2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ガイアガンダム

提供: ガンダムWiki
移動先: 案内検索

ZGMF-X88S ガイアガンダム(Gaia Gundam)[編集]

概要[編集]

ザフト軍が開発した、「セカンドステージシリーズ」の試作型モビルスーツインパルスガンダムなどと同様、「デュートリオンビーム送電システム」や「ヴァリアブルフェイズシフト装甲」を採用している。バクゥを参考にした4足獣型のMA形態に変形でき、陸戦における機動力は純人型のMSを遥かに凌駕する。MS形態は中近距離の高機動戦闘を得意とするスタンダードな機体である。しかし、大気圏内においては行動範囲がほぼ陸上のみに限定され、母艦やサブフライトシステムによるサポートが不可欠となる。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED DESTINY
主なパイロットはステラ・ルーシェ。当初はリーカ・シェダーがテストパイロットを務めていたが、その後、アーモリーワンでステラによって奪取された。その際の戦闘ではアーモリーワンの陸空を縦横無尽に駆け巡り、ザフトのMS部隊を相手に猛威を振るっていた。デブリ帯やユニウスセブンでの戦闘でも、AMBACを駆使して、宇宙空間でも高い機動力を誇っていた。地上に降下してからは、重力下での飛行や水中での運用が出来ない事から母艦や基地の守りに回されてあまり目立った活躍はしていない。ロドニアの戦闘では単独で出撃。インパルス、セイバーガンダムと交戦するも、機体は損傷。結局、ミネルバに奪還され、パイロットのステラも捕虜となる。その後、ザフトに移送途中で突如、行方知れずに。実はこの時、クライン派の手引きで密かにファクトリーへ運ばれ、エターナル搭載されていた
余談だが、クライン派が奪取した時の手口は明らかにされておらず、Gジェネポータブルでは『ある方法』としか書かれていない。
機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY
本機の運用テスト期間が描かれている。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ヴァリアブルフェイズシフト装甲
フェイズシフト装甲の改良型。装甲に掛ける電圧を調整できるようになっており、エネルギー消費の効率化を図っている。その影響で装甲の色が変化するようになった。
デュートリオンビーム送電システム
MSにデュートリオンビームを照射してワイヤレスでエネルギーを供給するシステム。これにより、(母艦が存在する限り)帰艦する事なく戦い続ける事が可能となった。
変形
MA形態に変形する。

武装・必殺攻撃[編集]

MMI-GAU25A 20mmCIWS
頭部に2門内蔵された機関砲。MA形態時は頭部が格納されるため、使用不可。
MA-BAR71XE 高エネルギービームライフル
中距離射撃用のビームライフル。スペック上はインパルスなどの物と変わらないが、外装や照準センサーは地上戦用に特化している。MA形態時は右肩に装着され、固定兵装として使う。
MA-M941 ヴァジュラビームサーベル
両腰部にマウントされる武装。これもインパルスなどの物と変わらない。MA形態時は使用不可。
MA-81R ビーム突撃砲
背部に2門装備されたビーム砲。MS、MA両形態で使用可能。カオスの機動兵装ポッドに装備されているビーム砲と同型。
MR-Q17X グリフォン2ビームブレイド
背部の姿勢制御ウイング前面に展開されるビームブレイド。バクゥのビームサーベルと同様、すれ違いざまに敵機を切り裂く事を目的としている。
MMI-GAU1717 12.5mmCIWS
MA形態時の頭部に4門装備されている機関砲。近接防御や装甲車などへの攻撃に使われる。
MMI-RS1 機動防盾
アンチビームコーティングが施されたシールド。MA形態時は腹部に装着され、下方からの攻撃を防御する。

対決・名場面[編集]

ルナマリア専用ガナーザクウォーリア
フォースインパルスガンダムセイバーガンダム

関連機体[編集]

バルトフェルド専用ガイアガンダム
カラーリングが赤色に変わっただけで、機体そのものは同一。
バクゥラゴゥ
MA形態時の参考にされた機体。
ワイルドダガー
地球連合軍がガイアのデータを基にして開発したコピー機。頭部がダガー系である以外は、オリジナルとほぼ同一。
インパルスガンダムセイバーガンダムカオスガンダムアビスガンダム
本機と同じ、セカンドステージシリーズに分類される機体。
デスティニーガンダムレジェンドガンダム
厳密には違うのだが、表向きはセカンドステージシリーズに分類されている。

商品情報[編集]

リンク[編集]