ザクスプレンダー

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search
ザクスプレンダー
外国語表記 Zaku Splendor
登場作品 SEED DESTINY MSV
デザイン 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型モビルスーツ
型式番号 ZGMF-X101S
主動力 バッテリー
装甲材質 不明
開発組織 ザフト軍
所属 ザフト軍
主なパイロット ザフト兵
テンプレートを表示

概要[編集]

ザフト軍が開発した試作型モビルスーツインパルスガンダムのコアスプレンダーの有効性を検証するために開発されている。

ザクウォーリアをベースに分離・合体機構を追加された機体となっており、上半身「チェストフライヤー」、下半身「レッグフライヤー」、コクピット「コアスプレンダー」の3つのパーツから成り立っている。胴体部には試作コアスプレンダーが搭載されているが、このコアスプレンダーはコアブロックに簡易的な翼が付いただけの見た目をしており、戦闘機と呼べる物ではなかった。チェストフライヤーとレッグフライヤーはザクウォーリアをベースにしているため空気抵抗を考えていない形状であり、十分な滞空時間を獲得できていない。また、本機はデュートリオンビーム送電システムの実験機でもあり、頭部に受信装置が備わっている。ウィザードシステムのコネクターは残っているが、本機の目的上装備することはないと思われる。

本機は2機製造され、1機は耐久試験の末大破、もう1機はアーモリーワンに保存されている。

登場作品と操縦者[編集]

SEED DESTINY MSV
出典元。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

デュートリオンビーム送電システム
MSにデュートリオンビームを照射してワイヤレスでエネルギーを供給するシステム。これにより、(母艦が存在する限り)帰艦する事なく戦い続ける事が可能となった。

武装・必殺攻撃[編集]

ハンドグレネード
MSサイズの手榴弾。腰部のハンドグレネード用パレットに左右2発ずつ、計4発装備されている。
対ビームシールド
両肩部に装備されている対ビームコーティングが施されているシールド。スパイクはオミットされており、翼が追加されている。
ビームトマホーク
シールド内に収納されているハンドアックス状のビーム兵器。投擲武器としても使用できる。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ザクウォーリア
原型機。シールドを両肩に装備している点はザクファントムに似る。
インパルスガンダム
本機のデータを利用して完成した機体。

商品情報[編集]

リンク[編集]