ストライクE

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ストライクE
外国語表記 Strike E
登場作品
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用試作型モビルスーツ
型式番号 GAT-X105E
全高 17.72m
重量 64.8t
主動力 バッテリー
装甲材質 ヴァリアブルフェイズシフト装甲
開発組織 アクタイオン・インダストリー社
所属 地球連合軍
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

アクタイオン・インダストリー社が開発した地球連合軍の試作型モビルスーツファントムペインの推進する「アクタイオン・プロジェクト」にて開発されたストライクガンダム(再製造機)を強化した機体。型式番号及び機体名称の「E」は「Enhanced(強化型)」の頭文字から取られている。

装甲にはヴァリアブルフェイズシフト装甲を採用し、パワーエクステンダーを搭載した事で強化前より稼働時間が延長された。また、頭部冷却システムの配置や肩部スラスターの追加、OSの改良なども行われ、C.E.73時の新型機とも互角以上に渡り合える性能を獲得している。ストライカーパックシステムも引き続き採用され、高い汎用性も健在である。通常時の装甲色は改良前と同様の黄色を廃したトリコロールだが、ややグレーががったものとなっている。

なお、本機は複数が製造されている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER
パイロットはスウェン・カル・バヤン。劇中では最後までずっとストライクノワールの状態で運用されている。
機動戦士ガンダムSEED C.E.73 Δ ASTRAY
スウェンが搭乗。マーシャンとの戦闘中にノワールストライカーを破壊された事から、味方機のI.W.S.Pを奪って換装している。
機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER PHANTOM PAIN REPORT
エミリオ・ブロデリックダナ・スニップが搭乗。アナザートライアルストライカーを装備していた。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ヴァリアブルフェイズシフト装甲
フェイズシフト装甲の改良型。装甲に掛ける電圧を調整できるようになっており、エネルギー消費の効率化を図っている。その影響で装甲の色が変化するようになった。
ストライカーパックシステム
各種ストライカーパックに換装可能。

武装・必殺攻撃[編集]

M2M5 トーデスシュレッケン12.5mm自動近接防御火器
頭部に2門内蔵されている近接防御機関砲。イーゲルシュテルンの改良型で、ダガーLの物と同型。主に牽制などに使用される。
M8F-SB1 ビームライフルショーティー
腰部に2挺装備されている小型のビーム銃。通常のビームライフルの銃身をギリギリまで切り詰めており、接近戦での使い勝手と連射性に優れる反面、威力と射程は通常の物より劣っている。ちなみにこの装備のためにコンバットナイフ「アーマーシュナイダー」はオミットされた。
EQS1358 アンカーランチャー
両掌に1基ずつ、両爪先及び踵裏に1基ずつの計6基が内蔵されたワイヤー式のアンカー。ワイヤーは特殊高分子物質製で、これ1本でMS1機を軽々と振り回せるだけの強靭な耐久力を持つ。使い手によっては非常に汎用性が高い武装。
57mm高エネルギービームライフル
携行式のビーム砲。ストライクの物と同型で、対フェイズシフト装甲用に装備される事があったという。
175mmグレネードランチャー装備57mm高エネルギービームライフル
デュエルガンダムの物と同型の武装。その名の通り、グレネードランチャーを装備している。パイロットからの信頼も厚く、連合製ビームライフルのベストセラーであるという。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ストライクガンダム
ベース機。
ルカス専用ストライクE
ルカス用に改修されたストライクE。
ソードストライクE
アナザートライアルソードストライカーを装備した接近戦仕様。
ランチャーストライクE
アナザートライアルランチャーストライカーを装備した砲撃戦仕様。
ストライクE I.W.S.P.
I.W.S.P.を装備。
ストライクノワール
ノワールストライカーを装備。
ライゴウガンダム
本機の発展型としてフジヤマ社が開発した機体。

商品情報[編集]

リンク[編集]