ガンダムアストレイ ブルーフレームセカンドL

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

MBF-P03secondL ガンダムアストレイ ブルーフレームセカンドL
(Gundam Astrey Blue Frame Second L)
[編集]

機動戦士ガンダムSEED ASTRAYおよび機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAYに登場するMS

本来は、叢雲劾がそれまでのミッションにおける稼働データを元に、まとめていた改装プランを施したブルーフレームを指す。

だが、実際に改装を施す前に、ソキウスとの戦闘により頭部及びバックパックを失ったため、劾がモルゲンレーテに発注していたパーツに、ロウ・ギュールレッドフレーム用に作製したパーツを加える形で完成した。

本来の改装プランでは、運動性の向上を図る方向でまとめられており、バックパックと同等の推力を持つ可変スラスターを装備した肩部、稼働時間延長のための追加バッテリー、運動性向上のための足首部の改修が、主な改修点だった。

これに追加する形で施されたのは、バックパックと兼用で、実体剣にも射撃武器にもなる複合兵装「タクティカル・アーム」とそれを遠隔操作するための通信機能を備えた頭部である。さらに、モルゲンレーテ社にあったストライクルージュ用のフェイズシフト装甲をバイタルパートにのみ施し、かつPS装甲の欠点であるバッテリー消費を押さえるため、ダメージを受けたときにのみ作動する、トランスフェイズ装甲と同じシステムを導入した。

頭部とバックパックは、ノーマルのものに換装可能で、劾の本来のプラン通りのブルーフレームを「セカンドG」、ロウのプランが導入されたものを「セカンドL」と呼ぶ。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED ASTRAY
叢雲劾が搭乗した。
機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY
機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY
叢雲劾が搭乗した。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

肩部スラスター
バックパックと同等の推力を持つ。方向を変えられるため、急な方向転換にも対応できる。
足首部
それまでのベタ足からつま先立ちに近い形に改修された。隠し武器としてダガーが装備されている。
トランスフェイズ装甲
バイタルパートの装甲の内側に施され、ダメージを受けたときだけ通電して効果を発揮する。

武装・必殺攻撃[編集]

タクティカル・アームズ
通常のバックパックの代わりに装備される。推進器としての役割の他、変形して実体剣にもバルカン砲にもなる。刀身の部分は、ラミネート装甲が施されている。また、バルカン砲としての機能は、ビーム弾と実体弾の双方を発射するように改修された。
対装甲ナイフ「アーマーシュナイダー」
ビームサーベルに対する備えとして、対ビームコーティングが施されている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムアストレイ ブルーフレームセカンドG
ガンダムアストレイ ブルーフレーム
ガンダムアストレイ ブルーフレームサード
ガンダムアストレイ ブルーフレームセカンドリバイ
ガンダムアストレイ ゴールドフレーム
ガンダムアストレイ レッドフレーム
ガンダムアストレイ グリーンフレーム
ガンダムアストレイ ミラージュフレーム

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]