ガンダムアストレイ ゴールドフレームアマテラス

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダムアストレイ ゴールドフレームアマテラス
外国語表記 Gundam Astray Gold Frame Amaterasu
登場作品 機動戦士ガンダムSEED ASTRAY 天空の皇女
デザイナー 阿久津潤一
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型モビルスーツ
型式番号 MBF-P01-Re3〈AMATERASU〉
主動力 バッテリー
装甲材質
  • 発泡金属装甲
  • レアメタルΩ
原型機 ガンダムアストレイ ゴールドフレーム天ハナ
改修 フェアネス・ツヴァイクレ
所属 オーブ連合首長国
乗員人数 2名
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

フェアネス・ツヴァイクレロードアストレイに使用する予定だったレアメタルΩを、ガンダムアストレイ ゴールドフレーム天ハナに使用して改修した機体。当初の名称は「天ハナ改」であったが、ラス・ウィンスレット風花・アジャーの元に戻ってきた際にロンド・ミナ・サハクが「アマテラス」と名称を変更した。

改修に使用したレアメタルΩは殆どが背部に装備されている独立支援ユニット「ヤタガラス」に使用された。「ヤタガラス」のウイングユニットは「天羽雷」と呼ばれる物で、機体を覆うことで防御に使用できる他、機体上部に円を作るように展開することでヴォワチュール・リュミエールと同様の効果を生み出すことが可能となっている。また、「ヤタガラス」にコックピットが設けられたため、ゴールドフレーム本体のコックピットは元に戻された。それ以外のゴールドフレーム本体部分も改修されており、頭部と腕部、つま先部分が変わっている。腕部は完全新規の物となっているため左右対称となった。そのため腕部の装甲材は不明。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED ASTRAY 天空の皇女

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

レアメタルΩ
ヤタガラスに使用されている装甲材。元は150ガーベラのレアメタルでこの装甲はそれを再鋳造した物を使用している。このレアメタルΩは同じレアメタルΩ製の武装でないと破壊不可能なほどの防御力を持っており、ビームすらほぼ無効化するほどである。
ミラージュコロイド
可視光線を歪め、レーダー波を吸収するガス状物質。これを磁気で機体周囲に纏うことにより、視覚的および電波的にも自機の存在を隠匿する事が可能。ただし、展開中はPS装甲の併用が不可能という欠点があり、更にコロイド粒子を機体の周囲に電磁気で定着させているため、PS装甲同様に電力消費が著しい。
天羽雷 (アメノハヅチ)
ヤタガラスに搭載されているウイングユニット。ヴォワチュール・リュミエールの改良型の推進システムとしても機能する。太陽風やビームを受けることでパワーに変換できる他、レーザー推進にも使用可能。だが、本機はバッテリー駆動の機体であるため自機のみではフルパワーでの使用は不可能。
分離
ヤタガラスを分離可能。

武装・必殺攻撃[編集]

アメノハゴロモ
両肩部から出ている武装。鞭のように攻撃に使用可能。
天光輪 (アメノコウリン)
天羽雷から射出される光輪。スターゲイザーと同様の攻撃。
タクティカルアームズΩ
ロウ蘊・奥がレアメタルΩを加工して作り上げた複合武装でゴールドとシルバーの二つがある。形状はタクティカルアームズIIと同様。レアメタルΩ製なこと以外は機能面でも同じであり、ドラグーンとしても使用可能。だが、本機はドラグーン・システムを搭載していないため、遠隔操作は不可。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムアストレイ ゴールドフレーム天ハナ
原型機。
ガンダムアストレイ ゴールドフレーム
最初の姿。

商品情報[編集]

リンク[編集]