アーサー・トライン

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
アーサー・トライン
外国語表記 Arthur Trine
登場作品 機動戦士ガンダムSEED DESTINY
声優 高橋広樹
デザイナー 平井久司
テンプレートを表示
プロフィール
種族 人間 (コーディネイター)
性別
生年月日 C.E.1月4日
星座 山羊座
年齢 26歳
身長 172cm
体重 63kg
髪色 オリーブ
瞳の色 茶色
血液型 B型
職業 ミネルバ副長
所属 ザフト軍
階級 黒服
主な搭乗機 ミネルバ
テンプレートを表示

概要 [編集]

ザフトの最新鋭艦「ミネルバ」の副長。対人関係が苦手で思った事をすぐ口に出してしまう人物であり、すぐに驚き慌てるなどの頼りなさげな描写が目立つ。

ミネルバのブリッジでは射撃管制や操舵へ間接的に指示を出す事が多い。ただ、軍人としての経験は浅く、立案した作戦も内容に乏しい事から艦長のタリア・グラディスに即断で却下される場面が多い。また、艦長の様子を気にかけたり、煽てあげられるとすぐ調子に乗るといった性格面でも軍人としてまだまだ若いと言わざるを得ない。

これは、前作『機動戦士ガンダムSEED』では、情に流されやすく重要なときに冷徹な決断ができない艦長のマリュー・ラミアスと、有能なやり手だが厳しい副官ナタル・バジルールの関係の対比となっている。作中ではしっかり者であるタリアが終始リードする場面が殆どだったものの、なんだかんだで互いにバランスは取れており、最終的にはタリアからミネルバを託されるにまで至っている。

登場作品[編集]

機動戦士ガンダムSEED DESTINY
初登場作品。

人間関係[編集]

ザフト軍[編集]

タリア・グラディス
上司。

名台詞[編集]

「えええぇー!?」
「艦長ぉー!!」
ともにただ驚いているだけだが、アーサーを象徴している台詞である。この2つがアーサーの半分か、それ以上を形成していると言っても過言ではない。
「でもやっぱいいよね。生きて、また会えるって。本当にさ、それが一番だよね。」
HDリマスターのドラマCDにて戦後プラントでアスランと再会し、軽く会話をした後の一言。元戦友とはいえ、自分の部下を人質に取って脱走、最終戦では自分たちの艦を鎮める要因になった相手にこの一言を言える彼のヒトの良さが伝わってくる。

搭乗機体・関連機体[編集]

ミネルバ
座乗艦。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]