モルゲンレーテ社

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

モルゲンレーテ社(Morghen Lethe Company)[編集]

モルゲンレーテ社は、オーブ連合首長国に所在する国営軍需企業。モルゲンレーテはドイツ語で「朝焼け」、「暁」の意。

規模
オーブ軍の兵器(少なくともモビルスーツと宇宙用艦船)の開発・製造を一手に担っており、軍需企業としては作中屈指の規模。
知名度
上記の理由によりそれなりにある。少なくとも軍関係者にとっては常識レベルだろう。

概要[編集]

オーブ連合首長国のオノゴロ島に本社と工場施設を置き、兵器などの開発、製造を行っている国営企業。関連会社として航空機開発を主に行うモルゲンレーテ・エアロテック社があるほか、連合諸国にも国外支社を設けている。
複数の軍需企業が設定されている地球連合軍ザフト軍とは異なり、オーブ全軍のモビルスーツやアークエンジェルなどの艦船の開発・製造を独占的に担っている。加えて国営企業であるためオーブの政府との繋がりも強く、多くのコーディネイター技術者による高い技術力・生産力も相まって政治的な思惑にも巻き込まれやすい。

オーブの五大家の中でもとりわけ軍事に関わりのあるサハク家とのつながりが強く、サハク家の独断で大西洋連邦との初期GAT-Xシリーズの開発にあたっているほか、その際に得た技術を盗用してガンダムアストレイシリーズを開発している(当然大西洋連邦には内密で、バレれば確実に外交問題に発展する明確な契約違反である)。さらにキラ・ヤマト叢雲劾の協力でナチュラル用OSを完成させたことで量産モデルであるM1アストレイを開発・量産している。また、クサナギなどのイズモ級やGシリーズの母艦となるアークエンジェルなどの宇宙用艦艇も開発している。

しかし、Gシリーズの一件で高い技術力を地球連合側に見せたことが仇となり、ムルタ・アズラエルブルーコスモスの思惑もあって地球連合からマスドライバーと並んで会社施設の引き渡しを要求されてしまう。ウズミ・ナラ・アスハがこの要求を拒否したことでCE71年6月16日にオーブ解放作戦が発生、地球連合の手に落ちることを防ぐためオノゴロ島の本社・工場施設は自爆・消滅した。このとき、戦火から逃れるために多くの技術者(特にコーディネイター)がアメノミハシラプラントに逃れている。

しかし、2年後に当たる機動戦士ガンダムSEED DESTINYの時代では技術者の復帰もあって完全に復興。それどころかM1アストレイの増産・シュライクユニットムラサメの開発・量産にも成功し、政治姿勢の変化に伴って攻性能力も求められるようになったオーブ軍の再建・強化に貢献しているなど、驚異的な工業力を発揮した。一方でアークエンジェルクルーを偽名で社員として迎え、大破したフリーダム、アークエンジェルの修理を行うなど首長となったカガリ・ユラ・アスハの意向に沿って旧三隻同盟にも便宜を図っている。

登場作品[編集]

機動戦士ガンダムSEED
ストライクガンダムをはじめとするGAT-Xシリーズやアークエンジェルを共同開発したオーブの国営企業として登場。アークエンジェルがオーブに滞在する場面で登場するほか、オーブ侵攻の際には攻撃目標としてあげられる。
機動戦士ガンダムSEED DESTINY
2年の歳月を経て復興・成長し、オーブ軍に対して大量のモビルスーツを製造・納入しているが、直接の登場シーンは少ない。

構成員[編集]

エリカ・シモンズ
技術主任。機動戦士ガンダムSEED ASTRAYでは出番が増えている。

開発・製造機体[編集]

独自開発[編集]

ガンダムアストレイ
ガンダムアストレイ レッドフレーム
ガンダムアストレイ ゴールドフレーム
ガンダムアストレイ ブルーフレーム
ガンダムアストレイ グリーンフレーム
ガンダムアストレイ ミラージュフレーム
M1アストレイ
M1Aアストレイ
M1アストレイ (シュライク装備)
ムラサメ
オオツキガタ
ストライクルージュ
オオワシアカツキ
シラヌイアカツキ

共同開発[編集]

GAT-Xシリーズ
ストライクガンダム
イージスガンダム
デュエルガンダム
バスターガンダム
ブリッツガンダム
スカイグラスパー
グループ企業「モルゲンレーテ・エアロテック社」が地球連合側企業とともに開発。

開発艦船[編集]

イズモ級
クサナギ
アークエンジェル
大西洋連邦と共同開発。

関連地名[編集]

オノゴロ島
本社と研究・製造拠点がある拠点。
ヘリオポリス
Gシリーズの開発拠点。
アメノミハシラ
大規模軍事施設を持つ宇宙ステーション。M1Aアストレイの製造もおこなっているため関係がある可能性がある。

関連組織[編集]

オーブ連合首長国
大西洋連邦

リンク[編集]