ガンダムアストレイ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ガンダムアストレイ(Gundam Astray)[編集]

オーブ連合首長国モルゲンレーテ社が自国防衛用にヘリオポリスで開発した試作型モビルスーツ地球連合軍大西洋連邦)には極秘で、共同開発した初期GAT-Xシリーズの技術を盗用して開発された。機体名称の「アストレイ」は主任設計技師のエリカ・シモンズが開発経緯から名付けた名で「道を外れたもの」、「王道ではない」という意味である。また、後のM1アストレイの原型という意味から「プロトアストレイ」、「P0シリーズ」とも呼ばれる。

オーブは戦争が激化する中で自国防衛戦力を強化する必要性を感じ、独自にモビルスーツの開発に着手したがその道は困難を極めた。独力で連合と比べても遜色のないシステムや構造をモビルスーツに導入できるようにはなったが、武装や装甲材質といった技術は連合に劣っていた。一方大西洋連邦はナチュラル用OSの開発に苦戦しており、モルゲンレーテ社に共同開発の話が持ちかけられた。オーブの五大家の1つであるサハク家は独断で共同開発を決定し、その技術を盗用して本機が開発されることとなっていった。

GAT-Xシリーズの技術を使用したことで携行型ビーム兵器を標準搭載しており、OSも多少の改変を行いながらも同じ「G.U.N.D.A.M.」が搭載されている。機体のフレームもGAT-Xシリーズの物を踏襲し改良を加えたことで、人間に近い動きができる柔軟性を有している。ブラックボックス化していたフェイズシフト装甲の解析には失敗したため、装甲材には独自の発泡金属装甲が用いられている。バイタルエリア以外の装甲は大幅に減らされており、機体各部のフレームが剥き出しとなっている。当然防御性能も低くなったが、重量の大幅な軽量化に繋がっており、「敵の攻撃は回避して対応する」というコンセプトとなった。

武装は独自のビームライフルビームサーベルの他、初期GAT-Xシリーズと同様のイーゲルシュテルンと対ビームシールドが装備されている。頭部の一部とバックパックは取り外すことで換装可能となっており、対応したオプションパーツも多数設計されていたが、製造はされていない。

全5機分のパーツが製造され、1〜3号機はC.E.71年に建造されロールアウトしている。1号機は連合製MSと共通の武器接続プラグを有するスペシャル機としてフレームが金色に、2号機はナチュラル用OSの検証機としてフレームが赤色に、3号機はオプション装備のスペック検証機としてフレームが青色に塗装されている。この外見からロウ・ギュールが「レッドフレーム」「ブルーフレーム」と呼び分け、それが定着していった。

ザフト軍がGAT-Xシリーズの存在に気付きヘリオポリスが襲撃されたため、オーブ本国はアストレイの破棄を決定。サーペントテールが依頼を受け破壊する予定だったが、すでに1号機はロンド・ギナ・サハクの手で持ち出されており、残りの2機も依頼者が裏切ったため破壊されず、2号機はジャンク屋組合、3号機はサーペントテールの手に渡り、2機分の予備パーツは行方不明となった。その後アストレイのデータはオーブ国外に流出し、そのデータを使用した機体が様々な組織で製造されている。

この他、Xアストレイを初めとするロウが関わった機体にも「アストレイ」の名が付けられることがある。

バリエーション[編集]

1号機[編集]

ガンダムアストレイ ゴールドフレーム
ロンド・ギナ・サハクMS。掌に連合の機体用の武装が使えるコネクターを持つ。
ガンダムアストレイ ゴールドフレーム天 (未完成)
オーブ沖の戦闘で大破したブリッツガンダムの右腕を移植した物。ミラージュコロイドも展開可能。
ガンダムアストレイ ゴールドフレーム天
天の完成形。武装が追加されている。
ガンダムアストレイ ゴールドフレーム天 (完全体)
モルゲンレーテ社が予定していた天の完成形。
ガンダムアストレイ ゴールドフレーム天ミナ
ロンド・ミナ・サハクの搭乗機で、更に改良を加えている。ミラージュコロイド技術の応用で相手のENを奪うことが出来る(ただし、未完成)。
ガンダムアストレイ ゴールドフレーム天ハナ
風花・アジャーラス・ウィンスレットの搭乗機。カラーリングが白に変更されており、複座型となっている。
ガンダムアストレイ ゴールドフレーム天ハナ バージョン華
天ハナの式典用改装案。実際には下記のアマテラスに改修されたため実現していない。
ガンダムアストレイ ゴールドフレームアマテラス
天ハナを改良した機体。レアメタルで作成された独立支援ユニットが追加されている。

2号機[編集]

ガンダムアストレイ レッドフレーム
ロウ・ギュールMSナチュラル用OSの試作型を搭載している。
ガンダムアストレイ レッドフレーム サルベージタイプ
即席の水中用装備。
ガンダムアストレイ レッドフレーム フライト・ユニット
フライト・ユニット装着版。
ガンダムアストレイ レッドフレーム パワーローダー
ガーベラ・ストレートVol.2を使うために作られた装備。
ガンダムアストレイ レッドフレーム パワードレッド
両腕部にパワーシリンダーを組み込んだ状態。
ガンダムアストレイ レッドドラゴン
フライト・ユニット装備とカレトヴルッフを3つ、ドライグヘッドを装着した姿。
ガンダムアストレイ レッドフレーム マーズジャケット
重装甲アーマーを全身に装備した姿。
ガンダムアストレイ レッドフレーム改
タクティカルアームズIILを装備した姿。

3号機[編集]

ガンダムアストレイ ブルーフレーム
叢雲劾MS。様々なオプション装備の設計データを保存している。
元々はロウが一番最初に乗っていたが彼によって一時的に奪取される。その後は依頼主とのいざこざでロウと共闘。その後、ロウから譲り受けている。
ガンダムアストレイ ブルーフレーム フル・ウェポン
重装備形態。
ガンダムアストレイ ブルーフレーム コンプリートセンサー
ミラージュコロイドを見破るために頭部を換装した姿。
ガンダムアストレイ ブルーフレーム ハイスピード・ブースター
暴走状態の高速実験艦を捕捉するために大型ブースターを装備した姿。
ガンダムアストレイ ブルーフレーム スケイルシステム
水中戦用の姿。
ガンダムアストレイ ブルーフレーム ショートレンジアサルト
超接近戦用の姿。
ガンダムアストレイ ブルーフレームセカンドG
ソキウス達との戦闘で破損したブルーフレームを、以前から考えられていた強化案によって改修した形態。
ガンダムアストレイ ブルーフレームセカンドG スナイパーパック
長距離射撃用装備をした姿。
ガンダムアストレイ ブルーフレームセカンドL
セカンドのもう一つの換装形態。元々はロウが開発していたタクティカル・アームズを移植した物。近接戦向けだが中距離射撃も出来る。
ガンダムアストレイ ブルーフレームセカンドL ローエングリンランチャー
ローエングリンランチャー装備版。核エンジンを装備しているが、ニュートロンジャマーキャンセラーが無いので使用できる状況が限定される。
ガンダムアストレイ ブルーフレームサード
密林戦用の姿。
ガンダムアストレイ ブルーフレームセカンドリバイ
セカンドLを改修した姿。
ガンダムアストレイ ブルーフレームD
ヴィーヴルストライカーを装備した姿。
ガンダムアストレイ ブルーフレームフォース フルアーマー・フェイズシフト
太陽付近のミッションで用いられた姿。

4号機[編集]

ガンダムアストレイ グリーンフレーム
トロヤ・ノワレMS。戦用支援AIが搭載されている。

5号機[編集]

ガンダムアストレイ ミラージュフレーム
カーボンヒューマンとなったロンド・ギナ・サハクMSライブラリアンによって大幅に改造されている。ファーストイシューとも呼ばれる。
ガンダムアストレイ ミラージュフレーム セカンドイシュー
超至近距離での戦闘に特化した姿。
ガンダムアストレイ ミラージュフレーム サードイシュー
セカンドイシューにファーストイシューの装備を組み込んだ姿。

その他[編集]

ガンダムアストレイ ゴールドフレーム天ミナC
天ミナの複製機。
ガンダムアストレイ レッドフレーム レプリカ
ライブラリアンによって再生産されたレッドフレーム。
ガンダムアストレイノワール
アクタイオン・プロジェクト」によって製造されたアストレイ。ノワールストライカーを装備している。
ガンダムアストレイノワールD
ノワールストライカーの代わりにデスティニーRシルエットを装備した姿。
ガンダムアストレイ ターンレッド
「アクタイオン・プロジェクト」で製造されたアストレイの予備パーツで製造された機体。
ロードアストレイ
フェアネス・ツヴァイクレが再設計したアストレイ。
ロードアストレイΩ
レアメタルで改修された姿。
ロードアストレイZ
ロードアストレイΩの設計図を元にザフト軍が製造した機体。

ガンダムビルドシリーズ[編集]

戦国アストレイ頑駄無
ガンダムビルドファイターズ』に登場するレッドフレームベースのガンプラ。戦国風に改造されている。
コマンドアストレイガンダム
ガンダムビルドファイターズA』『ガンダムビルドファイターズD』に登場するガンプラ。グリーンフレームをベースとした機体で重武装かつ高機動をコンセプトとしている。
戦国アストレイ頑駄無[蒼]
ガンダムビルドファイターズ炎トライ』に登場するブルーフレームベースのガンプラ。上記の戦国アストレイをリスペクトして製作された。
ガンダムアストレイノーネイム
ガンダムビルドダイバーズ』に登場するガンプラ。500戦以上戦い、その都度修理・改造されてきた。
ロードアストレイダブルリベイク
ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』に登場するガンプラ。前後を入れ替えることで異なるバトルスタイルになる。
ガンダムノイズキャンセラ
ビルドダイバーズ GBWC』に登場するガンプラ。ダイバーの脳波信号を機体にフィードバックさせることで優れた瞬発力と反応速度を実現している。

関連機体[編集]

ストライクガンダム / デュエルガンダム / バスターガンダム / ブリッツガンダム / イージスガンダム
これらの機体の技術を盗用している。
M1アストレイ
量産型アストレイ。OSはロウのレッドフレームに搭載されていた物をベースとしている。
M1Aアストレイ
M1アストレイをベースに宇宙戦に特化した機体。
レイスタ
ジャンク屋組合がM1アストレイのパーツを元に開発した民生用の機体。
シビリアンアストレイDSSDカスタム
D.S.S.Dとジャンク屋組合が共同でプロトアストレイとM1Aアストレイをベースに開発した機体。
シビリアンアストレイJGカスタム
ジャンク屋組合がDSSDカスタムを再設計して開発した機体。本機のプロトアストレイと同型の外観にするオプションパーツも販売されている。
Xアストレイ
ドラグーン・ユニットを背負ったドレッドノートガンダム。ドラグーンの組み立てにかかわったロウが「背中に大きな『X』を背負っている」事と「人助けに使う(=『兵器』という王道から外れる)」というプレアの想いから名付けた。
ガンダムアストレイ アウトフレーム
ジェネシスαにて発見された機体をロウが完成させた。機体名は連合・ザフトどちらの規格にも合わない「規格外のMS」という意味を込めてロウが命名した。
ガンダムアストレイ アウトフレームD
非戦闘用だったアウトフレームを戦闘可能なように改修。
マーズジャケット
レッドフレームと同様の外見にしたシビリアンアストレイJGカスタムにマーズジャケットを装着した機体。ロウからディアゴ・ローウェルに譲られた。
デルタアストレイ
火星圏の機体。正式名は「デルタ」だったが、ロウが開発に関わったことで「アストレイ」と冠された。

リンク[編集]