2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ガンダムアストレイ

提供: ガンダムWiki
移動先: 案内検索

ガンダムアストレイ(Gundam Astray)[編集]

機動戦士ガンダムSEED ASTRAY等に登場するモビルスーツ。「プロトアストレイ」、「P0シリーズ」とも呼ばれる。

オーブ連合首長国モルゲンレーテ社が自国防衛用に開発した機体で、地球連合軍の試作MS「G」の開発を請け負った際に得た技術を密かに盗用している。
名称は「道を外れたもの」、「王道ではない」という意味で、前述の開発経緯からこの名が付けられた。
頭部やバックパックは別の装備に換装が可能で、小型ビーム兵器を標準搭載している。またフェイズシフト装甲の技術までは盗用出来なかった為に「敵の攻撃は回避して対応する」というコンセプトを採用。それ故に装甲は軽量な発泡金属製で、なおかつ重量を減らすべくフレームが剥き出しになっている部分も少なくない為に防御力はかなり低い。OSも5機のGと同様の「G.U.N.D.A.M.」を搭載している。
全部で5機の試作機が開発され、それぞれが数奇な運命を辿っている。

この他、Xアストレイ等のロウが作成に関与した機体にも「アストレイ」の名が付けられる事もある(もちろん、ガンダムアストレイとは何の関係も無いがアストレイの由来は同じ)。

1号機[編集]

ガンダムアストレイ ゴールドフレーム
ロンド・ギナ・サハクMS。掌に連合の機体用の武装が使えるコネクターを持つ。
ガンダムアストレイ ゴールドフレーム天 (未完成)
オーブ沖の戦闘で大破したブリッツガンダムの右腕を移植した物。ミラージュコロイドも展開可能。
ガンダムアストレイ ゴールドフレーム天
天の完成形。武装が追加されている。
ガンダムアストレイ ゴールドフレーム天 (完全体)
モルゲンレーテ社が予定していた天の完成形。
ガンダムアストレイ ゴールドフレーム天ミナ
ロンド・ミナ・サハクの搭乗機で、更に改良を加えている。ミラージュコロイド技術の応用で相手のENを奪うことが出来る(ただし、未完成)。
ガンダムアストレイ ゴールドフレーム天ハナ
風花・アジャーラス・ウィンスレットの搭乗機。カラーリングが白に変更されており、複座型となっている。
ガンダムアストレイ ゴールドフレーム アマテラス
天ハナを改良した機体。レアメタルで作成された独立支援ユニットが追加されている。

2号機[編集]

ガンダムアストレイ レッドフレーム
ロウ・ギュールMSナチュラル用OSの試作型を搭載している。
ガンダムアストレイ レッドフレーム サルベージタイプ
即席の水中用装備。
ガンダムアストレイ レッドフレーム フライト・ユニット
フライト・ユニット装着版。
ガンダムアストレイ レッドフレーム パワーローダー
ガーベラ・ストレートVol.2を使うために作られた装備。
ガンダムアストレイ レッドフレーム パワードレッド
両腕部にパワーシリンダーを組み込んだ状態。
ガンダムアストレイ レッドドラゴン
フライト・ユニット装備とカレトヴルッフを3つ、ドライグヘッドを装着した姿。
ガンダムアストレイ レッドフレーム マーズジャケット
重装甲アーマーを全身に装備した姿。
ガンダムアストレイ レッドフレーム改
タクティカルアームズIILを装備した姿。

3号機[編集]

ガンダムアストレイ ブルーフレーム
叢雲劾MS。様々なオプション装備の設計データを保存している。
元々はロウが一番最初に乗っていたが彼によって一時的に奪取される。その後は依頼主とのいざこざでロウと共闘。その後、ロウから譲り受けている。
ガンダムアストレイ ブルーフレーム フル・ウェポン
重装備形態。
ガンダムアストレイ ブルーフレーム コンプリートセンサー
ミラージュコロイドを見破るために頭部を換装した姿。
ガンダムアストレイ ブルーフレーム ハイスピード・ブースター
暴走状態の高速実験艦を捕捉するために大型ブースターを装備した姿。
ガンダムアストレイ ブルーフレーム スケイルシステム
水中戦用の姿。
ガンダムアストレイ ブルーフレーム ショートレンジアサルト
超接近戦用の姿。
ガンダムアストレイ ブルーフレームセカンドG
ソキウス達との戦闘で破損したブルーフレームを、以前から考えられていた強化案によって改修した形態。
ガンダムアストレイ ブルーフレームセカンドG スナイパーパック
長距離射撃用装備をした姿。
ガンダムアストレイ ブルーフレームセカンドL
セカンドのもう一つの換装形態。元々はロウが開発していたタクティカル・アームズを移植した物。近接戦向けだが中距離射撃も出来る。
ガンダムアストレイ ブルーフレームセカンドL ローエングリンランチャー
ローエングリンランチャー装備版。核エンジンを装備しているが、ニュートロンジャマーキャンセラーが無いので使用できる状況が限定される。
ガンダムアストレイ ブルーフレームサード
密林戦用の姿。
ガンダムアストレイ ブルーフレームセカンドリバイ
セカンドLを改修した姿。
ガンダムアストレイ ブルーフレームD
ヴィーヴルストライカーを装備した姿。
ガンダムアストレイ ブルーフレームフォース フルアーマーフェイズシフト
太陽付近のミッションで用いられた姿。

4号機[編集]

ガンダムアストレイ グリーンフレーム
トロヤ・ノワレMS。戦用支援AIが搭載されている。

5号機[編集]

ガンダムアストレイ ミラージュフレーム
カーボンヒューマンとなったロンド・ギナ・サハクMSライブラリアンによって大幅に改造されている。ファーストイシューとも呼ばれる。
ガンダムアストレイ ミラージュフレーム セカンドイシュー
超至近距離での戦闘に特化した姿。
ガンダムアストレイ ミラージュフレーム サードイシュー
セカンドイシューにファーストイシューの装備を組み込んだ姿。

その他[編集]

ガンダムアストレイ ゴールドフレーム天ミナC
天ミナの複製機。
ガンダムアストレイ レッドフレーム レプリカ
ライブラリアンによって再生産されたレッドフレーム。
ガンダムアストレイノワール
アクタイオン・プロジェクト」によって製造されたアストレイ。ノワールストライカーを装備している。
ガンダムアストレイノワールD
ノワールストライカーの代わりにデスティニーRシルエットを装備した姿。
ガンダムアストレイ ターンレッド
「アクタイオン・プロジェクト」で製造されたアストレイの予備パーツで製造された機体。
ロードアストレイ
フェアネス・ツヴァイクレが再設計したアストレイ。
ロードアストレイΩ
レアメタルで改修された姿。
ロードアストレイZ
ロードアストレイΩの設計図を元に製造された機体。

ガンダムビルドシリーズ[編集]

戦国アストレイ頑駄無
ガンダムビルドファイターズ』に登場するガンプラ。戦国風に改造されている。
コマンドアストレイガンダム
ガンダムビルドファイターズA』『ガンダムビルドファイターズD』に登場するガンプラ。グリーンフレームをベースとした機体で重武装かつ高機動をコンセプトとしている。
戦国アストレイ頑駄無[蒼]
ガンダムビルドファイターズ炎トライ』に登場するガンプラ。上記の戦国アストレイをリスペクトして製作された。
ガンダムアストレイノーネイム
ガンダムビルドダイバーズ』に登場するガンプラ。500戦以上戦い、その都度修理・改造されてきた。

関連機体[編集]

ストライクガンダム
デュエルガンダム
バスターガンダム
ブリッツガンダム
イージスガンダム
これらの機体の技術を盗用している。
M1アストレイ
量産型アストレイ。OSにはロウのレッドフレームに搭載されていた物をベースとしている。
シビリアンアストレイDSSDカスタム
シビリアンアストレイJGカスタム
Xアストレイ
ドラグーンを背負ったドレッドノートガンダム。ドラグーンの組み立てにかかわったロウが「背中に大きな『X』を背負っている」事と「人助けに使う(=『兵器』という王道から外れる)」というプレアの想いから名付けた。
ガンダムアストレイ アウトフレーム
ジェネシスαにて発見された機体をロウが完成させたもの。命名者もロウである。
ガンダムアストレイ アウトフレームD
非戦闘用だったアウトフレームを戦闘可能なように改修。
マーズジャケット
シビリアンアストレイJGカスタムにマーズジャケットを装着した機体。ロウからディアゴ・ローウェルに譲られた。
デルタアストレイ
火星圏の機体。やはりロウが開発にかかわっている。

リンク[編集]