2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ガンダムアストレイ ミラージュフレーム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

MBF-P05LM ガンダムアストレイ ミラージュフレーム(Gundam Astray Mirage Frame)[編集]

オーブ連合首長国がヘリオポリスで秘密裏に開発していたASTRAYシリーズの1機。当初はパーツのままヘリオポリスの崩壊に巻き込まれたが、ライブラリアンがパーツを発見し組み上げられた。装甲と外部フレームがヴァリアブルフェイズシフト装甲に変更されており、格闘戦に特化した改造が施されている。

形式番号の「LM」はライブラリアン・ミラージュの略である。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY
パイロットはカーボンヒューマンとして再生したロンド・ギナ・サハク

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ヴァリアブルフェイズシフト装甲
フェイズシフト装甲の改良型。装甲に流す電流の量を調整する事でエネルギーの効率的な配分を可能としており、稼働時間の延長等が可能となった。また、この影響で一部の機体は装備の換装等によってカラーリングが異なる事がある。
ミラージュコロイド
可視光線を歪め、レーダー波を吸収するガス状物質。これを磁気で機体周囲に纏うことにより、視覚的および電波的にも自機の存在を隠匿する事が可能。さらに本機は、外観を偽装することも可能である。
変形
グラディエーターモードに変形する。

武装・必殺攻撃[編集]

75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」
頭部に2門内蔵されている。主に牽制に用いられる。
ビームライフル
プロトタイプアストレイシリーズ専用のもの。グラディエーターモードでは使用できない。
ビームサーベル
バックパックに2基装備している。
対ビームシールド
GAT-Xシリーズに使用されている物と同一デザインの盾。グラディエーターモードでは使用できない。
天羽々斬(アメノハバキリ)
日本刀型の実体剣。ヴァリアブルフェイズシフト装甲製で刀の硬度に応じて色が変化する。
Aソード(アンクレットソード)
両脚に装備された爪のような実体剣。
Bソード(ブレスレットソード)
両腕に装備された長身の実体剣。先端にビーム砲が内蔵されている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムアストレイ ミラージュフレーム セカンドイシュー
超至近距離の格闘戦に特化した姿。
ガンダムアストレイ ミラージュフレーム サードイシュー
セカンドイシューにミラージュコロイドアンテナとAソード、Bソードを組み込んだ姿。
ガンダムアストレイ ゴールドフレーム
プロトアストレイ1号機。
ガンダムアストレイ レッドフレーム
プロトアストレイ2号機。
ガンダムアストレイ ブルーフレーム
プロトアストレイ3号機。
ガンダムアストレイ グリーンフレーム
プロトアストレイ4号機。

商品情報[編集]

リンク[編集]