2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ソードインパルスガンダム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ZGMF-X56S/β ソードインパルスガンダム(Sword Impulse Gundam)[編集]

ザフト軍が開発した試作型モビルスーツインパルスガンダムに対MS格闘戦を想定した格闘戦用シルエット「ソードシルエット」を装着した形態で、対艦刀とブーメランを装備し、格闘戦を主とする。また、ビームライフルを装備する事で中距離戦闘も可能となっている。

本形態のみ、原型となったソードストライクガンダムと同様に『ソード』の名前が付いている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED DESTINY
パイロットはシン・アスカルナマリア・ホーク
アーモリーワンにて強奪されたカオスアビスガイアの奪還を試みるが、結局は取り逃がしてしまう。その後、オーブ沖での地球連合軍艦隊との戦闘で空母2隻を含む戦艦6隻を撃沈するという大戦果を挙げる。クレタ沖の戦闘でもオーブの派遣艦隊を壊滅させた。この時、シンは恩人であるトダカ一佐の乗る空母タケミカズチを撃沈しているが、彼がこの事に気づく事はなかった。
ルナマリアが乗った初陣のヘブンズベース攻防戦では出撃してきた5機のデストロイデスティニーレジェンドと共に撃墜。この戦闘以降のソードシルエットの使用は確認されていない。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ヴァリアブルフェイズシフト装甲
フェイズシフト装甲の改良型。装甲に掛ける電圧を調整できるようになっており、エネルギー消費の効率化を図っている。その影響で装甲の色が変化するようになった。本形態では被弾しやすく負荷の大きい近接戦闘を想定し、最も強度の高い赤色を中心としたカラーリングになる。
デュートリオンビーム送電システム
MSにデュートリオンビームを照射してワイヤレスでエネルギーを供給するシステム。これにより、(母艦が存在する限り)帰艦する事なく戦い続ける事が可能となった。
換装
シルエットを換装する。
分離
ソードシルエットを分離する。

武装・必殺攻撃[編集]

MMI-GAU25A 20mmCIWS
胸部に2門内蔵された機関砲。敵機への威嚇・牽制やミサイル迎撃、対人戦に用いられる。有効射界が限定されるという欠点がある。
M71-AAK フォールディングレイザー対装甲ナイフ
両腰部に収納されている折りたたみ式ナイフ。実体剣と振動波を併用し、エネルギーをほとんど消費しないうえ、ダガーLの胸部装甲を易々と貫くほどの威力がある。
MA-BAR72 高エネルギービームライフル
フリーダムやジャスティスに装備されたルプスの改良型。エネルギー消費効率が大幅に向上している。セイバーやカオス、ガイアのビームライフルも外観こそ違うが、基本設計は同一である。
RQM60 フラッシュエッジビームブーメラン
背部に2基装備されている武装。ジャスティスのバッセルを発展させたと思われる。マウントラッチごと取り外す事で、実体の刃を持つ1基のブーメランとしても使える。量子通信で送られるデータでコントロールする簡易型ドラグーンとして操作されている。原作ではウィンダムがよく餌食とされていた。
MMI-710 エクスカリバーレーザー対艦刀
ソードシルエットに装備された二振りのレーザー対艦刀。インパルスの全高ほどの長さがあるが片手で振り回すことができ、二刀流、連結してアンビデクストラス・フォームをとる、片方を他のモビルスーツに持たせるなど柔軟な対応ができる。射撃兵器では対応できない相手には効果は絶大。実体剣としても使える。なお、ビーム刃は最大出力時には刀身先端まで発生する。この武装でフリーダムを撃墜したことでも有名。
余談だが、第34話終了後になされた「エクスカリバーの切っ先にはビームが出力されないのでPS装甲のフリーダムを串刺しにはできない」といった突っ込みに対して、スペシャルエディション版では切っ先にビームを出力させ、小説版では串刺しではなく肩から袈裟懸けに斬りおろす、という対応の違いが見られる。
MMI-RG59V 機動防盾
対ビームコーティングが施された実体盾。上下左右にスライドして有効防御面の拡大と取り回しを両立させている。エクスカリバーを左手に持ったり、剣を振りつつビームブーメランを投げたりするので、邪魔にならないよう閉じた状態で使用することが多い。

対決・名場面[編集]

怒れる瞳
アーモリーワンで強奪された3機のモビルスーツ、カオスアビスガイアと、アレックスカガリの乗るザクウォーリア。その間を戦闘機が通り過ぎる。
三機の戦闘機「チェストフライヤー」「レッグフライヤー」「コアスプレンダー」そしてバックパック「ソードシルエット」がシンの手によって空中合体し、ソードインパルスとなって火の手の上がる大地に降り立つ。凄惨な光景に故郷オノゴロ島の姿を見たシンは叫ぶ
「また戦争がしたいのか、アンタ達は!」

関連機体[編集]

インパルスガンダム
背部に何も装着しない形態。
フォースインパルスガンダム
高機動戦闘用装備「フォースシルエット」を装着した形態。大気圏内でも自立飛行可能である。
ブラストインパルスガンダム
砲撃戦闘用装備「ブラストシルエット」を装着した形態。巨大なビーム砲を主武装とする。
デスティニーインパルスガンダム
フォース、ソード、ブラストの三種の武装を統合した形態。チェストフライヤーも専用のものを用意する。
デスティニーガンダム
デスティニーインパルスで起きた諸処の問題を解決するために新規建造された後継機。
ソードストライクガンダム
この機体の元となった「ストライクガンダム」の近接格闘戦型。
ミネルバ
専用運用艦。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]