ガンダムアストレイ ブルーフレームセカンドリバイ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダムアストレイ ブルーフレームセカンドリバイ
外国語表記 Gundam Astray Blue Frame Second Revise
登場作品 機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY
デザイナー 阿久津潤一
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型モビルスーツ
型式番号 MBF-P03R
全高 18.32m
本体重量 62.7t
主動力 バッテリー
装甲材質
原型機 ガンダムアストレイ ブルーフレームセカンドL
改修 ロウ・ギュール
所属 サーペントテール
主なパイロット 叢雲劾
テンプレートを表示

概要[編集]

サーペントテールで運用されているモビルスーツブルーフレームサードの運用データを、ブルーフレームセカンドLに組み込み再設計した機体である。

機体全体の設計が見直されており、頭部のフェイス部分にはシャッターが追加されている。本機の主武装であるタクティカルアームズは運用データを元に機能が追加されたタクティカルアームズIIになっており、戦術の幅がより広がっている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

トランスフェイズ装甲
コックピット周辺に採用された装甲。改修の結果、偶然トランスフェイズ装甲と同じ機能となった。
換装
装備を換装可能。

武装・必殺攻撃[編集]

75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」
頭部に左右一対2門内蔵されている機関砲。
対装甲コンバットナイフ「アーマーシュナイダー」
両大腿部に2本、両脚部の爪先と踵部分に計4本内蔵されている小型の実体剣。表面に対ビームコーティングが施されている。刀身の形状が曲線的になり、刃の伸縮機構がオミットされている。また、刃と柄の間に肉抜き穴が追加されている。
タクティカルアームズII
ブルーフレームの運用データを元にタクティカルアームズを強化した複合武装。通常時は背部にマウントされている。これまでの変形機構はそのままに新たな機能を追加している。
フライトフォーム
この武装の基本形態。背部に装着することで機体に飛行滑空能力を与える。翼は可変翼として機能し高い運動性を発揮できるが、制御には高い技量を要求する。この状態でもガトリング砲は使用可能で、背後に向かって発射可能。
ソードフォーム
機体の全高に匹敵する大型実体剣。表面にはラミネート装甲が使用されており、表面積が広いためシールド代わりにも使用可能。非常に高い破壊力を有し、装甲を切れずとも内部へのダメージやパイロットへの衝撃を与えることができる。ただし取り回しには難がある。剣先を開くことでガトリング砲を使用可能。
ソードアーム
タクティカルアームズIIの刃部分を分割して取り外し、両腕に装備する双剣。ブルーフレームサードの運用データから採用された形態。取り回しが改善されており、格闘戦能力が強化されている。また、ビームサーベルの発振も可能。
ガトリングフォーム
ガトリング砲を展開し、刃部分をバイポッドとして使用するガトリング砲台。この形態がもっともガトリング砲の命中精度が良い。刃部分はシールドとしても機能する。ガトリング砲は実弾とビーム砲が半々で構成されておりターゲットごとに選択可能な他、同時に混合弾として発射も可能。予備バッテリーと予備弾倉を用意することで長時間砲撃も可能で、その際は刃部分が放熱版として機能する。
ガトリングアーム
刃部分を外し中央部のみとした形態。命中精度は下がるが、即座にターゲットに向けての攻撃が可能となっている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムアストレイ ブルーフレームセカンドL
原型機。
ガンダムアストレイ ブルーフレームサード
運用データが本機に使用された。
ガンダムアストレイ ブルーフレームセカンドリバイ スケイルシステム
本機に水中戦用装備を装備した状態。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

リンク[編集]