ライゴウガンダム

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search
ライゴウガンダム
外国語表記 Raigou Gundam
登場作品 機動戦士ガンダムSEED FRAME ASTRAYS
デザイン 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用試作型モビルスーツ
型式番号 GAT-FJ108
主動力 バッテリー
装甲材質 ヴァリアブルフェイズシフト装甲
開発組織 フジヤマ社
所属 フジヤマ社第四軍
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

フジヤマ社が開発したモビルスーツ。「ライゴウ」には漢字表記があり「雷轟」と書く。この作品に登場するまでは「東アジアガンダム」と呼ばれていた。

型式番号からもわかる通りストライクガンダムの発展機として開発された機体であり、ストライクEをベースとしている。フジヤマ社は「アクタイオン・プロジェクト」に技術協力という立場で参加しており、そこから得たデータで軍事産業に参入しようとしていた。本機はそのコンセプトモデルとして開発された。ストライク系列の機体であるため「ストライカーパックシステム」はもちろん搭載されており、ストライカーはエール、ソード、ランチャーを発展させたアナザーストライカーパックと呼ばれる3種が開発された。ストライカーは発展型として開発されたためストライクEのアナザートライアルストライカーより性能が高く、次世代ストライカーの名に恥じない性能を誇っている。既存のストライカーパックも装備可能であるが、ストライクEと同様に肩部にはスラスターがあるため肩に干渉するストライカーは装備できない。

ちなみにC.E.世界では珍しい、「ガンダム」と呼ばれる機体である。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED FRAME ASTRAYS
叢雲劾をテストパイロットとして試験運用されていたが、スーに強奪されてしまう。この素体状態で戦闘を行うことはない。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ヴァリアブルフェイズシフト装甲
フェイズシフト装甲の改良型。装甲に掛ける電圧を調整できるようになっており、エネルギー消費の効率化を図っている。その影響で装甲の色が変化するようになった。
ストライカーパックシステム
各種ストライカーパックを換装可能。

武装・必殺攻撃[編集]

頭部機関砲
頭部に2門内蔵されている機関砲。
肩部機関砲
両肩部に2門内蔵されている機関砲。
57mm高エネルギーライフル
ストライクガンダム等のライフルと同様の武装。
対ビームシールド
対ビームコーティングが施されたシールド。初期GAT-Xシリーズやプロトアストレイと同様の物。
スモールシールド
両腕部に装備される取り回しの良い小型シールド。
対装甲コンバットナイフ「アーマーシュナイダー」
スモールシールドに収納されている超硬度金属製の戦闘ナイフ。折り畳み式のモデルであり、フィンガーグリップがある。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

スペキュラムライゴウガンダム
スペキュラムストライカーを装備した高機動戦仕様。
キャリバーンライゴウガンダム
キャリバーンストライカーを装備した接近戦仕様。
サムブリットライゴウガンダム
サムブリットストライカーを装備した砲撃戦仕様。
ストライクE
この機体のデータから本機が開発された。
ストライクガンダム
本機の大元となった機体。

商品情報[編集]

リンク[編集]