ブラストインパルスガンダム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブラストインパルスガンダム
外国語表記 Blast Impulse Gundam
登場作品 機動戦士ガンダムSEED DESTINY
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
正式名称 ブラストインパルス
分類 試作型モビルスーツ
生産形態 試作機
型式番号 ZGMF-X56S/γ
頭頂高 17.76m
全高 19.21m
本体重量 63.54t
全備重量 84.68t
主動力 バッテリー
装甲材質 ヴァリアブルフェイズシフト装甲
開発組織 ザフト軍
所属組織 ザフト軍
所属部隊 FAITH
母艦 ミネルバ
主なパイロット シン・アスカルナマリア・ホーク
テンプレートを表示

概要 [編集 | ソースを編集]

ザフト軍が開発した試作型モビルスーツインパルスガンダムに対艦攻撃や火力支援を想定した火力強化用シルエット「ブラストシルエット」を装着した形態。

大出力ビーム砲やレールガン、ミサイルランチャーなど多種多様の火器を搭載している。そのため、単純な火力と射程距離は全シルエット中、最強といえる。また、追加スラスターやビームジャベリンなどを装備し、中距離以下の戦闘も考慮されている。大気圏内ではホバーで移動する。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

機動戦士ガンダムSEED DESTINY
初出作品。パイロットはシン・アスカルナマリア・ホーク。PHASE 04のガーティ・ルーの追撃戦で初使用されたが、敵部隊の奇策にはまって苦戦していた。次に使用されたのはクレタ島沖での戦闘で、ここでは当時でも圧倒的な戦闘能力を持つフリーダムの攻撃を回避し、アビスを撃墜するという戦果を挙げた。
最後に使われたのはダイダロス攻防戦で、デスティニーレジェンドミネルバの陽動によってルナマリアの搭乗した本機がダイダロス基地内部に潜入成功、レクイエムのコントロール区画を破壊して発射を阻止している。

装備・機能[編集 | ソースを編集]

特殊機能[編集 | ソースを編集]

ヴァリアブルフェイズシフト装甲
フェイズシフト装甲の改良型。装甲に掛ける電圧を調整できるようになっており、エネルギー消費の効率化を図っている。その影響で装甲の色が変化するようになった。本形態では大量のエネルギーを消費する砲撃戦闘を想定し、最もエネルギー消費の低い黒色を中心としたカラーリングとなっている。
よく「緑色中心のカラーリング」と誤解されやすいが、緑色部分は本体には少なく、ブラストシルエットが緑色中心なだけである。
デュートリオンビーム送電システム
MSにデュートリオンビームを照射してワイヤレスでエネルギーを供給するシステム。これにより、(母艦が存在する限り)帰艦する事なく戦い続ける事が可能となった。
換装
シルエットを換装する。
分離
ブラストシルエットを分離する。

武装・必殺攻撃[編集 | ソースを編集]

インパルスガンダム本体側 [編集 | ソースを編集]

MMI-GAU25A 20mmCIWS
胸部に2門内蔵された機関砲。敵機への威嚇・牽制やミサイル迎撃、対人戦に用いられる。胸部に内蔵されている為、有効射界が限定されるという欠点がある。
M71-AAK フォールディングレイザー対装甲ナイフ
両腰部に収納されている折りたたみ式ナイフ。実体剣と振動波を併用し、エネルギーをほとんど消費しないうえ、ダガーLの胸部装甲を易々と貫くほどの威力がある。
MA-BAR72 高エネルギービームライフル
フリーダムやジャスティスに装備されたルプスの改良型。エネルギー消費効率が大幅に向上している。セイバーやカオス、ガイアのビームライフルも外観こそ違うが、基本設計は同一である。
MMI-RG59V 機動防盾
対ビームコーティングが施された実体盾。上下左右にスライドして有効防御面の拡大と取り回しを両立させている。左側のケルベロスのトリガーは左手で引き、ビームジャベリンは両手で持つので、邪魔にならないよう閉じた状態で使用している。

ブラストシルエット側 [編集 | ソースを編集]

M2000F ケルベロス高エネルギー長射程ビーム砲
ブラストシルエットに2門装備された、本機最大火力の対艦・対要塞用の大出力ビーム砲。大型のスペースデブリすら真っ二つに割るほどの凄まじい威力がある。ガナーウィザードのケルベロスの後継型と思われる。
MMI-M16XE2 デリュージー超高初速レール砲
ブラストシルエット上部に装備された2門のレールガン。使用時は肩越しに展開する。
GMF39 四連装ミサイルランチャー
ケルベロスの後部に内蔵されている4連装ミサイルランチャー。ケルベロスと同じく2基装備されている。ケルベロスとの同時使用は不可。
AGM141 ファイヤーフライ誘導ミサイル
四連装ミサイルランチャーに装填されているミサイル。
MA-M80 デファイアントビームジャベリン
ケルベロスの砲身内に収納されている、長柄のビームサーベル系武装。積極的な接近戦というより、敵機との間合いを取るための装備。これにより元となったランチャーストライクの欠点を補っている。また、手元から離れてもビーム刃を維持する事が可能となっており、投擲武器としても使用が可能で劇中ではクレタ沖の戦闘で投擲し、アビスを貫いて撃破した。

対決・名場面[編集 | ソースを編集]

鎮魂歌流れず
『DESTINY』PHASE 45より。レクイエムの発射によって4つのコロニーを失ったプラントは、月軌道艦隊を第一次中継点「フォーレ」に向かわせ地球連合軍を誘き出す。それと同時にミネルバに「単独でダイダロス基地を攻略せよ」という陽動作戦の特命を出した。
しかし、それすらも囮。デスティニー、レジェンドの二機で守備隊の相手をする間にルナマリアの搭乗したブラストインパルスがレクイエム内部に潜入して発射を阻止する、という二つ目の陽動こそミネルバが指示された本当の作戦だったのだ。
途中までは順調、だが潜入寸前でインパルスが守備隊に気付かれ攻撃を受けた。ルナの危機に居ても立っても居られないシンはデスティニーを駆り援護に駆けつける。
「行け!試掘坑はもうすぐそこだ!ルナは絶対に討たせやしない!」
危機に瀕する故郷の、そして愛する者の希望を背負って試掘坑へ飛び込んだルナマリアが、コントロール区画に向けてトリガーを引く。

関連機体[編集 | ソースを編集]

インパルスガンダム
シルエット未装着形態。
フォースインパルスガンダム
高機動戦闘用装備「フォースシルエット」を装着した形態。大気圏内でも自立飛行可能である。
ソードインパルスガンダム
近接格闘戦用装備「ソードシルエット」を装着した形態。巨大な対艦刀を主武装とする。
デスティニーインパルスガンダム
フォース、ソード、ブラストの三種の武装を統合した形態。チェストフライヤーも専用のものを用意する。
デスティニーガンダム
デスティニーインパルスで起きた諸処の問題を解決するために新規建造された後継機。
ランチャーストライクガンダム
この機体の元となった「ストライクガンダム」の砲撃戦闘型。
ミネルバ
専用運用艦。

余談 [編集 | ソースを編集]

  • 本編放映中に登場した三形態の内、本形態のプラモデルは長らく1/144コレクションシリーズのみしか発売されていないという扱いの悪さだった。近年では限定商品ながら1/144HGCEシリーズと1/100MGシリーズでも発売されており、以前ほどの扱いの悪さではなくなっている。

商品情報[編集 | ソースを編集]

リンク[編集 | ソースを編集]