インパルスガンダムブランシュ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
インパルスガンダムブランシュ
外国語表記 Impulse Gundam Blanche
登場作品 機動戦士ガンダムSEED ASTRAY 天空の皇女
デザイナー アストレイズ
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型モビルスーツ
型式番号 ZGMF-X56S/ι
全高 19.43m
重量 84.77t
主動力 バッテリー
装甲材質 ヴァリアブルフェイズシフト装甲
開発組織 民間企業
所属 未所属
主なパイロット エルザ・ヴァイス
テンプレートを表示

概要[編集]

デスティニーインパルスガンダムRエルザ・ヴァイス専用に調整した機体。

元々はカイト・マディガンが入手した機体で、ダンテ・ゴルジャーニからの借りで清算されてエルザの機体となった。装甲色はカイトが色が似合うという理由から白色に変化させており、シルエットのカラーも合わせて変更している。カイトが考えていた機体名称は「デスティニーインパルスRブランシュ」だったが、エルザが兵器に運命という不確実なものを名に付けたくなく「インパルス」と「ブランシュ」のみ残すことにした。そこにカイトが最近このタイプに流行っている名前として「ガンダム」の名を加えることになり「インパルスガンダムブランシュ」という機体名称に決定された。

機体自体は色が変更された以外には特に変わりないが、エルザ用に調整したことにより反応速度が約20%ほど向上している。また「デスティニーRシルエット」のAIによる操縦機能は使用していない。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED ASTRAY 天空の皇女

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ヴァリアブルフェイズシフト装甲
フェイズシフト装甲の改良型。装甲に掛ける電圧を調整できるようになっており、エネルギー消費の効率化を図っている。その影響で装甲の色が変化するようになった。
ストライカーパックシステム / シルエットシステム
各種ストライカー及びシルエットに換装可能。
分離
デスティニーRシルエットを分離可能。分離したシルエットはAIにより独立稼動可能だが、この機体では使用していない。
光の翼
背部のウイングユニットに搭載されている推進システム。デスティニーインパルスガンダムと同様の機能を持つ。
ミラージュコロイド
背部のウイングユニットから散布されている。幻惑機能として機能する。
ジャック
シルエットを他のストライカー対応機に取り付かせることでコントロールを奪うことが可能だが、この機体では使用していない。

武装・必殺攻撃[編集]

インパルス本体側[編集]

MMI-GAU25A 20mmCIWS
胸部に2門内蔵された機関砲。
M71-AAK フォールディングレイザー対装甲ナイフ
両腰部に収納されているナイフ。実体剣と振動波を併用した武装であり、機体の電力を消費しない。

デスティニーRシルエット側[編集]

ウルフスベイン長射程ビーム砲塔
背部に2基装備されている対艦・対要塞の大出力ビーム砲塔。ベースとなったブラストシルエットのケルベロスより軽量化されているが、威力は遜色のないものとなっている。取り外して携行することが可能で、銃口からはビームサーベルを発振させることも可能である。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

デスティニーインパルスガンダムR
原型機。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

リンク[編集]