2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ガンダムアストレイノワール

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダムアストレイノワール
外国語表記 Gundam Astray Noir
登場作品 機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY B
デザイナー 阿久津潤一
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型モビルスーツ
型式番号 MBF-P0X
全高 17.53m
重量 75.51t
主動力 バッテリー
装甲材質
開発組織 アクタイオン・インダストリー社
所属 地球連合軍 ⇒ 未所属
主なパイロット ダンテ・ゴルディジャーニ
テンプレートを表示

概要[編集]

アクタイオン・プロジェクト」の一環として再製造されたガンダムアストレイ。初期GAT-Xシリーズの機体と同じヘリオポリス製の機体と言うことで急遽計画に組み込まれた機体だが、実はそれは建前でありダンテ叢雲劾との私闘のために用意させた機体である。機体名称は「ノワールストライカー」を装備しているために名付けられており、機体のフレームや装甲色も黒色を基調としたものになっている。

そのまま再製造したわけではなく一部改良されており、頭部アンテナが4本になっている他に「ノワールストライカー」を装備するために背部にはストライカーパックシステムに対応したオプションコネクターが追加されている。機体の軽量さと「ノワールストライカー」の相性は良く、可変翼により高い機動性を発揮する。武装面では専用装備としてソードピストルが追加された。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY B
初登場作品。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ストライカーパックシステム
各種ストライカーパックに換装可能。
分離
ノワールストライカーを分離可能。
ヴァリアブルフェイズシフト装甲
フェイズシフト装甲の改良型。装甲に流す電流の量を調整する事でエネルギーの効率的な配分を可能としており、稼働時間の延長等が可能となった。また、この影響で調整によって色が変化する他に、一部の機体は装備の換装等によってカラーリングが異なる事がある。本機では「ノワールストライカー」のみがこの装甲である。

武装・必殺攻撃[編集]

アストレイ本体側[編集]

75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」
頭部に2門内蔵されている近接防御機関砲。
M8F-SB93 ソードピストル
ビームライフルショーティーと日本刀型の実体剣が合わさった複合武装。刀身と銃口が十字になるように取り付けられているため通常の刀剣に近い取り回しが可能となっているが、それには高い技術が必要となっている。当初はアクタイオンの技術では実体剣の製作に難航し、強度不足により使い物にならない物であった。だが、ライブラリアンの強力によりこの問題は解決し、高い完成度から刀身部分に「菊一文字」と「虎徹」の名が刻まれている。

ノワールストライカー側[編集]

EQS1358 アンカーランチャー
ノワールストライカーに1基内蔵されたワイヤー式のアンカー。ワイヤーは特殊高分子物質製で、これ1本でMS1機を軽々と振り回せるだけの強靭な耐久力を持つ。使い手によっては非常に汎用性が高い武装。
MAU-M3E4 2連装リニアガン
ノワールストライカーのウイングの内側に1門ずつ装備されている実弾兵器。エグザスの物の改良型であり、近距離での使用を目的としたセッティングが施されている。様々な方向に発射が可能。
MR-Q10 フラガラッハ3ビームブレイド
ノワールストライカーのウイングの外側に1基ずつマウントされている武装。実体剣とビーム剣の複合型で、フェイズシフト装甲を持つ敵機でも切り裂ける。

対決・名場面[編集]

ガンダムアストレイ ブルーフレームD

関連機体[編集]

ガンダムアストレイ
プロトアストレイシリーズ。
ガンダムアストレイノワールD
デスティニーRシルエットを装備した姿。
ストライクノワール
ノワールストライカーの本来の持ち主。

余談[編集]

  • 拳銃と刀の組み合わせという異様な武器のソードピストルではあるが、実は試製拳銃付軍刀というほぼそのままのコンセプトの武器が実在している。三十二年式軍刀の本刀の柄を南部式自動拳銃または十四年式拳銃と一体化させた武器だが、試作のみに留まっている。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

資料リンク [編集]

リンク[編集]