ルナマリア・ホーク

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルナマリア・ホーク
外国語表記 Lunamaria Hawke
登場作品 機動戦士ガンダムSEED DESTINY
声優 坂本真綾
デザイナー 平井久司
テンプレートを表示
プロフィール
種族 人間 (コーディネイター)
性別
生年月日 C.E.56年7月26日
年齢 17歳
身長 164cm
体重 46kg
血液型 A型
職業 MSパイロット
所属組織 ザフト軍
所属部隊 ミネルバ
階級 赤服 ⇒ 少尉
主な搭乗機
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

ザフト軍のミネルバ隊に配属された赤服の隊員。メイリン・ホークは実の妹。

同じくミネルバ隊配属の赤服であるシン・アスカレイ・ザ・バレルとは士官学校の同期で、彼女は赤服の特権で制服を自分色に改脹している。明朗活発な少女で、上官のアスラン・ザラに対しては妹のメイリンと共に好意を持っている。戦艦ミネルバモビルスーツパイロットとして活躍し、最初は専用色のガナーザクウォーリアで砲撃戦を任され、後にインパルスガンダムをシンから譲り受けた。

射撃に特化したガナーザクに乗る割には攻撃を外し(全く当たらない訳ではないが)、生身の射撃訓練でもアスランから欠点を指摘されるなど、射撃能力は低いのに射撃寄り機体に乗る困ったさん。「連合 VS Z.A.F.T」シリーズでも「狙いは完璧よ!」と言いながら味方に誤射してくるのは語り草になっている程。その割に最後まで生き残っている。一方で格闘戦の技術はなかなかのもので上記の通りガナーウィザードを装備しながら格闘戦でガイアガンダムと互角に戦ったり、ソードインパルスガンダムデストロイガンダムを破壊してみせた。

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

機動戦士ガンダムSEED DESTINY

人間関係[編集 | ソースを編集]

シン・アスカ
頼もしい仲間。アスラン離反後は仲間意識を超えた恋愛感情を抱くようになる。
アスラン・ザラ
彼に好意を持っており、監視役を任された時は戸惑いを感じた。最終局面で彼と対峙するが、メイリンの説得により和解。シンに彼との戦いをやめるよう説得した。
メイリン・ホーク
実妹。アスランとは共に好意を持っていたが、のちにメイリンとアスランがザフトを脱走してシンに撃墜された時には動揺した。
レイ・ザ・バレル
仲間。
タリア・グラディス
艦長。一時的に艦を離れたアスランを彼女の命令で尾行した。

名台詞[編集 | ソースを編集]

「ルナマリア・ホーク、ザク!出るわよ!」
出撃前のセリフ。
「私は、アスランにもっと頑張ってもらいたいだけです」
「アスランは優しすぎますよ!…そういうところも好きですけど」
アスランの性格を掴んだ台詞。好意を込めて激励している…のだが、当のアスランは彼女の気持ちには全く気付いていなかった。
「忘れてた?私も赤なのよ!」
インパルスガンダムの初陣にて。ようやく活躍できて満足。
「大丈夫よ、私は。信じてよ…!」
シンを励まし、お互い恋に目覚めた瞬間。

搭乗機体・関連機体[編集 | ソースを編集]

ルナマリア専用ザクウォーリア / ルナマリア専用ガナーザクウォーリア
前半の搭乗機。
インパルスガンダム / フォースインパルスガンダム / ソードインパルスガンダム / ブラストインパルスガンダム
後半の搭乗機。
ミネルバ
母艦。

余談[編集 | ソースを編集]

彼女を演じた坂本真綾氏はシンを演じた鈴村健一氏と2011年8月に結婚している。

商品情報[編集 | ソースを編集]

チャットログ[編集 | ソースを編集]

http://www.cre.ne.jp/writing/IRC/write-ex1/2008/10/20081009.html#170000
ルナマリアが意外なことに必中もち(デフォルト)

リンク[編集 | ソースを編集]