ゲイルストライクガンダム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゲイルストライクガンダム
外国語表記 Gale Strike Gundam
登場作品
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
正式名称 ゲイルストライク
分類 試作型モビルスーツ
型式番号 LG-GAT-X105
全高 18.01m
本体重量 65.11t
主動力 バッテリー
装甲材質 フェイズシフト装甲
開発組織 ライブラリアン
所属 ライブラリアン ⇒ 未所属
主なパイロット ND-HE
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

ライブラリアンストライクガンダムを独自に改修・再設計した機体。型式番号冒頭の「LG」は「ライブラリアン・ゲイル」の略であり、「ゲイル」は英語で「疾風」を意味する。これは変則機動で敵機を切り刻む姿が、戦場に強風が吹き荒れているかのようであるため名付けられた。

パイロットのND-HEに合わせて改修されており、汎用機から格闘機に仕様が変更されている。頭部はセンサーやコンピューターの高性能化・大型化に伴って排熱効率を向上させるために、ガス冷却スリットを廃止してペルチェ素子による小型冷却装置に変更されている。これにより頭部形状が大きく変更されている。各関節の駆動部分には新技術が導入されており、運動性や瞬発力が向上している。過度な機動を連続で行うと関節部に負荷がかかり加熱するため、脚部に排熱効果のあるスリット構造のアーマーが追加されており、大気圏内では空冷、宇宙では放熱版として機能する。最大の特徴は両肩部の推力偏向ブースターで、これはエールストライカーの物を改良した物となっている。このブースターにより前方向に加えて左右方向への急激な加減速や旋回機動が可能となり、接近戦のために距離を詰めるのにも有効となっている。

武装はストライクと同様の物の他に、専用武装としてウイングソーが装備されている。この武装は実体剣として使用できる他、AMBACや気流制御にも使用可能となっている。またストライカーパックシステムも同様に搭載されており、本機にはシールドストライカーが装備されている。シールドストライカーはエールストライカーの上段二段のブースターとバッテリーパックで構成され、ビームサーベルと対ビームシールドが装備された高機動ストライカーとなっている。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY

装備・機能[編集 | ソースを編集]

特殊機能[編集 | ソースを編集]

フェイズシフト装甲
一定の電圧を持つ電流を流して相転移させる特殊装甲。その際、装甲には色がつく。物理的な衝撃を無効化でき、単独での大気圏突入も可能だが、高出力のビーム兵器の前には無力である。
ストライカーパックシステム
各種ストライカーに換装可能。

武装・必殺攻撃[編集 | ソースを編集]

ゲイルストライク本体側[編集 | ソースを編集]

75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」
頭部に左右一対2門内蔵されている対空機関砲。
対装甲コンバットナイフ「アーマーシュナイダー」
両前腕部装甲内に収納されている小型実体剣。ストライクと同様の武装で、本機では射撃武装の代わりの投擲武装としても使用される。
57mm高エネルギービームライフル
ストライクと同様のビームライフル。本機は格闘機であるため装備されることは少ないとされている。
ウイングソー
本機専用の2振りの実体剣。アーマーシュナイダーと同じ振動剣であり、切断対称ごとに振動周波数を調節することで安定した切れ味を発揮し、フェイズシフト装甲すら切断可能。しかし、データにない未知の素材に対しては切断力が低下する弱点がある。手に持った際には姿勢制御用の安定翼としても機能する。非使用時には両腰部にマウントされる。

シールドストライカー側[編集 | ソースを編集]

ビームサーベル
シールドストライカーに2基装備されている近接武装。両肩部に配置される。
対ビームシールド
ストライク等と同様のシールド。格闘戦の邪魔にならないように背面のメインスラスター上部に可動アームを介して装備されており、制御翼の一部としても機能している。主に背後の防御に対応しているが、前面に展開する事も可能。

対決・名場面[編集 | ソースを編集]

関連機体[編集 | ソースを編集]

ストライクガンダム
ベース機。
レーゲンデュエルガンダム / ヘイルバスターガンダム / ネブラブリッツガンダム
ニクスプロヴィデンスガンダム / ヴァンセイバーガンダム / ガンダムアストレイ ミラージュフレーム
ライブラリアンに所属する機体。

商品情報[編集 | ソースを編集]

ガンプラ[編集 | ソースを編集]

リンク[編集 | ソースを編集]