2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ニクスプロヴィデンスガンダム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

LN-ZGMF-X13A ニクスプロヴィデンスガンダム(Nix Providence Gundam)[編集]

概要[編集]

ライブラリアンプロヴィデンスガンダムを独自に改修・再設計した機体。型式番号冒頭の「LN」は「ライブラリアン・ニクス」の略であり、「ニクス」とはラテン語で「吹雪」を意味する。

機体名が表すように装甲の機動色は白を基調としたものである。ベース機よりドラグーン・システムを効率よく運用するためにドラグーン・プラットフォームのレイアウトが大幅に変更されているが、それによりスラスター配置がアンバランスになってしまっている。 そのため、強化された関節による運動性向上が打ち消されてしまっている。 頭部はドラグーンの操作性を高めるために量子通信アンテナが追加されており、頭部の機関砲は量子通信への影響を考慮して弾倉が空となっている。 再設計されたにも関わらず、ベース機と同様に量子通信ケーブルが露出しているがこれは「本体で戦わない意思の表示」に加え、「機体が持つ歴史的特徴」として残されている。また、ストライカーパックシステムが搭載されており、本機は「ドラグーン・ストライカー」を装備している。その名の通りドラグーンとして使用可能なストライカーである。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY
パイロットはカーボン・ヒューマンとして再現されたプレア・レヴェリー
機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY B
時系列的には過去にあたり、ダンテ・ゴルジャーニガンダムアストレイノワールの模擬戦の相手を勤めている。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

分離
ドラグーンストライカーを分離可能。分離後はストライカーをドラグーンとしても使用可能である。
換装
各種ストライカーパックに換装可能。
フェイズシフト装甲
通電させる事で相転移する特殊な装甲で、物理攻撃を無効化する。通常はグレー一色だが、通電させると色が変化する。大気圏突入なども可能になるが、エネルギーを大量に消費する上、高出力のビーム兵器などには弱いという欠点もある。
ニュートロンジャマーキャンセラー
ニュートロンジャマーを無効化する装置。

武装・必殺攻撃[編集]

MMI-GAU2 ピクウス76mm近接防御用機関砲
頭部及び肩部に装備された機関砲。近距離に迫ったミサイルなどを迎撃するために使用される。ピクウスは「きつつき」の意。頭部2門は新型量子通信アンテナの影響を考慮して弾倉が空になっているため使用できるのは肩部2門だけである。
MA-V05A 複合兵装防盾システム
対ビームシールドに大型ビームサーベルと2門のビーム砲を内蔵した複合兵装。本機はこの武装を緊急時の武装としか置いておらず、左肩にショルダーアーマーとして装備されている。
ドラグーン・システム
連合側のMAであるメビウス・ゼロのガンバレルの思想を模倣・発展させた物で、ビーム砲を9門内蔵する大型の物を3基、2門内蔵する小型の物を8基、ドラグーンストライカーに1基、計12基44門装備している。配置としては右肩部に大型1基と小型2基、左肩部に小型4基、腰部側面に大型2基、腰部後方に小型2基、ドラグーンストライカーにライフル1丁が装備されている。パイロットによって無線操作され、多角的な攻撃が可能になる。だが、使える者は少数に限られ、誰しも運用出来るという訳ではなかった。
MA-M221 ユーディキウム・ビームライフル
ドラグーンストライカーに装備されている大型ビームライフル。グリップが無く、ドラグーンの主砲としてのみ使用する。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

プロヴィデンスガンダム
ベース機。

商品情報[編集]

リンク[編集]