インパルスガンダム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
インパルスガンダム
外国語表記 Impulse Gundam
登場作品
デザイン 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用試作型モビルスーツ
型式番号 ZGMF-X56S
全高 17.76m
重量 63.54t
主動力 バッテリー
装甲材質 ヴァリアブルフェイズシフト装甲
開発組織 ザフト軍
所属組織 ザフト軍
所属部隊 ミネルバ
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

ユニウス条約において制定された軍縮規定の下で充分な戦力を保有する為にザフト軍が開発した次世代モビルスーツシリーズ「セカンドステージシリーズ」の1機。開発は連合ストライクガンダムやザフトのリジェネレイトガンダムテスタメントガンダムが基になっている。
インパルス本体の機体構造は従来のものとは大きく異なる分離構造で、上半身「チェストフライヤー」、下半身「レッグフライヤー」、コクピット「コアスプレンダー」の3つのパーツから成り立っている。さらに、MSとなった本体に換装式バックパックを装着して戦闘形態となる。
出撃時は他のMSと異なり、分離状態で発進して、その後で合体する。このような出撃方法を取る理由は「ユニウス条約で戦艦へのMS搭載数が限定されており、各フライヤー及びコアスプレンダー状態なら合体して1機のMSとしても使える3機の航空機と言う位置付けにする事でMSに数えられないで済むから」という、将来の量産化を考えて条約の抜け穴を突いたものだとされている。しかし、専用の運用艦であるミネルバ以外では分離状態では運用が出来ない為、ミネルバが使えなかった機体テスト中にナスカ級から出撃した際には合体した状態で出撃している。
チェストフライヤーとレッグフライヤーはミネルバに予備が準備されており、戦闘中に破損しても即座に換装する事ができる。そのことを活かして損傷した部位をパージし、ミネルバから射出してもらった新しいパーツに交換しながら戦う作戦なども劇中では使われている。
本機の換装式バックパックは「シルエットシステム」と呼ばれ、出撃の際にその時の任務や戦況に合わせて選択されたものを無人牽引機「シルエットフライヤー」の後部に接続して発進させる。その後、合体の際にシルエットフライヤーから切り離され、本体と合体する。

開発段階では同時期に開発されたカオス、ガイア、アビスの特性を持ったチェストフライヤーとレッグフライヤーも考えられておりインパルス1機で様々な局面に対応できるようにして最終的にはドラグーンシステムによりすべてのパーツをリンクして母艦に頼る事なくパーツの換装やエネルギー補給を行う事を可能にしてインパルス1機で局地制圧を可能とした究極の万能機として考えられていたが構想で終わり実現する事は無かった。

その余りにも現実性のない構想に、話を聞いたカイト・マディガンは「夢物語」と評している。

エネルギーの供給には、「デュートリオンビーム送電システム」が採用されている。これはユニウス条約によりNJCの軍事利用が出来なくなった為核動力を用いずにMSの活動時間を延長する事を目的としたシステムで、デュートリオンビームと呼ばれる粒子線ビームを機体の受信機に照射する事で、母艦に着艦せずにエネルギー補給を行う。これらの事から、インパルス自体がミネルバとの連携を前提に開発されているのが分かる。また、エネルギー供給の効率化を図った新型装甲システム「ヴァリアブルフェイズシフト装甲」が採用されている。

額には「X56S SEI」(SEI=イタリア語で数字の6)と刻印されている。これはインパルスを含むセカンドステージシリーズの型式番号が「X i j S(i は開発コンセプトナンバー、j は開発順序)」という形式で定められており、X56Sのインパルスは開発順序において6番目の機体だからである。
ちなみに、地球連合軍の開発したカラミティガンダムにも額に「SEI」が刻まれている。

上記の設定でも言及されているように、ストライクガンダムと外見は酷似しており、本機は正にザフト版ストライクと言うべき機体である。しかし様々な理由からストライクとは違い量産化はされていない。
リアルタイム換装システムや条約の抜け穴、デュートリオンビーム送電システムといった所にはそれなりに有用性があるため、前大戦から戦争再開までの期間がもっと長ければ、これらのシステムはより洗練されて最新鋭機に反映されていた可能性もある。

シルエットシステム[編集]

インパルスはストライクと同様の装備換装システムが取られており、性格の違うモビルスーツに変化できる。これらの装備は必要なエネルギーの量がそれぞれ異なっており、装着したシルエットによってヴァリアブルフェイズシフト装甲のカラーリングが異なる。これは、そのシルエット毎に装甲に掛ける電圧を調整し、エネルギー消費の更なる効率化を図っている為である。なお、ストライクのストライカーパックはバッテリーを内蔵していたため、換装するとエネルギーが回復したが、本機のシルエットはバッテリーを内蔵していないため、デュートリオンビームによる無線供給を受ける必要がある。

フォースインパルスガンダム
高機動バックパックを搭載し、大気圏内の空中戦にも対応した、汎用性の高い形態。色も外見もエールストライクに酷似。最も多用されたシルエットである。また、ビームサーベルも装備しており、格闘能力も向上させる。
ソードインパルスガンダム
対艦刀を装備し、格闘戦に対応した形態。機体色は白と赤。ビームライフルも装備できる為、中距離戦闘にも対応できる。
ブラストインパルスガンダム
火器を多数装備した、火力重視の形態。機体色は緑と白。対艦攻撃や火力支援に力を発揮する。
デスティニーインパルスガンダム
フォース、ソード、ブラスト全ての特性を併せ持つ形態。早い話がインパルス版I.W.S.P.である。後のデスティニーガンダムの基となった。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED DESTINY
主なパイロットは、シン・アスカルナマリア・ホーク。劇中でこの形態で戦闘を行ったのは地球連合軍ガルナハン基地のローエングリンゲート攻略作戦の時のみ。ローエングリン砲台を破壊するなどの戦果を挙げた。
機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY
カオスガンダムアビスガンダムガイアガンダムと共に運用試験や模擬戦などを行っていた。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ヴァリアブルフェイズシフト装甲
フェイズシフト装甲の改良型。装甲に掛ける電圧を調整できるようになっており、エネルギー消費の効率化を図っている。その影響で装甲の色が変化するようになった。
デュートリオンビーム送電システム
MSにデュートリオンビームを照射してワイヤレスでエネルギーを供給するシステム。これにより、(母艦が存在する限り)帰艦する事なく戦い続ける事が可能となった。
シルエットシステム
各種シルエットに換装可能。
分離
コアスプレンダーに分離する。

武装・必殺攻撃[編集]

MMI-GAU25A 20mmCIWS
胸部に2門内蔵された機関砲。敵機への威嚇・牽制やミサイル迎撃、対人戦に用いられる。有効射界が限定されるという欠点がある。
M71-AAK フォールディングレイザー対装甲ナイフ
両腰部に収納されている折りたたみ式ナイフ。実体剣と振動波を併用し、エネルギーをほとんど消費しないうえ、ダガーLの胸部装甲を易々と貫くほどの威力がある。
MA-BAR72 高エネルギービームライフル
フリーダムやジャスティスに装備されたルプスの改良型。エネルギー消費効率が大幅に向上している。セイバーやカオス、ガイアのビームライフルも外観こそ違うが、基本設計は同一である。
MMI-RG59V 機動防盾
対ビームコーティングが施された実体盾。上下左右にスライドして有効防御面の拡大と取り回しを両立させている。

対決・名場面[編集]

ローエングリンを討て
ガルナハン基地のローエングリン砲台は広範囲をカバーしており、また、駐留部隊の中には陽電子リフレクターを持つモビルアーマー「ゲルズゲー」もいたため、ザフト軍マハムール基地のラドル隊は攻めあぐねていた。
グラディス隊がラドル隊を支援するにあたって、地元レジスタンスの少女コニール・アルメタによってもたらされたデータを元に、シンのインパルスが分離状態で砲台のすぐそばに繋がる洞窟を抜け、ローエングリンを破壊するという作戦が実行されることとなる。
シンは見事洞窟を抜け、ビームライフルの弾切れにも動じることなく、向かってきたダガーLをフォールディングレイザーで刺し、そのダガーLを砲台の方に投げつけてCIWSを使って誘爆させる。
ガルナハン基地は火に包まれ、作戦は成功に終わった。

関連機体[編集]

フォースインパルスガンダム
高機動戦闘用装備「フォースシルエット」を装着した形態。大気圏内でも自立飛行可能である。
ソードインパルスガンダム
近接格闘戦用装備「ソードシルエット」を装着した形態。巨大な対艦刀を主武装とする。
ブラストインパルスガンダム
砲撃戦闘用装備「ブラストシルエット」を装着した形態。巨大なビーム砲を主武装とする。
デスティニーインパルスガンダム
フォース、ソード、ブラストの三種の武装を統合した形態。チェストフライヤーも専用のものを用意する。
デスティニーインパルスガンダムR
デスティニーインパルスの開発を引き継いだ民間企業が独自に発展させた形態。対艦刀はオミットされた。
カオスインパルスガンダム
カオスガンダムの特性を持つ宇宙戦用形態。
アビスインパルスガンダム
アビスガンダムの特性を持つ水中戦用形態。
ガイアインパルスガンダム
ガイアガンダムの特性を持つ陸戦用形態。
デスティニーガンダム
デスティニーインパルスで起きた諸処の問題を解決するために新規建造された後継機。
ストライクガンダム
背部ユニット換装によって機体特性を大幅に変化させる機体の元祖。
テスタメントガンダム
ザフト版ストライクガンダム。ストライカーパックを装備出来る。
リジェネレイトガンダム
基地、母艦以外でのパーツの分離合体を成功させた機体。コアスプレンダー、フライヤーシステムの元になる。
ザクスプレンダー
コアスプレンダー、フライヤーシステムの実験機。
ミネルバ
専用運用艦。
カオスガンダムアビスガンダムガイアガンダムセイバーガンダム
同じセカンドシリーズの兄弟機
フリーダムガンダムジャスティスガンダム
装備の一部を改良している。
忍パルスガンダム
ガンダムビルドファイターズ GMの逆襲』に登場する本機ベースのガンプラ。キットは「HGCE フォースインパルスガンダム」が使用されている。
インパルスガンダムアルクインパルスガンダムランシエ
ガンダムビルドダイバーズ』に登場する、本機をベースに作成されたガンプラ。

余談 [編集]

  • インパルスガンダムの名称は、過去に模型誌「月刊モデルグラフィックス (1989年4月号)」掲載のガンダム・センチネル読者コンテスト「オペレーション・スペリオル」のC部門に「MSZ-117 インパルス・ガンダム」という形で登場している。

商品情報[編集]

リンク[編集]