2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

マリュー・ラミアス

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

マリュー・ラミアス(Murrue Ramius)[編集]


アークエンジェルの艦長。 ヘリオポリス襲撃のゴタゴタの中で技術士官にも関わらず艦長代行となったため、戦略などはムウとナタルに頼る場面も多かった。反面、その人情に厚い人格からアークエンジェルクルーの精神的支柱になっていることは事実。

元はヘブンアイランド技術研究所でPS装甲の開発に携わっており、アークエンジェルの副長として乗艦する予定であったが艦長が戦死した為、最上階級だった事と同じ階級で選任だったムウがパイロットで尚且つアークエンジェルに詳しくはないと言う事もあり艦長に就任する事になる。

ムウとは当初から気安い関係を築いていが、ムウがモビルアーマー乗りという理由で恋中にはなかなか発展しなかった(過去にモビルアーマー乗りの彼氏がいたが、戦死してしまったためトラウマになっている)。だが連合を離反してオーブに身を寄せている時に遂にムウと恋中になる。

また、かなりの巨乳であり、戦闘時にアークエンジェルの被弾時の衝撃で揺れるシーンが多数あった。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダムSEED
アークエンジェル艦長。
機動戦士ガンダムSEED DESTINY
当初は「マリア・ヴェルネス」の偽名を名乗っており、モルゲンレーテ社の造船課Bで働いていた。

人間関係[編集]

ムウ・ラ・フラガ/ネオ・ロアノーク
メビウス・ゼロのパイロット。後に恋人同士になるも、第2次ヤキン・ドゥーエ防衛戦で行方不明となった。しかし2年後、ネオ・ロアノークとしての記憶を持った彼と再会する。
ナタル・バジルール
キラ・ヤマト
ヘリオポリス襲撃の際、ストライクを託したコーディネイターの少年。成り行きで知り合った仲であったが、その後はヤキン・ドゥーエ戦役を通して事実上の「戦友」となる。
アーノルド・ノイマン
ダリダ・ローラハ・チャンドラII世
ジャッキー・トノムラ
ロメロ・パル
コジロー・マードック
ミリアリア・ハウ
ヘリオポリス襲撃時に知り合ったキラの友人の1人。ヤキン・ドゥーエ戦役時はキラ、サイと共に終戦までアークエンジェルに残っており、2年後にディオキアで再び彼女を迎え入れる事になる。
サイ・アーガイル
トール・ケーニヒ
カズイ・バスカーク
アンドリュー・バルトフェルド
かつて敵として戦った「砂漠の虎」。ヤキン・ドゥーエ戦役終盤にはアークエンジェル、クサナギと共闘しており、戦後はオーブで共に暮らしていた。
ラクス・クライン
アスラン・ザラ
カガリ・ユラ・アスハ
レドニル・キサカ
ハマナ
ブライアン
タリア・グラディス

名台詞[編集]

搭乗機体・関連機体[編集]

アークエンジェル
乗艦。
ストライクガンダム
奪取されないよう自ら乗り込むが、彼女がナチュラルであり、またOSの調整等が不十分という事もあってか動かすだけでもかなり苦労していた。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]