「汚名返上」に修正された。
「ニュータイプだって、スーパーマンじゃないんだ…!」
第8話「月の裏側」より、月面でのカミーユとの戦闘時の台詞。慣れない月面戦闘も次第に慣れていくカミーユに対し、初めての宇宙戦闘で結果を残せなかった自分を鼓舞したものだが、師匠と呼んだライラの仇を討つため鬼気迫るジェリドは、クワトロの援軍が無ければカミーユを討てていたところまで追いつめていた。
「カミーユ、貴様は俺の……!!」
今わの際にジェリドが叫んだ台詞。「俺の」何なのかを発言する前に爆散してしまい、なんと言いたかったのか諸説あった。監督の富野曰く「貴様は俺の全てを奪った」と続くはずだったとの事。そのあまりにもあっけない死には撃墜したカミーユも哀れみを感じずにはいられなかった。劇場版ではテレビアニメ版ほど因縁が深くない為か、ごっそり削除。

劇場版[編集]

星を継ぐ者[編集]

「ライラのガルバルディは、どこにもいないなんてそんなこと……! っ!? なんでガンダムは元気なんだよ!?」
ジャブローへの降下中、同じく降下中のガンダムMk-IIを発見した際に。ライラとは別の所で戦っていたジェリドには、彼女がカミーユによって撃墜されたことを知る由も無かった。

恋人たち[編集]

「…自分はただ、惨敗の連続だと思っております」
ジャミトフとの会話の中で。

星の鼓動は愛[編集]

「うわあああぁぁぁ!!」
断末魔の叫び。TV版とは違い、ろくな台詞も言わせてもらえなかった。しかも死人に口無しとばかりにカミーユから「戦場ではしゃいでいるお調子者」と心無い罵倒を受けてしまう。ライラの仇討ち回カットやフォウの死因変更などでTV版ほど確執がないとはいえ、あまりにも酷な扱いである。

Define版[編集]

「ようボウズ 代わりにこのティターンズの精鋭ジェリド・メサ中尉がサインしてやるよ!」
ブライトのサインを貰いに空港へ来たカミーユから、定期便の艦長のサインではパッとしないだろうと色紙を取り上げた際に。さすがに調子に乗りすぎたため、反感を抱いたカミーユから挑発される。逆上して殴りかかるも逆に殴り返されてしまった。何気ない発言に激怒され殴られたTV版と比べて、擁護しにくいのが辛い。

その他の媒体[編集]

「……くそっ、もうヤメだ!!」
アズラエル「ちょっと、君!! どういうつもりなんです!?」
「どうもこうもない! いいかげん、ウンザリなんだよ!! もうアンタに従うのはヤメだ!!」
アズラエル「て、敵をかばうって言うんですか!?」
「元は味方だろう!! アンタがザフトを皆殺しにしようとしなきゃOZは味方のままだった!」
アズラエル「な……!?」
マウアー「そう……ジェリド、貴方は正しい」
アズラエル「お、お前たち……!?」
「俺は上を目指すつもりでティターンズに入った……この手で世界を動かす男になるために手段は選ばないつもりだったさ!」
「だが、手段を選ばなかった結果がこれだって言うなら、真っ平ごめんだ! もうアンタには従わない! 俺は俺の好きなようにやらせてもらう!」
DS用ソフト『SDガンダム G GENERATION DS』のライバルルート『決別』にて。
プラントを核攻撃しようとするアズラエルに対し、トレーズ率いるOZが反乱し、ピースメーカー隊を攻撃。アズラエルはプレイヤー部隊と共にトレーズを追い詰めるが、プラントの破壊に加え、反乱分子を有無を言わさず処刑しようとする行き過ぎた行為に遂にジェリドの怒りが爆発。トレーズの撃墜を妨害し、上官であるアズラエルに反旗を翻す。そして彼の行為に触発された仲間たちも次々と離反し、物語は怒涛の展開を見せる。
ティターンズとしての立場よりも非道に立ち向かうことを選ぶ[1]ジェリドや、シーマの説得により軍人としてではなく一人の人間としての意志を貫くことを決めたナタル、同じく強化人間であるゼロ・ムラサメの説得によって改心するシャニ達など、GジェネレーションDS屈指の名シナリオである。
カミーユ「…軍に残るのか、ジェリド?」
「……ああ」
「元々この戦争は俺たちが始めたもんだ 終わらせるのも俺たちがやらないとな」
マウアー「ティターンズを平和的に解散へと導くこと……」
マウアー「…それが今の私たちがしなければならないことだと思っているから」
カミーユ「……そうか」
カミーユ「ジェリド、お前とは色々あって……大切な者を奪い合ったりもしたけど……」
「……なら、何も言うな」
カミーユ「……ジェリド?」
「どうせ、今さら……だろう?立場の違いで戦い合ったことはあったがそれも全部、過去の話だ」
カミーユ「ジェリド……お前?」
「もちろん、俺はまだお前のことをいけ好かないヤツだと思ってる」
「ただ、まあ……最後は同じ目的のために戦う事ができた」
「それだけは…… ま……悪くなかったかも知れねえ」
カミーユ「………………」
カミーユ「……そうだな、ジェリド」
マウアー(そう。ジェリド……)
マウアー(今の貴方は……正しい)
ライラの意思『いい男になるんだよ……ジェリド』
『SDガンダム G GENERATION DS』のライバルルートのエンディングにて、終戦後、同じく生き残ったカミーユに「軍に残るのか」と問われた際に。お互いに親しい者達の命を奪い合ってきた行為を顧みていたカミーユに対し、原作ではありえなかった和解を果たすことができた。
「どういうつもりだ! 貴様!」
シン「あんたこそ! 強化人間なんて実験動物みたいに……何にも疑問に思わないのかよ!」
シン「同じ人間を死なせたくないっていうのがいけないのか!」
「じゃあ何でモビルスーツのパイロットだ!?」
「俺達は軍人だ! 自分の手は汚したくない……嫌な作戦には従わない……それで済むものか!」
シン「だからって!」
「いいだろう……修正してやる!」
ゲーム「ガンダム無双2」のムービー『誰がその手を汚すのか』より。強化人間(フォウ)を作戦に参加させた事に反発し脱走した挙句、敵であるカミーユを庇い反抗してきたシンに対して。感情のままに食い掛かってくるシンに対し軍人としての正論を説いたジェリドは、シンを修正するべくデスティニーガンダムに挑む。

搭乗機体・関連機体[編集]

ガンダムMk-II
3号機に搭乗。飛行訓練中、コロニー内で誤って墜落させ、その後修繕中にカミーユによって強奪される。
ハイザック
Mk-II強奪後の宇宙戦闘で搭乗した機体。カミーユの母であるヒルダを(知らなかったとはいえ)殺害してしまったことから、より一層カミーユとの確執を深めることになる。Define版では途中で両肩がスパイクアーマーのシェリー機を譲り受け搭乗した。
ガルバルディβ
ライラの仇討のため彼女と同じ機体に乗る。カミーユをあと1歩のところまで追いつめた。劇場版では当該エピソードがカットされたため未搭乗。
マラサイ
月面でのアーガマ攻撃時(TV版)とエゥーゴの地球降下作戦時に搭乗。月面の戦闘ではカクリコンとの時間差攻撃でカミーユを苦戦させた。ジャブローの戦闘でもカミーユと死闘を演じている。
ガブスレイ
シロッコから拝領した機体。エマのリック・ディアスを中破、カミーユのMk-IIも圧倒する大戦果を上げた。マウアーを失った後にアーガマに特攻を仕掛けたが一歩及ばず中破。
バイアラン
ここまでの経験で熟練したため、アポリーのリック・ディアスやグワダンを撃破している。カミーユとの交戦においても、追跡してくるグレネードランチャーをバーニアの噴射炎で破壊する離れ業を見せた。
バウンド・ドック
バイアランからいつの間にか乗換えた最後の機体。Zガンダムに肉薄するも、再三に渡りカミーユを追い詰めた過去の機体に比べ、全くいいところなく撃破された。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

脚注[編集]

  1. このシナリオの後に自部隊の指導者となったトレーズはエゥーゴとの共闘を決断するが、ジェリドはそれに反対するどころか「その手があったか」くらいのノリで賛成する

資料リンク[編集]

リンク[編集]