ミネルバ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミネルバ
外国語表記 Minerva
登場作品 機動戦士ガンダムSEED DESTINY
デザイナー 山根公利
テンプレートを表示
スペック
分類 惑星強襲揚陸艦
艦級 ミネルバ級1番艦
艦籍番号 LHM-BB01
全長 約350m
搭載可能MS 4機以上
カタパルト数 3基 (MS用2+インパルス用1)
開発組織 ザフト軍
所属 ザフト軍
主な艦長 タリア・グラディス
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

ユニウス条約締結後にザフト軍が建造した強襲揚陸艦。艦名の「ミネルバ」は「ローマ神話」に登場する女神の名に由来する。

第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦で生き残ったアークエンジェル級を参考に建造されており、従来のザフト艦船とは異なる設計が取り入れられた試験艦の側面を持った艦となっている。大気圏突入能力を備える他、可動式の大型翼により、宇宙・地上・水上を問わず優れた航行能力を発揮する。底部に搭載された推力装置により垂直離着陸も可能で、オプションブースターを装着することでマスドライバーを使用せずに大気圏離脱することも可能。また、ナスカ級エターナルといった高速艦艇の流れも汲んでおり、優れた機動性を有している。

内部構造も従来の艦艇よりさらなる効率化やオートメーション化が進められており、少人数での運用を実現している。ブリッジは外部を視認できる展望ブリッジと厚い装甲に包まれた装甲ブリッジの2層の可変昇降式戦闘ブリッジとなっており、戦闘時にはCICと一体にすることで、ブリッジの保護と戦闘時における指示をスムーズに伝えることが可能となっている。また、長期間の航行に備えて医務室やレクリエーションルーム等を備えており、艦内設備も充実している。

特徴としてセカンドステージシリーズに分類されるモビルスーツの運用を前提に設計されており、母艦に帰投せずともエネルギーを供給できる「デュートリオンビーム送電システム」が実装されている。特に分離・合体機構を持つインパルス用にシルエットシステム専用のリニアカタパルトがブリッジ下部に設けられているのも特徴である。

MS運用母艦としての性格が強い艦であるが、タンホイザーを初めとして並の戦闘艦を凌駕する武装が与えられている。数多くの火器が装備されたことで対艦・対空防御共に高い戦闘力が持たされている他、大半の武装が収納式を採用したことで耐弾性も考慮されており、戦闘艦としても優れた性能となっている。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

機動戦士ガンダムSEED DESTINY
艦長はタリア・グラディス。セカンドステージシリーズの母艦として当初は月起動に配備される予定であったが、アーモリーワン襲撃や直後のユニウスセブン落下によって発生したユニウス戦役において、インパルスと共にザフト軍のフラッグシップとして各地を転戦する事になる。

装備・機能[編集 | ソースを編集]

特殊機能[編集 | ソースを編集]

デュートリオンビーム送電システム
MSにデュートリオンビームを照射してワイヤレスでエネルギーを供給するシステム。ブリッジの両脇に設置された送電装置からビームを照射し、戦場でのエネルギー供給を可能としている。
オプションブースター
大気圏離脱用のオプションブースター。2段式のブースターで、1段目は大気圏離脱後に切り離され、2段目は戦闘直前まで使用可能であった。

武装・必殺攻撃[編集 | ソースを編集]

2連装高エネルギー収束火線砲 XM47「トリスタン」
2連装式の主砲。艦尾両舷の上面に搭載されており、大気圏突入時などでは砲身をカバー内に収納する。右舷が1番砲で、左舷が2番砲。
42cm通常火薬3連装副砲 M10「イゾルデ」
3連装式の副砲。艦中央上面に搭載されており、この時代では珍しい火薬式。使用時は砲塔がせり上がり、砲身が伸長する。通常弾以外にも、ジャミング弾を発射できる。
ミサイル発射管
艦の両舷に多数設置されている4連装ミサイル発射管。宇宙用ミサイル「ナイトハルト」、迎撃用ミサイル「ディスパール」、地上用ミサイル「パルジファル」などを発射する。
魚雷発射管
艦艇中央部に4門備わっている魚雷発射管。魚雷「ウォルフラムM25」を発射する。水上艦艇としても運用できる本艦特有の兵装だが、使用されたことはない。ちなみに、オーブ侵攻戦において、アークエンジェルが水中潜行した際に、タリアが「潜られたら、こちらに攻撃オプションはない」という矛盾した発言をするシーンがある。但し、上陸作戦だったので魚雷を搭載していなかった可能性がある。
アークエンジェルと同じ宇宙戦艦であるが、そもそもの配備予定先が月軌道とされていたこともあり、例え水中のMSに攻撃されてもいざとなれば離水も可能なので、魚雷は装備可能でもあまり重要視されていなかったのかもしれない。
アンチビーム爆雷
艦体各所の発射管から射出可能な対ビーム用爆雷。
40mmCIWS
艦体各所に計12基装備されている近接防御機関砲。敵機やミサイル迎撃に威力を発揮する。
陽電子破砕砲 QZX-1「タンホイザー」
艦首中央に実装されている陽電子破砕砲。本艦最強の武装である。発砲時はハッチを開き、砲身が前方にせり出して発射態勢に入る。フリーダムに壊されたりアカツキに防がれたりといまいちいい所が無い。

艦内設備[編集 | ソースを編集]

艦長室
艦長専用の部屋。その場で指揮を執る事態に備え、スペースが広い。
士官室
士官専用の居室。2人1組で使用された。
医務室
負傷した乗組員の手当てや体調管理を行う医療施設。
レクリエーションルーム
乗組員の団欒の場。自動販売機やルームランナーなどを備える。

搭乗員[編集 | ソースを編集]

タリア・グラディス
艦長。
アーサー・トライン
副長。
メイリン・ホーク
管制官。後にアスランと共に脱走した。
アビー・ウィンザー
メイリンに代わり配属された管制官。
チェン・ジェン・イー
火器管制手。
バート・ハイム
索敵手。
マリク・ヤードバーズ
操舵手。
マッド・エイブス
メカニックリーダー。
ヴィーノ・デュプレ / ヨウラン・ケント
メカニック。
シン・アスカ / レイ・ザ・バレル / ルナマリア・ホーク
ショーン / デイル
MSパイロット。
アスラン・ザラ
セイバーと共に配属されたMSパイロット。当初はカガリの護衛として乗艦したが、復隊し正式に配属された。後にメイリンと共に脱走した。
ハイネ・ヴェステンフルス
後に配属されたFAITHのMSパイロット。
ギルバート・デュランダル
プラント最高評議会議長。ユニウスセブン破砕時にボルテールに移乗した。
カガリ・ユラ・アスハ
アスランと共に本艦に避難した。後にオーブ本国に送り届けられ退艦した。

艦載機[編集 | ソースを編集]

対決・名場面[編集 | ソースを編集]

ガーティ・ルー
アークエンジェル

関連艦[編集 | ソースを編集]

アークエンジェル
この艦から多大な影響を受けている。

商品情報[編集 | ソースを編集]

プラモデル[編集 | ソースを編集]

リンク[編集 | ソースを編集]