ランチャーストライクガンダム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

GAT-X105+AQM/E-X03 ランチャーストライクガンダム(Launcher Strike Gundam)[編集]

ストライクガンダムに遠距離砲撃戦用ストライカーパック「ランチャーストライカー」を装備した状態。後方からの火力支援や対艦攻撃などに用いられる。ストライカーパックの中では最もエネルギー効率が良くない。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED
原作でもソードストライカー同様使用頻度が低く、ほんの数回しか使われなかった。最後はムウが搭乗し、クルーゼのゲイツと戦ったが、本装備が対MS戦闘に向いていなかったために苦戦し、アグニを破壊されてしまいストライカーパックをパージしている。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

フェイズシフト装甲
通電させる事で相転移する特殊な装甲で、物理攻撃を無効化する。通常はグレー一色だが、通電させると色が変化する。大気圏突入なども可能になるが、エネルギーを大量に消費する上、高出力のビーム兵器などには弱いという欠点もある。
分離
ランチャーストライカーを分離する。
換装
ストライカーパックを換装する。

武装・必殺攻撃[編集]

75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」
頭部に2門装備された近接防御機関砲。敵機への威嚇や牽制、ミサイル迎撃などに使われる。
コンバットナイフ「アーマーシュナイダー」
両腰部に格納された折りたたみ式のナイフ。内蔵された電源と超振動モーターによって高周波振動させた刀身でPS装甲以外のほとんどの装甲を切断できる。キラがSEEDを発現させると多用しているイメージが強い。パック非装着時のストライクの標準装備だが、ミゲルやバルトフェルドといった、名だたるパイロットを撃破した武器でもある。ランチャーストライカーには近接戦闘用の装備がない為、これがランチャーストライカー装備時の唯一の近接戦闘の武器である。
320mm超高インパルス砲「アグニ」
全長約20mの大型ビーム砲。一撃でコロニーの外壁に大穴を開ける程の威力がある。が、それに比例してエネルギー消費率も高い為、長時間の戦闘には不向きな武装。劇中では一度、アグニに直接パワーケーブルを接続して、アークエンジェルからエネルギーを供給する事で使用した事がある。
120mm対艦バルカン砲
右肩に装着される複合兵装「コンボウェポンポッド」に付いているバルカン砲。イーゲルシュテルンより威力が高く、対艦と名が付いているが、アグニに比べると連射速度が高い為、対MS用の迎撃武装として使われる。
350mmガンランチャー
「コンボウェポンポッド」に付いている2連装ミサイルランチャー。弾種は不明だが、誘導弾、無誘導弾双方を発射可能。こちらも、基本的には対MS用の迎撃武装として使われる。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ストライクガンダム
エールストライクガンダム
ソードストライクガンダム
パーフェクトストライクガンダム
ストライクガンダムI.W.S.P.
ライトニングストライクガンダム
ガンバレルストライクガンダム
ブラストインパルスガンダム

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]