メイリン・ホーク

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search

メイリン・ホーク(Meyrin Hawke)[編集]

戦艦ミネルバのブリッジクルーで、管制官。冷静な判断で計算能力に優れたオペレーター。 姉はルナマリア・ホーク。姉共々上官のアスラン・ザラに好意を持っている。 士官学校出身ということもあってか高い能力を保持しているが、勤務中でもルナマリアを「お姉ちゃん」と呼んでしまうなど結構なお姉ちゃんっ子である。

ジブラルタル基地でアスランが追われると、大胆な行為で気を引かせ、彼の脱出の手助けをした。脱出後はアークエンジェルで怪我の療養をし、後にエターナルのクルーとして参加した。最終決戦時に姉のルナマリアの説得をし、戦後はアスランの傍らにいた。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダムSEED DESTINY

人間関係[編集]

ルナマリア・ホーク
実姉。姉とはドラマ展開はされなかったが、姉妹愛で繋がっている。
アスラン・ザラ
彼に好意を持っており、なかなかアプローチできなかった。彼がザフトを脱走する際には全力で逃がし、多少成り行きまかせな部分はあるもののアスランから離艦を勧められても自ら行動を共にして、アスランの横を占拠している。
とはいえ、アスランとカガリの仲も知っているために遠慮しており、敢えて公的パートナーに留まっている。
シン・アスカ
レイ・ザ・バレル
タリア・グラディス
アーサー・トライン
ラクス・クライン

名台詞[編集]

「殺されるくらいなら、行った方がいいです…!!」
アスランがザフトを脱走する際に、彼を格納庫に連れて行った時の台詞。だが、レイの介入により、結局は自分もザフトを離れる事に。

「お姉ちゃん…何で戦うの?何で戦うのよ!?」

「どのラクス様が本物か、何で分かんないの!?」
ルナマリアのインパルスがエターナルを襲った時の台詞。

搭乗機体・関連機体[編集]

ミネルバ
エターナル
グフイグナイテッド
アークエンジェル

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]