ランチャーストライクE

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ランチャーストライクE
外国語表記 Launcher Strike E
登場作品
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型モビルスーツ
型式番号 GAT-X105E[1]
全高 17.72m
主動力 バッテリー
装甲材質 ヴァリアブルフェイズシフト装甲
開発組織 アクタイオン・インダストリー社
所属 地球連合軍
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

地球連合軍の試作型モビルスーツストライクEに再設計したアナザートライアルストライカーの1つを装備した状態で「ランチャーストライカー」を再設計した「アナザートライアルランチャーストライカー」を装備している。

肩部にサブスラスターがあるためコンボウェポンポッドが装備不可能となったので、武装のレイアウトが変更されている。コンボウェポンポッドは背部のストライカーに直接接続する方式に変更されているが、装備位置的にはほぼ変わりない。武装は特に改良されていないが、これらの変更により肩部にストライカーを装備できないストライカーパックシステム採用機にも装備可能となっている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER PHANTOM PAIN REPORT

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ヴァリアブルフェイズシフト装甲
フェイズシフト装甲の改良型。装甲に掛ける電圧を調整できるようになっており、エネルギー消費の効率化を図っている。その影響で装甲の色が変化するようになった。本形態では深緑色に変化している。
ストライカーパックシステム
各種ストライカーパックを換装可能。

武装・必殺攻撃[編集]

M2M5 トーデスシュレッケン12.5mm自動近接防御火器
頭部に2門内蔵されている近接防御機関砲。イーゲルシュテルンの改良型。
M8F-SB1 ビームライフルショーティー
腰部に2挺装備されている小型のビーム銃。通常のビームライフルの銃身をギリギリまで切り詰めており、接近戦での使い勝手と連射性に優れる反面、威力と射程は通常の物より劣っている。
EQS1358 アンカーランチャー
両掌に1基ずつ、両爪先及び踵裏に1基ずつの計6基が内蔵されたワイヤー式のアンカー。ワイヤーは特殊高分子物質製で、これ1本でMS1機を軽々と振り回せるだけの強靭な耐久力を持つ。使い手によっては非常に汎用性が高い武装。
320mm超高インパルス砲「アグニ」
背部左側に装備されている大型ビーム砲。使用する際は左腕の脇下を通して使用する。一撃でコロニーの外壁に大穴を開ける程の威力がある。が、それに比例してエネルギー消費率も高い為、長時間の戦闘には不向きな武装。
120mm対艦バルカン砲
背部右側に装着される複合兵装「コンボウェポンポッド」に付いているバルカン砲。
350mmガンランチャー
「コンボウェポンポッド」に付いている2連装ミサイルランチャー。弾種は不明だが、誘導弾、無誘導弾双方を発射可能。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ストライクE / ルカス専用ストライクE
素体。
ソードストライクE
アナザートライアルソードストライカーを装備した接近戦仕様。
ストライクE I.W.S.P.
統合兵装ストライカーを装備した状態。
ストライクノワール
ノワールストライカーを装備した状態。
ランチャーストライクガンダム
ストライクEの原型機であるストライクガンダムが本ストライカーの原型を装備した状態。
サムブリットライゴウガンダム
本機の発展機として開発されたライゴウガンダムが砲撃戦仕様のストライカーを装備した状態。

商品情報[編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ストライカーの型式番号は不明。