ラクス・クライン

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search

ラクス・クライン(Lacus Clyne)[編集]

プラント最高評議会議長シーゲル・クラインの一人娘で、プラントではアイドル歌手として絶大な人気を集めている。 常に聖女然とした態度で、老若男女問わず信頼される人柄ではあるが、その虫も殺さぬ容姿とは反対に、ザフト軍最新鋭モビルスーツ、フリーダムガンダムを自由に持ち出せる状態にあったり、政治的な根回しなど非常にしたたかである。一方で、父の死を知りながらも仲間の前では毅然としていたがキラに対しては涙を見せるなど年相応の一面も持っている。

「力なき正義に意味はない」とし、武力としての力を行使することに躊躇がない。一方で掲げられる目標(プロパガンダと言い換えてもよい)の必要性も理解しており、極めて優れた政治家としての側面もある。パートナーであるキラ・ヤマトは「なるべく戦いたくない、なるべく犠牲を増やしたくない」という理想主義的な優しさ(言い換えれば甘さ)を持っており、それを可能な限り実現させようとするため、武力としてのモビルスーツを選ぶという極めて現実的な選択を行っている。
理想と現実を当たり前のように受けいれ、本音の建前の使い分けができるという度量の広さは、さすがはシーゲル・クラインの愛娘といったところ。一方、そうした胆力と、天使のような姿とのギャップがあまりにも大きすぎるため、時には「腹黒い」と評されてしまうこともあるが、目的達成のために現実的な手段を講じているだけである。

機動戦士ガンダムSEEDでは、最高評議会議長のシーゲル・クラインの娘ということもあり、プラントの住民に対しザフト軍の広告塔として扱われていた。現役の大人気アイドルとしてその効果は絶大であった。ユニウスセブンの追悼式典へ出席するための移動中、地球連合軍とザフト軍との戦闘に巻き込まれ、脱出用ポッドで避難しているところをアークエンジェルに回収される。その社会的な知名度、政治的な立場を利用されるなど、あまりいい扱いをされていなかった。プラントに戻ってからも彼女自身の意思とは関係なく、周囲の思惑で道具として見られていた。しかし、地球とプラントの対立が表面化し、戦闘状態に入るとキラ・ヤマトにはフリーダムガンダムを、アスラン・ザラにはジャスティスガンダムを与え、自らは地球とプラントの戦争を止めるべくエターナルに乗り込み、ヤキン・ドゥーエへと赴いた。

SEED DESTINYでは地球で孤児院を運営するキラに寄り添うように暮らしていたが、再び地球とプラントとの対立が表面化したことで、葛藤しつつもフリーダムの封印を解き、戦場へ赴くキラを見送る。 シン・アスカのインパルスに破れたキラに最新鋭機ストライクフリーダムガンダムを手配し、自らもエターナルに乗り込み、最終決戦へと挑む。 物語終盤ではSEED能力の片鱗を見せるなど、戦闘に関しても極めて高い適正があることを伺わせた。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダムSEED
アークエンジェルに救助され、一時は人質として使われるものの、キラの善意による命令無視でザフトに返還される。その後、マルキオ導師が運んできたキラを介抱し、再び戦場に戻る決意を固めた彼にフリーダム奪取の手引きをする。
それが原因で自身も命を狙われた事から、戦艦エターナルに乗り込み、連合から離反したアークエンジェル、オーブのクサナギと合流。第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦にも参戦している。
機動戦士ガンダムSEED ASTRAY R
シルバーウィンドが地球軍の攻撃を受けた際、ロウ・ギュールによって助けられている。
機動戦士ガンダムSEED DESTINY
前大戦終結後、キラやマリュー、バルトフェルドらと共にオーブでひっそりと暮らしていた。が、ヨップ・フォン・アラファス率いるコーディネイターの暗殺部隊に襲われた事がきっかけとなり、密かに整備していたアークエンジェルとフリーダムでオーブを離れる。
ダーダネルス海峡での戦闘に介入した後、宇宙へ上がってエターナルと合流。ストライクフリーダムガンダムを始めとする新型機の調整を進めつつ、ギルバート・デュランダルの真意を探っていた。
その後、一度ザフト軍に発見されて窮地に陥るも駆けつけたキラとストライクフリーダムの活躍で事なきを得る。オペレーション・フューリーの際にインフィニットジャスティスガンダムで地球へ降下。デュランダルのミーア・キャンベルを使った演説の際に姿を現して「自分はデュランダルを支持していない」と表明した。
デスティニー・プラン発表後はオーブへのレクイエム発射を阻止する為に戦った。戦後、プラントに帰還している。

人間関係[編集]

シーゲル・クライン
父。
キラ・ヤマト
婚約者の親友。後に恋人となる。
アスラン・ザラ
婚約者。フリーダム強奪の手引きをした際に婚約は解消される。
カガリ・ユラ・アスハ
友人。同い年であり、姫と称される立場である事から砕けた姿勢で話せる間柄。DESTINYでは互いの立場で世界のために奔走する。
マリュー・ラミアス
ムウ・ラ・フラガネオ・ロアノーク
アンドリュー・バルトフェルド
マーチン・ダコスタ
ロウ・ギュール
ミーア・キャンベル

名台詞[編集]

「あなたが優しいのは、あなただからでしょう?」

搭乗機体・関連機体[編集]

エターナル
座乗艦。
アークエンジェル
ユニウスセブンで救助された際、しばらく乗艦している。
C.E.73年時にはクルーとして乗艦していた。
エールストライクガンダム
イージスガンダム
キラとザフト軍との身柄の引き渡しの際に搭乗。
フリーダムガンダム
キラが奪取する際、その手引きをしている。
インフィニットジャスティスガンダム
ザフトのオーブ侵攻の際に地上に降りる為に登場。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]