ガンダムアストレイ ターンレッド

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダムアストレイ ターンレッド
外国語表記 Gundam Astray Turn Red
登場作品
デザイナー 阿久津潤一
テンプレートを表示
スペック
正式名称 アストレイ ターンレッド
分類 カスタムモビルスーツ
型式番号 MBF-02VV
全高 22.67m
本体重量 76.12t
主動力 バッテリー
装甲材質 発泡金属装甲
開発組織 アクタイオン・インダストリー社
所属 アクタイオン・インダストリー社
主なパイロット ヴァレリオ・ヴァレリ
テンプレートを表示

概要[編集]

ヴァレリオ・ヴァレリロウ・ギュールへの対抗心からプロトアストレイをベースに自身の専用機として開発したモビルスーツ。機体名称の「ターンレッド」の名の通り装甲色は赤、フレームの色は白とアストレイ レッドフレームの配色を逆転させたような外見となっている。また、型式番号もレッドフレームの系列機ではないが「02」を使用しており、試作機を示す「P」は外されている。

開発は「アクタイオン・プロジェクト」で製造されたアストレイ ノワールの予備パーツを使用しており、開発期間を非常に短期間で終えている。機体形状はプロトアストレイとほぼ変わりないが、頭部アンテナは大型化されチンガードが追加されている。

特徴的な装備として背部に2基装備されているタクティカルアームズが挙げられる。これはアストレイ ブルーフレームセカンドLの活躍を見て採用した物である。これをマウントするためにバックパックは独自の設計となっており、マウント用のアーム2基とバッテリーパック4基が装備されている。その他の装備には8に作らせた高性能の戦闘支援AI「80」があり、本機の操縦を全て自動で行うことが可能となっている。そのためパイロットが搭乗する必要はないが、コックピットは設けられている。また、DIアダガに搭載されていた「バディ・システム」を模倣した「トリオ・システム」が搭載され、自機を守るハイペリオンGRハイペリオンGLとの高度な連携行動を可能としている。

後にさらに改修され、コックピット部があらゆるエネルギー兵器と衝撃に耐える「超スーパーセーフティーコクピット」となり、コックピットハッチは通常なら即死の攻撃を防ぐ「超スーパーセーフティーシャッターグレイト」に改良されている。戦闘支援AI「80」も自己進化システムを追加した「800」に強化された。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY R

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

トリオ・システム
DIアダガに搭載されていたバディ・システムを模倣したシステム。ハイペリオンGRハイペリオンGLとの高度な連携行動を可能としている。
80
8に開発させた機動兵器用のAI。本機の操縦の全てを担当するためパイロットの操縦は必要としていない。パイロットが搭乗している場合安全を優先するプログラムが搭載されているため降伏することがある。後に自己進化システムを追加した「800」となっている。

武装・必殺攻撃[編集]

75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」
頭部に左右一対2門内蔵されている対空機関砲。通常時はカバーで覆われており、発射時に展開される。
ビームライフル
プロトアストレイシリーズと同型のライフル。
ビームサーベル
2基装備されているらしいが装備箇所は不明。
対ビームシールド
プロトアストレイと同型のシールド。これも赤と白が逆転している。
タクティカルアームズ
バックパックにソードフォームの状態で2基マウントされている複合武装。ブルーフレームセカンドLの物と同じ武装で、色が赤と白を基調とした物になっている。本機はこの武装をブーメランのように投げても使用している。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムアストレイノワール
この機体の予備パーツを元に開発した。
ガンダムアストレイ レッドフレーム
この機体を意識して開発された。
ハイペリオンGR / ハイペリオンGL
本機との連携行動のために運用される機体。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

リンク[編集]